高校生はお金がない。だから“磯竿”でなんでも狙うし、実際のところ釣れている件

2021/11/30 更新

磯竿は本来、その名の通り磯釣りで使う竿。しかし、使い方次第でソルトはもちろん、淡水でも大活躍する万能な竿なのです。みなさんもぜひ、手にしてみてはいかがでしょうか?一家に一本、磯竿ですよ!


撮影・文:あらた

高校生はお金がない

TSURI HACKライター
TSURI HACK読者のみなさま、はじめまして。

現役高校生のあらたです。この度ご縁をいただき、TSURI HACKでライターとして活動することとなりました。

鯉釣り

自分自身まだ学生なので、移動手段や道具選びと……お金でカバーできない分、工夫して釣りを楽しんでいます。

TSURI HACKライター本編とは関係ありませんが、つい数年前、中学時代の僕の写真です(笑)

あらた
今回は、そんな自身の経験からおすすめしたい『磯竿の活用法』についてお話ししたいと思います。

磯竿とは?

磯竿
磯竿は長くて柔らかい竿で、主に磯や堤防からのウキフカセ釣りや団子釣りで使用します。

 
磯竿の特徴
  • 磯竿は大きく分けてメジナ用とクロダイ用の2種類
  • 磯の障害物をかわすために5m前後の長さを有する
  • 磯釣りの対象魚の警戒心が強く、なるべく細い糸を使う必要がある。なので、オモリ負荷1~4号程度の竿の柔らかさが一般的
 

あらた
このように、じつは他の竿にはない特徴ばかりです。

“芸達者で万能”な磯竿

メジナウキフカセで釣ったメジナ

上記のような特徴だけを見ると、磯釣りだけに特化したようにも見えますね。

あらた
しかし、その特徴を踏まえれば、活用次第で餌釣りだけでなく、ルアー釣りにも対応できる万能性を隠し持っています。


なまず
淡水でも活躍。写真は近所の川で釣ったナマズです。

その万能性の秘密はブランクスにあります。磯竿のブランクスは長くしなやかなので、軽い仕掛けを軽い力で遠くに投げることができます。

有名メーカーのエントリーモデルでも220g以下の重さしかないので、お子さんや女性にもおすすめです。

あらた
また、穂先がとても柔らかいため魚の当たりを目で見て感じ取ることができます。

磯竿のデメリット

①慣れるまでに時間がかかる

サーフ 他の竿よりも長くて柔らかいので初めて使った人からすると鈍く感じ、狙った位置にキャストするのが難しいです。

②竿を動かすようなアクションには不向き

磯竿
ブランクスが柔らかいため仕掛けにアクションが伝わりにくく、動きが鈍ってしまいます。

③他の竿と比べて破損しやすい

ティップ
とくに穂先が細く折れやすいので釣りをするときも、手入れの時も十分に気をつける必要があります。

④手に伝わる感度が良くない

磯竿 グリップ
全体的に柔らかく、竿のブレにアタリが紛れ込んでしまうため、手に伝わる振動(感度)がどうしても小さくなってしまいます。

それと引き換えに穂先がしなやかなため、「穂先の動きを目視してアタリを感知する」ことが可能です。

あらた
以上のデメリットさえ理解していれば、じつは様々な釣りに流用できる竿なのです。ここからは、僕自身が実際に磯竿で釣ったことのある魚を、その釣り方とともに紹介します。

磯竿で実際に楽しめた釣り 〜海水編〜

1.ウキフカセ釣り

ウキフカセ釣り
これぞ出番と言わんばかりの磯竿の得意分野です。

フカセ釣りは軽い仕掛けを流しつつ、撒きエサのなかに付エサを紛れ込ませ、メジナやクロダイを釣るための釣法。仕掛けを撒きエサと同調させるには高度なテクニックが必要です。

あらた
メジナやクロダイ以外にも、イサキやアジなど多くの種類の魚を釣ることができます。


ウキフカセ釣り 仕掛け
参考までに仕掛けの例です。フカセ釣りには大きく分けて「半誘導」「全誘導」「沈め釣り」の3つの釣り方があります。ここでは堤防釣りで最も使い勝手の良い、「半誘導」仕掛けを解説します。

