“青イソメ”と“サンマの切り身”ではドッチが釣れる?|夜釣りで検証したら意外な結果に!

2021/09/21 更新

今回は餌釣りで人気の「青イソメ」と「サンマの切り身」。同時に海に落としたらどちらが魚を釣ることが出来るのか検証!動きでアピールする「青イソメ」と、圧倒的な臭いで魚を集める「サンマの切り身」。果たして勝つのはどっち?


記事内画像撮影:アナハゼティ

最強の釣り餌を求めて

こんにちは。アナハゼティです。

みなさんは「最強の釣り餌」と聞いて何を想像しますか?

環境や魚種によってそれぞれ優秀な餌はありますが、海釣りで一番メジャーな餌といえば「青イソメ」ではないでしょうか。

安価で手に入りやすく、海中で動いてアピールしてくれるまさに万能餌です。

一方で、青イソメにも負けず劣らずの人気餌があります。

それが「魚の切り身」です。

圧倒的な臭いで魚を集め、ボリュームのある身で一度食べたら離さない。

そんな2つの餌を、同時に海に入れたらどちらの餌が釣れるのか気になりませんか?

夜釣りにて検証してみました!

ルール


今回釣行を行うのは、ロックフィッシュが多く住むリアス式海岸の宮城県気仙沼市。

時期は7月の夏場。日没〜深夜にかけて釣りを行います。

今回使用する餌はどちらも近所のホームセンターに売っているものを使用。

切り身の種類は「サンマ」をチョイスしました。

仕掛けは、両天秤型のものにそれぞれ別の餌を付けます。

これにより腕やポイントによって差が生まれる事なく、魚が好きな餌を選べるようになっています。

この仕掛けを使って先に5匹の魚を釣った餌が勝ち。

値段や餌持ちなどの要素は一旦考慮せず、単純な釣果だけで検証を行います。




検証開始

まずは、じっくりと腰を据えて魚を待つことにしましょう。

……なんて言っているとすぐにアタリが!

ドンコが釣れた!そして餌は「サンマ」だー!

開始1投目でまさかのヒット!これは幸先が良いぞ。

しかしまだまだ序盤!結果はまだわかりません。

その後少し時間を置いて、再びヒット!

さあ、どっちにかかっているんだー?

おおっ!再び「サンマ」に今度はアナゴがヒットだ!

まさか大エース「青イソメ」から2点先取するとは思っていませんでした。「サンマ」強いですね!

しかし3連続はまだありえる話!

このリードがどこまで持つのか見物ですね!

・・・・・・

・・・・・

・・・・

・・・

・・



そしてまたまたドンコ!餌は「サンマ」だー!

あれ?

サンマ強くね?

場所を変えて2日目

日を改めて、今度は場所を変えてやってみましょう!

環境を変えれば食いに違いが出るかもしれません。

早速ヒット!

おおっ!これはドンコとは違う引きだぞ!はたしてどっちだ!

って「サンマ」なのかよっ!!

クロソイが釣れてくれました。新しい魚が釣れましたがやっぱり「サンマ」ですね。

これってもしかすると……

あっ!

当たった!

おいおい!

まさか!

・・・・・

・・・・

・・・

・・



サンマがストレートで勝っちゃったああ!!

最後はオウゴンムラソイが「サンマ」を一飲です!

こんなことってあるのか?

と驚きながらも今回の検証は終了。

結果発表

正直、こんなワンサイドゲームになるとは思ってもみませんでした。

サンマ恐るべし!

結果について考察

“夜釣り”という環境がサンマに対して有利に働いたのかもしれません。

視界が悪いので、臭いで餌を探す魚も多いでしょうし。フィッシュイーター(魚を食べる魚)も活動し始める時間帯でしょう。

今度は、昼間に検証すればイソメが有利になるかもしれませんね!

注意(※個人の感想です)

今回の検証結果は、扱う釣り人やフィールドの状況によっても変わる可能性があります。

みんなも試してみてね!

我々が先入観で使っている餌も、いざ検証してみると面白い結果になるかもしれません。

皆さんも2つの餌を使っての釣り対決、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

それではまた!

▼今回使用した両天秤仕掛け 
ITEM
がまかつ(Gamakatsu) ナノ船カレイ仕掛 両天秤

アナハゼティ関連記事


この記事の動画版の配信しています!

1
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

宮城県を拠点に活動している秘密結社YouTuberです。 釣りやガサガサ、昆虫採集などのアウトドアを中心に投稿しています。

twitter instagram youtube