ダイワ21ブレイゾンをインプレ!「安い・軽い・投げやすい」1万円台でバスロッドに必要なものが全て揃っていました。


ダイワ ’21ブレイゾン

’21ブレイゾンとは

ダイワ ‘21ブレイゾン インプレ
ブレイゾンはダイワ製バスロッドにおいて、エントリーレンジを担うシリーズ。

上位モデルのリベリオンシリーズ譲りの装備(エアセンサーシート、ブレーディングXなど)を惜しみなく搭載しつつ、1万円代というリーズナブルプライスで販売されています。

エントリーモデルなのに番手ラインナップも充実しているので、おかっぱり・ボート問わず自分に合ったモデルを選ぶことができます。

ikahime
実際にどんなロッドなのか、房総リザーバーのレンタルボートフィッシングで使ってみました。そのレビューをお伝えします。

前作’18ブレイゾンはどんなモデルだった?

ダイワ ‘18ブレイゾン
先代(上写真)の発売から、約3年の期間を置いて’21ブレイゾンが登場。前身モデルにあたる、’18ブレイゾンは赤のスレッドが目を引く外観でした。

赤と黒を基調としたデザインはカッコいいのですが、同時に合わせるリールを選ぶデザインでもありましたね。


ikahime
一方で’21ブレイゾンはブラック&シルバーのシンプルなデザイン。個性は薄れましたが、より合わせやすいイメージです。

’21ブレイゾンはこんな人におすすめ

ダイワ ‘21ブレイゾン 結論
よく言われていることですが、最近のエントリーモデルはデザインや質感の向上が凄まじく、この’21ブレイゾンも当てはまります。

結論から言って、21ブレイゾンはこんな人におすすめです。
  1. コスパに優れたロッドが欲しい
  2. シンプルで長く使えるデザインのロッドが欲しい
  3. バス釣り初心者だけど質の良いロッドが欲しい
そんな要求に応えてくれます。さらにデザインだけでなく、釣りをしたときの曲がり方やキャストフィールなどの「使い心地」も素晴らしいロッドですね。

ikahime
正直、目隠しをしたら上位モデルと判別がつきにくいと思います。





ダイワ ’21ブレイゾンの外観

ダイワ ‘21ブレイゾン ディティール
’18ブレイゾンの特徴であった「赤」は身を潜め、ブラック×シルバーのシンプルなデザインに。どんなリールにも合わせやすいカラーリングです。

ダイワ ‘21ブレイゾン ロゴマーク
立体感のあるロゴは、兄貴分のブラックレーベルシリーズにも通じる雰囲気。
ダイワ ‘21ブレイゾン エアセンサーシート
リールシートは汎用部品ではなくダイワオリジナルのエアセンサーシートを搭載。カーボンファイバーを混ぜ込んだ素材を使用したリールシートです。

クセがなくて握りやすい。専用設計だからデザインの統一感も生まれます。

ダイワ ‘21ブレイゾン カーボンモノコックグリップ
また、’97年に発売されたTD-Xから受け継いだという、カーボンモノコックリアグリップの感触も気になるところ。

スピニングモデル

ダイワ ‘21ブレイゾン S64L-2
S64L-2のグリップ。エアセンサーシートは段差が少なく握りやすい。フォアグリップにしっかり長めのコルクグリップが配してあり、キャスト時の安定性が高いですね。

ダイワ ‘21ブレイゾン S64L-2 アルコナイトリング
ガイドはアルコナイトリングを採用。SiCガイドリングと比べ、数値上では硬度が低いとされていますが、実釣においては十分な強度。私自身ネガティブなイメージは持っていません。

ダイワ ‘21ブレイゾン S64L-2 ベンドカーブ
テーパーはクセのないファストテーパー。写真はバスをかけたときの曲がり方です。

ダイワ ’19セルテートLT3000-C XH
スピニングはダイワ ’19セルテートLT3000-C XHをセット。アルミモノコックボディを採用したスピニングリールです。

ブレイゾンS64L-2の使用感をさらに引き上げてくれるハズ。ラインはフロロカーボン4lb。

ITEM
ダイワ セルテート LT3000-CXH
自重:210g
ギヤ比:6.2
ベアリング数(本体):10
ベアリング数(ローラー部):1
ドラグ力:最大 10kg
糸巻量1:ナイロン 8lb-150m糸巻量2:PE 1号-200m
巻上長(ハンドル1回転あたりの長さ):93cm/ハンドル1回転
スプール寸法:φ48mm

ベイトモデル

ダイワ ‘21ブレイゾン C610M-2
続いて、ベイトモデル。番手にもよると思いますが、グリップは太すぎず、細すぎずクセのない仕上がり。2フィンガーでも3フィンガーでもしっくりきます。

