ゾンクシンペン77はタフった時に強し!スローに引ける喰わせのシンペンがメガバスから登場!

2022/03/11 更新

ゾンクシンペン 77はメガバスからリリースされるシーバス用のシンキングペンシル。スローリトリーブでもしっかり動くスラロームアクションと、オートマチックに出るフラつきでタフなシーバスゲームの攻略に活躍する新たなゾンクシリーズを徹底解説していきます。

制作者

新製品ニュース

釣具メーカーの新製品情報をいち早くお届けします!

新製品ニュースのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:Megabass

タフなシーバスを攻略できる喰わせ系のシンペンが登場

ゾンクシンペン77
出典:Megabass
シーバスゲームの定番ミノーであるメガバスの”ゾンク”に、シンペンとして使える新モデル「ゾンクシンペン77」が登場。

タフなシーバスを攻略するハイレベルな実釣性能が詰まった、喰わせ系のニュールアーを詳しくご紹介します!

ゾンクシンペン 77はスローに引けてレンジキープも簡単

ゾンクシンペン77のボディ
出典:Megabass
ゾンクシンペン77は、様々なタイプがあるシンペンの中でもタフな状況に強い性能に特化されています。

スローリトリーブでもしっかり動き、独特のスラロームアクションとフラつきで喰わせの間をオートマチックに演出。

さらに下顎に設置された突起状のスタビライザーによって、シンペンでは難しめなレンジコントロールが容易になっています。

圧倒的な釣果を生み出すスラロームアクション

ゾンクシンペン 77のアクションは、弱ったベイトフィッシュさながらのスラロームスイム。

一般的なシンペンよりスローに巻いてもアクションし、群れからはぐれた小魚をナチュラルに演出してタフな状況にも強いシンペンに仕上がっています。

デイゲームはもちろん、ナイトゲームでも大きな武器になるでしょう。

レンジキープを簡単にするスタビライザー機構

ゾンクシンペン77 スタビライザー
出典:Megabass
ゾンクシンペン 77のヘッド下顎部分には、突起状のスタビライザーが搭載されています。

この部分が水を適度に受けて浮き上がりを抑制し、シンペンながらレンジキープが簡単になっているのです。

さらに適度な引き抵抗によって、潮流の変化も捉え魚に喰わせるタイミングを掴みやすくなっています。

喰わせのタイミングをオートマチックに作るフラつきアクション

ゾンクシンペンは、スラロームスイムの最中に僅かな水流の変化等で自動的にフラつくようなアクションを発生させます。

魚に喰わせるタイミングをオートマチックに作り、魚が付きやすい潮流が変化するスポットで威力を発揮してくれるでしょう。

ゾンクシンペン 77の使い方

ゾンクシンペン 77はスローリトリーブでの使用が基本です。

ボディサイズが小さく、アピール力がやや弱めであることから河口や運河などのポイントで重宝するでしょう。

スローリトリーブ

キャスト後ゆっくりと巻くことで表層よりやや下のレンジをヨタヨタと泳ぐ、弱った小魚の動きをリアルに演出することができます。

プレッシャーのかかったシーバスはもちろん、ミノーやバイブレーションに反応しない時に使うのが効果的。

レンジを下げたい時には、着水後にカウントを入れて使ってみましょう。

ゾンクシンペン 77のスペック・ラインナップ

ゾンクシンペン 77は全長77mm、自重14.5gの1サイズ。

シーバスが捕食するボラ・サヨリ・イワシ・イナッコを模したリアルカラーから、チャートやキャンディ系などのアピールカラーを含む全13色が用意されています。
品番全長(mm)自重(g)カラーフックタイプ本体価格(円)
ゾンクシンペン 777714.5全13色トレブルフック #6シンキングペンシル1,800

メガバス ゾンクシンペン 77

全長:77mm
自重:14.5g

ゾンクシンペン 77で難しいコンディションのシーバスを攻略しよう!

ゾンクシンペン77
出典:Megabass
ゾンクシンペン 77はタフなシーバスを攻略する特徴が詰まった、喰わせに強いシンキングペンシルです。

ミノーやバイブレーションでは反応しない魚や、他の人が叩いたあとの場所でもスラロームスイムとフラつきアクションがその威力を発揮してくれるでしょう!

関連記事


紹介されたアイテム

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD