シガテラ

シガテラ毒に見分け方はない?【釣れた魚にも注意】症状と対策について解説

シガテラという恐ろしい毒を知っていますか?もともとはごく小さなプランクトンから始まり、食物連鎖を経て、人間に吐き気や下痢、めまい、頭痛など様々な症状を引き起こします。今回はシガテラ毒の特徴、対処や予防についてご紹介します。

目次

アイキャッチ画像出典:PIXTA

シガテラとは?

シガテラの画像

出典:PIXTA

シガテラ(Ciguatera)は亜熱帯の海に棲息する、毒素に汚染された魚を摂取したことによって引き起こされる食中毒です。

日本では沖縄での発生がほとんどでしたが、近年本州でも発生が確認されています。

食物連鎖が原因

シガテラの魚の画像

出典:PIXTA

シガテラは特定の魚が、初めから保有している毒ではありません。食物連鎖が原因で引き起こされます。

シガテラ毒を作り出す、渦鞭毛藻(うずべんもうそう)が付着した海藻を小魚が食べ、さらに大きい魚が捕食、そして人間が……といった具合に発症します。

渦鞭毛藻(うずべんもうそう)とは

シガテラの毒の画像

出典:PIXTA

シガテラの原因となる植物プランクトンの一種。渦鞭毛藻自体は海洋・淡水どちらにもみられる。

シガテラ毒を作り出す種は、サンゴ礁海域の海藻に付着して増えていきます。小さい体から始まる食物連鎖の毒は、頂点に立つ人間の体までも侵していきます。

シガテラの中毒症状

シガテラによる頭痛の画像

出典:PIXTA

シガテラは摂取した人間に、様々な症状を引き起こします。

中毒症状は通常1~8時間ほどで発症することが多いようですが、2日以上かかってから発症した例もあるそうです。

症状は大きく分けて2種類あります。
■消化器系
嘔吐、下痢、腹痛が数日~数週間続く
■神経系
頭痛や筋肉に対する痛み、不整脈、血圧低下、徐脈、めまい、など。重症の場合、数か月続くこともある。

ドライアイスセンセーションが現れたら要注意

From PIXTA

出典:PIXTA

ドライアイスセンセーションとは感覚異常の一つで、いつもより水が極端に冷たく感じたり、本来温かいものが冷たく感じたりする症状です。

もし、魚を口にした後にこのように感じることがあれば、シガテラ中毒の疑いもあります。早めに医療機関で診察してもらいましょう。

現在シガテラ毒に治療法はない

注射器の画像

出典:PIXTA

死亡率こそ低いものの、重症の場合は回復するまでに数か月~1年以上かかることもあるシガテラ毒。

医療機関では薬剤投与などにより、症状を軽くすることはできます。

根本的な治療ができなくても、疑わしい場合は早めに診察を受けたほうがいいでしょう。

1 / 2ページ