ウキは固定しません。ウキ止めをつけ、それを移動させることで、狙いの水深に仕掛けをキープさせることができます。

あらた
アタリがウキの動きにでるため、目視で分かりやすく、仕掛けがどのレンジ(層)にあるか想像しやすい釣り方です。

2.カゴ釣り

カゴ釣り 仕掛け
本来のカゴ釣りとは、遠投磯竿で8号程度のオモリがついたカゴにコマセを入れ、遠投する釣り方。もし、柔らかい磯竿で行う場合は、経験上3号ウキに2号のカゴがおすすめです。

アジ 本家のカゴ釣りほど遠投することはできませんが、それでも十分に楽しむことができます。

あらた
カゴ釣りの対象魚の他にも、海底の窪みや根周りに効率よくポイントを作ることで、状況次第ではウキフカセよりも簡単にメジナやクロダイが釣れたりします。


カゴ釣り 仕掛け
本来は100m以上先でもアタリを見ることができる、大きな遠投ウキを使います。しかし、磯竿で行うライトなカゴ釣りは、20~30m先のアタリが捉えられれば十分。

そのため小型のサビキウキや、フカセ釣り用の棒ウキで十分代用できます。感度の良い小さなウキを用いることができるので、小さなアタリも感じ取ることができるでしょう。

カゴはハリのあるナイロンカゴがオススメです。

あらた
コマセ網と呼ばれる、普通の繊維で作られたカゴはハリがなく、道糸に絡んでしまうので避けた方が良いでしょう。

3.投げ釣り

投げ釣り ハゼ
本格的な投げ竿のように、20~30号の天秤を100m以上も飛ばすことはできません。しかし、長さと柔らかさを生かし、4号程度の軽いオモリを比較的遠くに投げることができます。

磯竿の場合、魚のアタリや海底の地形の変化は手で感じ取るよりも、穂先を目視する方が感じ取りやすいでしょう。

投げ釣り 仕掛け
天秤はハゼ天秤や浦安天秤など、小型のものを使用します。仕掛けは市販品の2本針のものが使いやすいです。

遠投することはできないので、針は小さめの物を選ぶと、サイズを問わずコンスタントに釣れてくれます。

4.ルアー釣り

シーバスミノー
撮影:TSURI HACK編集部
磯竿でルアー釣りを行う場合は、7g~20g程度のルアーがメイン。他の釣りと同様、飛距離はあまり期待できません。しかし、磯竿特有の柔らかさで、シーバスのエラ洗いによるバラしを格段に減らすことができます。

あらた
タダ巻き以外で使おうと思うと、ルアーにアクションが伝わりにくいので注意しましょう。


ルアー釣り
参考までに仕掛けの例です。竿の号数にもよりますが、目安として20g以下なら、ほとんどのルアーを使うことができます。ただし、激しいアクションが必要なものは避けた方が良いでしょう。

道糸をルアーに直結するか、スナップを介して結びます。

道糸がナイロンなので基本的にはリーダーは必要ありませんが、ヒラメやタチウオなど、歯の鋭い魚を狙う場合は5号程度のフロロカーボンリーダーをFGノットなどで結ぶと良いでしょう。