ダイワ ‘21ブレイゾン C610M-2 ガイドセッティング
ガイドはコストパフォーマンスに優れたアルコナイトリングを採用。

ダイワ ‘21ブレイゾン C610M-2 ベンドカーブ
曲がり方はこんな感じ。あまり大きなバスではないので曲げきれていませんが、参考までに。

公式HPには、RF(レギュラーファスト)と記載がありました。

ダイワ ’20TATULA SV TW
ベイトリールはダイワ ’20TATULA SV TWをセット。32mmとやや小型で回転レスポンスの良いスプールがC610M-2の性格に好相性。ラインはフロロカーボン14lbです。

ITEM
ダイワ 20 タトゥーラ SV TW
自重(g):190
最大ドラグ力(kg):5
標準巻糸量ナイロン(lb−m):16−40〜80、14−45〜90
ボールベアリング/ローラー数:7/1
スプール径(mm):32

実釣インプレ

ダイワ ‘21ブレイゾン S64L-2&C610M-2
S64L-2&C610M-2の2本を千葉県、戸面原ダムのボートフィッシングで使用してきました。

S64L-2

S64L-2使用ルアー 小型ミノー、I字系プラグ、ダウンショット、ネコリグ
S64L-2で使用したルアーは、小型ミノー、I字系プラグ、ダウンショット、ネコリグなど。適度にモチっとしたブランクスでハードベイトを快適に扱うことができます。

S64L-2 ダウンショット
一方で、感度も犠牲になっておらずバイトチャンスを逃しません。こちらはダウンショットリグで釣れた1匹。「ココッ!」という小気味好いアタリを楽しむことができました。

ikahime
感度の良さは、カーボンモノコックグリップも影響しているのでは……!?


S64L-2 ダウンショット
ファイト時の追従性が高く、バラしにくいですね。粘り強く追従し続けてくれるので、気がついたらバスの体力が減って取り込みやすい状態にしてくれます。

C610M-2

ベイト ‘21ブレイゾン C610M-2
続いてC610M-2。バズベイト、チャターベイト、スピナーベイトなどの巻物から、テキサスや直リグなどの撃ちモノまでいろいろ使ってみました。

ベイト ‘21ブレイゾン C610M-2 チャターベイト
チャターベイトなど比較的巻き抵抗の少ない巻き物との相性は抜群です。さすがに引き抵抗の強いクランクベイトは少しハリが強すぎて△でしたが、これは専用ロッドの心地よさを知っているからかもしれません。

ベイト ‘21ブレイゾン C610M-2 フッキング
フッキングもしっかり決まります。Mクラスのロッドですが、この日カバー撃ちでフッキングをミスることはありませんでした。

ベイト ‘21ブレイゾン C610M-2 レングス
6ft10inのレングスは、ボートでは少し長いと感じることもありますが、撃ちモノでカバー奥からバスをランディングするのには助かります。

また、“オカッパリでの一本”としては最適な長さでもあります。

ベイト ‘21ブレイゾン C610M-2 上限ウェイト
ちなみに、公式の適合ウェイトは5g-21g。試しにチビタレル(43.5g)を投げてみました。

さすがに操作性は劣りますが、バッチリ快適とまではいかないものの、「無理して投げている」という感覚ではありません。

実用上の上限ウェイトは表記よりだいぶ上に感じます。(※あくまで自己責任でお願いします)




’21ブレイゾンのここが凄い

汎用性の高さ

‘21ブレイゾン 汎用性の高さ
この日はブレイゾン2本でほぼ1日釣りをしたのですが、おおよそやりたい釣りがほぼ全て成り立ってしまいました。

普段私は専用性を高めたタックルを6〜8本ほど持ち込んでいるのですが、いろいろ考えさせられましたね。

ikahime
当初は「自分の手持ちのタックルと合わせて、要所に合わせて登板させよう」と考えていたのですが、図らずしてほぼブレイゾンのみで済んでしまいました。

  1. ベイト、スピニング2本のオカッパリアングラー
  2. 持っていくロッドの本数を減らしたいボートアングラー
上記の条件にあてはまるアングラーにとっては、ぴったりな番手でしょう。

秘密はモチっとした曲がり

‘21ブレイゾン モチっとした曲がり
この汎用性の高さはどこからきているのだろう?と考えたときに、適度にモチっとしたブランクスの特性にあるのではないか。と考えます。

ハードベイトを扱う時は、硬すぎないため、巻き抵抗の強いルアーも楽に巻くことができます。

ikahime
S64L-2、カーボン含有率が88%と、やや低めなのもこのフィーリングにつながっていると思います。


‘21ブレイゾン 撃ちモノ
一方で、モチっとしたロッドにありがちなダルさは最小限。撃ちモノも無難にこなします。 こんなハードなカバーの一番奥からバスを釣ることもできました。

