カゲロウ100Fの画像

【入手困難】カゲロウ100Fをインプレ!デッドスロー&ただ巻きプラスαがめっちゃ釣れる

メガバス屈指の人気ソルトルアーである「カゲロウ」。発売開始から入手困難な状態が続くほどの人気っぷりです。そんなカゲロウシリーズの中でも、絶対的な信頼を置く100Fをインプレします!

目次

アイキャッチ画像提供:六畳一間の狼 SUU

超人気ルアー「カゲロウ」

カゲロウ100Fの画像

シーバスアングラーやサーフアングラーの中では、“超”が付くほどの人気ルアーとして知られるメガバスのカゲロウ。

釣り具店に並ぶやいなや売り切れてしまい、なかなか手に入りにくい状態が続いています。

いったいどうしてそんなに人気なのでしょうか?

とくに100Fが超釣れる

メガバス カゲロウ 100F

全長:100mm
自重:12g

めちゃくちゃ人気な理由は、純粋に釣れるから。

カゲロウには100F、124F、155F、MD125Fの4種類のラインナップがあります。

その中でも、個人的にとくに信頼しているのが100F。

これがめちゃくちゃ釣れるんです!

今回はそんなカゲロウ100Fについて詳しく解説します。

カゲロウ100Fとは?

潜行深度は40〜60cm

カゲロウ100Fの潜行深度は40〜60cm程度と、一般的なシャローミノーと同じくらいのレンジ設定です。

面白いのが、カゲロウ124Fと155Fは潜行深度0〜20cmなのに対して、100Fだけ少し深いレンジを泳ぐこと。

同じシリーズですが、100Fだけちょっと毛色の違うルアーなんです。

LBO2を搭載

カゲロウ100Fの画像

カゲロウシリーズはすべて、メガバス独自の重心移動システム「LBO2」を搭載しています。

ウェイトにベアリングを内蔵しているため、転がり抵抗が少なく、重心移動のスムーズさは抜群です。

キャスト時にウェイトが後方に移動する「カチン」という音が心地良く感じます。

アクションはローリング主体

カゲロウのアクションは、ローリング主体のウォブンロールアクション。

ヨタヨタとボディを倒すような動きは、人間から見てもナチュラルで食わせ能力が高そうですよね。

カゲロウ100Fの良いところ

よく飛ぶ

LBO2を搭載したカゲロウはどのモデルもよく飛びます。

その中でも100Fはほとんど姿勢を乱さずに飛び、その様はまるで弾丸のよう!

小さくてナチュラルな動きでありながら、しっかりと飛んでくれるのは岸釣りにはありがたいですよね。

食わせのローリングアクション

一般的にウォブリング系ルアーはアピール力が高く、ローリング系ルアーは食わせる力が高い(ナチュラル)と言われています。

カゲロウのアクションはローリング主体で、しかもヨタヨタと泳ぐのでまるで弱った魚のようなローリングです。

このヨタヨタとしたローリングアクションが、フィッシュイーターを狂わせていると感じています!

マルスズキだけにとどまらない

カゲロウはシーバス(マルスズキ)用のルアーですが、そのターゲットはマルスズキだけに止まりません。

ヒラスズキはもちろん、ヒラメもよく釣れます。

港湾や河川だけでなく、磯やサーフでもめちゃくちゃ活躍してくれますよ!

SUU的・カゲロウ100Fの使い方

ただ巻きプラスα

基本的にはただ巻くだけで十分ですが、ただ巻きにプラスαを加えるとより効果的です。

そのプラスαとは、リーリングのスピード変化。

一定のスピードで巻くのではなく、少しスピードに変化を付けて食わせのタイミングを演出するのが効果的です。

デッドスロー

カゲロウ100Fの画像

ぼくがもっとも多用するテクニックが、デッドスローリトリーブ。

カゲロウのアクションがロッドティップに伝わらない程度に、糸フケだけを巻き取るような感覚で巻きます。

するとカゲロウは20cm前後のレンジを細かくロールしながら泳ぎ、そこに流れの変化や波が加わることによって自発的にイレギュラーなアクションを演出。

その動きの変化が食わせのタイミングになるんです!

ドリフト

シーバスやヒラスズキに有効な使い方が、流れに乗せて流すドリフト。

流れにラインを引っ張らせて流すだけで、巻きでは釣れない魚が釣れてしまうんです!

ここでも、流れの変化で動きに強弱が出て、自発的に食わせのタイミングを作ってくれているはず。

見つけたら絶対に買うべき!

カゲロウ100Fの画像

カゲロウ100Fは使いやすさ、食わせる力など、どの部分を取っても100点満点の超優秀ルアー。

なかなか手に入らない状態が続くかもしれませんが、ときどき釣り具店に入荷しているようです。

もし見つけたら、迷わず購入することをおすすめします!

画像提供:六畳一間の狼 SUU

関連記事