あらた
磯竿はガイドの径が小さいのでリーダーの長さは50cm〜1m程度が良いです。

5.ヤエン釣り

ヤエン釣り
撮影:釣り好き!まっちゃん
ヤエン釣りとは、生きたアジをエサにして、アオリイカをカンナが付いたヤエンと呼ばれる針に引っ掛けて釣る方法です。

専用の竿も販売されていますが、ほぼ磯竿の特徴に当てはまるので、基本的に磯竿でもストレスなく楽しむことができます。

ヤエン釣り 仕掛け
道糸の先端に結んだ針は、イカを掛けるものではなく、エサとなる生きたアジや小魚を背がけで掛けるためのものです。

イカがエサに夢中になっているうちに、道糸を伝ってヤエンをイカのところまで滑らせていき、合わせることでヤエンのカンナにイカが掛かります。

磯竿でできる釣り 〜淡水編〜

1.オランダ釣り

オランダ釣り
オランダ釣りはカゴに詰めた寄せエサ(さなぎ粉)の中に、白や赤のビーズがついた針を同調させ鮎やオイカワなどを釣る、いわば淡水のサビキ釣りです。

本来は延べ竿で行う釣りですが、磯竿で行うことで、広範囲を探ることが可能。効率的な良い釣果が望めます。

オランダ釣り 仕掛け
カゴは底の部分にオモリがついたタイプを使いますが、コマセの重さも考えて小さいものを選びましょう。延べ竿用の仕掛けが多く販売されているので、サルカンより下を切って使うのがおすすめです。

あらた
また、オランダ釣り専用のサビキでなくても、ティンセルがついたトリックサビキなども流用することができます。

2.ぶっこみ釣り

すっぽん
ぶっこみ釣りは、中通しオモリと針だけを使うシンプルな釣りです。淡水だけでなく海でも同じ仕掛けを使うことができます。

川や湖でウナギ、ナマズ、コイ、フナ、ときにはアカミミガメやスッポンも(笑)

あらた
海では根魚、アナゴ、エイなどの多くの魚を釣ることができます。磯竿で行う場合は4号のオモリが最適です。


ぶっこみ釣り 仕掛け
参考までに仕掛けの例です。オモリ、クッションゴムが針のところまで下がらないよう、必ず道糸とハリスの接続にサルカンを介します。

穂先に伝わる感度をなるべく上げるため、オモリは糸を通す穴がなるべく大きいものを選びます。天秤を使わないため、ハリスの長さは50cm〜1m程度が良いでしょう。

3.パンコイ

パンコイ
名前の通り、パンでコイを釣るための仕掛け。磯竿が柔らかい分、細い糸を使うことができるので、スレたコイもイチコロです。

パンコイ 仕掛け
道糸にサルカンを介してフロロカーボンを結びます。コイがスレてしまっている場合は、サルカンを使わないで直結を試してみましょう。

あらた
針はのされないように、経線の太いものを選びます。カエシは削るか潰しておくと魚へのダメージも少なく、リリースがスムーズに行えます。

磯竿を扱うときの注意点

磯竿 糸よれ
磯竿の穂先は、少しぶつけただけで折れてしまうことがあるので、要注意です。

ガイドにラインが絡んだままリールを巻いたり、仕掛けを巻き込んでしまうと一発で折れてしまいます。

リールを巻いたときに、普段より抵抗を感じたら、すぐにガイドに道糸が絡んでいないかを確認しましょう。

そして、どんな竿にも言えることですが、竿に対して重すぎるオモリを使うと竿が折れてしまいます。とくに磯竿は、オモリ負荷が小さく柔らかいので、注意してください。

あらた
使うオモリは1.5号の竿で基本的に1〜4号。最高でも6号に留めておくのが無難かと思います。参考までに。

まとめ

海釣り
磯竿が一本あれば、今回紹介した釣り方だけでなく、他にもさまざまな釣りを楽しむことができます。

他の竿にはない特徴や注意点がありますが、オモリの号数を軽くするなど自分なりに工夫をすることで、さまざまな釣り方に対応してくれる“懐の深さ”が魅力です。

あらた
初心者の方には最初の一本として、経験者の方もいざというときのサブロッドとして、磯竿を手にしてみてはいかがでしょうか?


 
撮影・文:あらた
ITEM
ダイワ リバティクラブ 磯風 3号45・K
全長(m):4.46
継数(本):5
仕舞(cm):101
標準自重(g):195
オモリ負荷(号):5-10
適合ハリスナイロン(号):3-7

関連記事



 

紹介されたアイテム

ダイワ リバティクラブ 磯風 3号45・…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

現役高校生。フカセ釣りを中心にエサ釣り全般を楽しんでいます。メインフィールドは近所の河川、湘南、東伊豆など。懐事情が厳しい学生の視点から、節約しながら釣りを楽しむ工夫をお伝えします。