【ロングセラー】ブリーデンのエギマルをインプレ!陸でも船でもよく釣れるんだわ

2021/10/05 更新

ロングセラーのエギとして知られるブリーデンのエギマル。多彩なラインナップとモデル毎によって異なる細かな仕様が特徴。そんな数あるエギマルの中から、2.5号シャローをエギングとイカメタルで使ってインプレします!


アイキャッチ画像提供:tsuki

ブリーデンのロングセラーエギ

エギマルの画像
エギマルは2002年からブリーデンより発売されているロングセラーのエギです。

長年のイカ漁で培ったノウハウが詰め込まれた設計で、国内生産されていることも特徴。

本記事では、元釣具屋の筆者がエギマル2.5号シャローのインプレをお届けします。

エギマルシリーズのラインナップ

号数モデル重量価格
2.5号shallow9g1,210円
2.5号kaiyo-D44g1,210円
3.0号freefall12g1,210円
3.0号deep14g1,265円
3.5号shallow15g1,320円
3.5号softfall16g1,320円
3.5号freefall18g1,320円
3.5号deep20g1,375円
3.5号superdeep23g1,375円
3.5号ultradeep30g1,430円
3.5号kaiyo-D46g1,430円
4.0号shallow20g1,430円
4.0号freefall22g1,430円
4.0号deep25g1,485円
4.0号superdeep28g1,485円
4.5号shallow27g1,540円
4.5号monster30g1,595円
5.0号monster38g1,870円
エギマルはラインナップが細分化されており、モデル毎に細かな仕様が異なります。

本記事では、2.5号シャローにスポットを当てて紹介していきます。

エギマル2.5号シャローの特徴

エギマルの画像
まずはエギマル2.5号シャローの特徴を紹介します。

ボディ素材や沈下速度は、数あるエギの中でもかなり珍しい仕様です。

硬質発泡ソリッドボディ

エギマルの画像
一般的なプラスチックボディのエギとは異なり、ボディに硬質発泡ソリッドが採用されています。

プラスチック製エギのような空気層による浮力ではなく、素材自体が浮力を持っているのでボディバランスに優れます。

一連の動きがナチュラルで、フォール中にもふらつきません。

カーボンカンナシャフト

エギマルの画像
フックの軸には軽量なカーボン素材が採用されています。

軽い分だけウェイトの偏りが少なく、イカが少し触れただけでも反発として表れるのが特徴です。

硬質発泡ソリッドボディが持つ浮力との相乗効果で感度が高められています。

絶妙な沈下速度

エギマルの画像
沈下速度はメーカーから公式に発表されていませんが、実際に釣り場で計ってみたところ、1mあたり6〜7秒程度で沈んでいきました。

他メーカーの2.5号エギにはシャロータイプがあまりなく、沈下速度は5秒/m程度のものが多いため、比較すると絶妙なフォールスピードに設定されています。

エギマルをインプレ

エギマルの画像
ここからはエギマル2.5号シャローの使用感をインプレします。

ショアからのエギングに加え、イカメタルでも使い込みました!

アクション

軽いエギなので、キレのあるダートというよりはもっさり動く印象です。

やや尻上がり気味の姿勢でゆっくりフォールするのも特徴。

軽くて浮きやすいため、激しい連続ジャークでは思っている以上にエギが浮き上がるので注意してください。

浅場&藻場で使いやすい


沈下速度が遅いため、水深1m程度の超シャローエリアでも臆せず攻められます。

普通のエギでは、すぐボトムに着いてイカが抱ききらないといった状況にも最適。

藻の上を通したい時にもおすすめです!

スレたイカに◎

エギマルの画像
スローフォールでじっくりアピールできるため、低活性なスレたイカに効果的です。

足元までついて来たけど抱ききらなかったイカに対するフォローにも有効。

サーチ能力は低いものの、喰わせの力はかなり高いです。

飛ばない

エギマルの画像
自重が軽いので想定はしていましたが、飛びません。

とくに風が強い日は、軽くて流されやすいのも相まって使いものになりません。

長所・短所がはっきりしているエギなので、使い所も明確です。

オモリグと好相性

エギマルの画像
じつは、筆者はショアのエギングよりもイカメタルをメインに使用しています。

絶妙なスローフォールと沈下姿勢はオモリグとの相性が抜群!

エギマルでしか釣れない状況も多々ありました。オモリグだけではなく、オバマリグのドロッパーとしても十分使えますよ。

陸でも船でも強い!

エギマルの画像
普段はイカメタルメインで愛用していたエギマルをエギングにも使ってみたところ、やはりその強さは健在でした。

軽いのでエギングではシチュエーションを選びますが、絶妙なフォールスピードはこのエギにしかない強みです。

気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいね!
画像提供:tsuki
ITEM
ブリーデン エギマル 2.5号 シャロー
自重:9g

筆者の紹介

tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪

釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

関連記事


1
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関西出身の元釣具屋。釣具店に勤務していた頃の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます。堤防の釣りから船釣り、淡水の釣りまで守備範囲は広め。現在も近畿圏を中心にさまざまなエリアへ積極的に釣行し、日々面白い釣りがないか探しています。

twitter instagram