相反する性能の両立が、最近のモデルらしく進化を重ねていました。

ikahime
誤解して欲しく無いのは、“必要以上に柔らかいロッドではない”ということ。どちらかと言えばシャキッとした感覚がベースで、その中に適度なモッチリ感があるテイストです。

振り抜けのよいキャストフィール

‘21ブレイゾン キャストフィールの良さ
カーボンモノコックグリップは感度はもちろんのことですが、エンド部分が軽く仕上がっているので、振り抜きの気持ち良さにも繋がっていました。

前後の重量バランスも良い仕上がりです。闇雲にエンド部分が軽くなるとかえってバランスが悪くなりますが、そこはしっかりと前後バランスが最適化されています。

‘21ブレイゾン オーバーハングへのキャスト
さらに、硬すぎないのでルアーウェイトをロッドに乗せやすいですね。写真のようなオーバーハング下にキャストがビシバシ決まります。

硬すぎず、キャストが決まるロッドが欲しい。そんなアングラーにもぴったりです。

’21ブレイゾンの気になるところ

フックキーパーが欲しい

‘21ブレイゾン 弱点:フックキーパーがない
フックキーパーが無いのも少し気になりました。とはいえ、他メーカーも純正フックキーパーの採用は分かれているため、考え方によるのでしょう。

専門性の高い番手が欲しい

‘21ブレイゾン 弱点:番手が欲しい“汎用性は劣るものの、あると嬉しい”そんな番手が欲しいところ。例えばミドスト用や、ボート釣行を主眼とした6ft5in以下のベイトロッドなどです。

専門性の高いロッドは出番が少ないので、ブレイゾンの価格帯で出てくれると助かるアングラーって多いんじゃないでしょうか?

ikahime
ラインナップの拡充は、モデルライフの中で充実してくることも多いので期待したいですね。

マニアックな番手は上位機種にお任せ

エントリーモデルとはいえ、侮れない実釣力を持っているということを、再確認した釣行でした。

しかし、尖った性能や専門性の高いロッドが欲しいという人には、少々物足りなさを感じるかもしれません。その場合、多少予算を増やしてでも上位機種を選ぶのがいいでしょう(ダイワバスロッドでいえば、リベリオンなど)。

ikahime
バスロッドとしての基本性能が高く、上級者にも十分おすすめできます。ハイエンドと比較しても釣果や品質における極端な差はほぼ無いようにも感じました。

まとめ:実釣主義の’21ブレイゾンに不足なし

ダイワ ‘21ブレイゾン レビューまとめ
以上、ダイワ ’21ブレイゾンについてお届けしました。では、さいごに。このロッドはどんなアングラーに向いているのか……
  1. コスパに優れたロッドが欲しい
  2. シンプルで長く使えるデザインのロッドが欲しい
  3. ロッドの本数を減らしたい
  4. キャストが決まるロッドが欲しい
バス釣り初心者はもちろんのこと、私を含めた?「うるさがた」な釣具好きもぜひ手に取ってみてほしい、というのも付け加えておきます。

ikahime
最近のエントリーモデルの仕上がりに驚きたい中級アングラーにもおすすめですよ。


ITEM
ダイワ(Daiwa) ブレイゾン C610M-2
商品名:ブレイゾン C610M-2
全長(m):2.08
継数(本):2
仕舞寸法(cm):107
自重(g):110
先径/元径(mm):2.0/10.7
ルアー重量(g)・(oz.):5-21・3/16-3/4
ライン(lb.)/PE(#):8-16/-
カーボン含有率(%):88


ITEM
ダイワ ブレイゾン S64L-2
全長(m): 1.93
標準自重(g): 92
継数(本) :2
適合ルア−(g): 0.9〜7
ナイロン適合ライン: 2.5〜6lb


 
撮影・文:ikahime
Sponsored by グローブライド株式会社

ライタープロフィール

ikahime
「バス釣り情報発信サイトikahime(イカヒメ)」を運営するikahimeです。ザ・アマチュアアングラー目線で、釣行記や製品レビュー等を書いています。リールカスタム、レンタルボートが大好き。バスはあまり釣れない、いわゆる「道具バサー」。

 

ライター記事一覧はこちら

関連記事


1
ikahime

バス釣りブロガー。小学生のころにミラクルジムの釣りに影響を受け、バス釣りをはじめた世代。関東一円のリザーバーでレンタルボートをメインとした釣りを楽しんでいます。バス釣り情報発信サイト『ikahime』(イカヒメ)を運営中。