バンディットアオモノをインプレ。ライトゲーム系船竿とは比べ物にならないパワーが魅力

2021/12/17 更新

バンディットアオモノはシマノから発売されている青物専用竿です。スパイラルXコアとUDグラスを組み合わせたトルクフルなブランクが特徴です。MH235を購入したので落とし込み釣りに使ってインプレします。

制作者

tsuki

関西出身の元釣具屋。堤防釣りから船釣り、淡水の釣りまで守備範囲は広め。現在も近畿圏を中心にさまざまなエリアへ積極的に釣行し、日々面白い釣りがないか模索中。釣具店に勤務していた頃の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます。

tsukiのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像提供:tsuki

本格仕様の青物竿!

バンディットアオモノの画像
バンディットアオモノは、シマノから発売されている青物用船竿です。

バンディットには落とし込みシリーズもありますが、アオモノシリーズはより強度が高くて強靭なブランクに設計されています。

本記事では、元釣具屋の筆者がバンディットアオモノの使用感をお届けします。

ラインナップ

品番全長(m)継数(本)自重(g)仕舞寸法(cm)オモリ負荷(号)調子定価(円)
MH2052.052350168.260-1507:3調子51,000
MH2352.352365198.260-1506:4調子52,000
H2152.152355178.280-2007:3調子52,000

MH235を購入

バンディットアオモノの画像
筆者が釣行するエリアでは60〜100号程度のオモリを使うことが多いため、オモリ負荷を考慮するとMH205とMH235の2本が候補に。

この2本は長さと調子が異なり、ゆとりを持ったやりとりがしたかったため、長くてしなやかなMH235をセレクトしました。

バンディットアオモノの特徴

バンディットアオモノの画像
バンディットアオモノシリーズ共通の特徴を紹介します。

ブランク

バンディットアオモノの画像
ブランクには、シマノが誇るスパイラルXコアを採用。

東レのナノアロイ®︎テクノロジーにより実現した高強度樹脂を採用したカーボンテープにより、従来のスパイラルX以上に高強度化されています。

メイン素材にはUDグラスが採用されており、グラス特有のしなやかでトルクフル、高強度なブランクです。

ガイド

バンディットアオモノの画像
ガイドはすべてステンレスフレームのSiCリング。

バット側の12〜14番ガイドはダブルラッピング仕様、トップガイド以外の1〜11番ガイドはすべてダブルフット仕様です。

リールシート

バンディットアオモノの画像
リールシートはシマノオリジナルのアルミリールシートが採用されています。

リールを載せる部分には樹脂製クッションが付いており、リールのガタ付きと傷つきを防止。

シート内部までカーボン素材が貫通しているので強度も高いです。

バンディットアオモノMH235をインプレ

バンディットアオモノの画像
ここからはバンディットアオモノMH235の使用感をお届けします。

和歌山県中紀エリアと福井県越前エリアでの落とし込みで使ってみました。

80号前後のオモリに最適

バンディットアオモノの画像
オモリ負荷は60〜150号と表記されていますが、実際にオモリを付けた感じでは80〜100号程度が使いやすかったです。

しなやかな竿のため、120号以上になると大きく曲がって扱いにくさを感じました。

ベイトの動きが判る

6:4調子のムーチング系ロッドなので感度を少し心配していましたが、落とし込みで使ってもまったく問題ないレベルでした。

釣行時は10cm前後のアジやウルメイワシがメインベイトでしたが、穂先がしなやかで大きく動いてくれるので目感度に優れ、弱り具合なども十分に判ります。

とはいえ、より小型で遊泳力も弱いカタクチイワシがベイトになると少し判りにくくなりそうで、そのような状況では繊細な穂先を備えた落とし込み専用竿が良さそうです。

喰いこみに優れる

バンディットアオモノの画像
6:4の柔軟な調子なので喰い込みは十分です。

落とし込み釣りでは、アタリを弾くことなく前アタリからしっかり喰いこみ、フッキングまで持ち込めました。

青物に負けないパワー

バンディットアオモノの画像
特大サイズの魚はまだ掛けていませんが、カンパチやメジロ、ハガツオなどを釣ってみた感じでは、ブリクラスが掛かったとしてもまだまだ余力がありそうな印象です。

今まではライトゲームロッドで青物を釣っていましたが、安心感がまったく違います。

近海での落とし込み・泳がせでは、ライトゲームロッドや汎用船竿を使っている人も多いと思いますが、使い比べると余力の差に驚かされるはずです。

重い

バンディットアオモノの画像
細身軽量を謳っているとはいえ、あくまでも“この手の竿の中では”という話。自重は365gあるため、筆者は重たく感じました。

青物用の竿の中では確かに軽量な部類ではありますが、ライトゲームロッドのように軽快な操作ができる類のロッドではありません。

とはいえ、泳がせ釣りや落とし込みでは繊細な操作はあまり必要ないため、大きな欠点にはならないと思います。

船で青物狙うならコレ!

バンディットアオモノの画像
お世辞にも軽いと言えるロッドではありませんでしたが、その分パワーがあって安心して青物を釣れるロッドでした。

泳がせや落とし込みはもちろん、天秤フカセ(コマセ釣り)での青物狙いにも良さそうです。

ガイドやリールシートは価格の割りに豪華仕様なので、青物竿を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね!
画像提供:tsuki
ITEM
シマノ バンディット アオモノ MH235
全長:2.35m
自重:365g
継数:2本
仕舞寸法:198.2cm
オモリ負荷:60-150号

関連記事


紹介されたアイテム

シマノ バンディット アオモノ MH23…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD