小さいルアーはセコい!の呪縛【令和ハイプレッシャー時代の戦略】

2021/06/08 更新

小さいルアーはセコいのか!?時代は令和ハイプレッシャー時代。”セコい”という呪縛から抜けだし、広い視野を持つようになれば、バスフィッシングはさらに楽しくなるハズです。

アイキャッチ&本文画像提供:ビックリマン高田

小さいルアー=セコいの呪縛


でっかいルアーを投げてビッグバスを釣り上げる……そんな映像がSNSに溢れかえっている今日このごろ。

ビッグベイトブームが物語るかのようにルアーの巨大化が日々進んでいます。

そんな令和の時代において、小さいルアーを使うことはセコいと感じてしまう方もいるのではないでしょうか。

高田
“セコ釣り”という響きが恥ずかしくて、なんとなく使いづらいと思ってしまったり。

小さい=セコいの呪縛に囚われているアングラーも少なくないのではないでしょうか?

小さいルアー=小さいバス?


大きいルアーだと大きいバスしか釣れない。これはある意味正解で、イレギュラーがないかぎり小バスは大きなルアーに食ってくることは稀です。

では、“小さいルアー=小さいバスしか釣れない”のでしょうか?


答えはNO。僕は小さいルアーにしか反応しない大きなバスに何度も出会っています

バスのストック数も安定期に入り、どのフィールドもハイプレッシャー化した令和時代。

そんな中で、魚に出会うためには小さいルアー=セコい!という価値観の呪縛から抜け出すことをおすすめします。

ルアーサイズの重要性

マッチザベイト

バスが吐き出したゴリの稚魚。このサイズを捕食しているバスに対しては、小さなルアーがマッチザベイトになる
バスフィッシングにおけるルアー選択の基本は、ルアーをバスが捕食しているベイトのサイズに合わせること。それをルアーフィッシングではマッチザベイトと昔から呼んでおり、みなさんも一度は聞いたことがあると思います。

ビッグルアーのイメージの強い琵琶湖でガイドをしている筆者ですが、琵琶湖においても小型ルアーがマッチザベイトになる場面に何度も遭遇しています。

例えばエビや小型ワカサギ、ゴリなどを捕食するバスには小さなルアーが有効で、同じ場所に大きなルアーを投げても食わない……なんてことも珍しくありません。

時期によってルアーサイズを極端に選ぶことがある


バスのコンディションにも目を向ける必要があり、時期によってはボリュームのあるルアーを極端に嫌うことがあります。

例えばスポーニング〜アフターの時期は、バスのコンディションが低下するので小さいルアーや細いルアーでしか反応しないことが多いです。

産卵前まで大きなルアーを捕食していたバスも、産卵後は嘘のように食性が変わることがほとんど。

そんな状態において小さなルアーを投げることはバスを釣る上で非常に重要です。

4inのワームを2inに変えるだけでストロングパターンになるときも


筆者の経験談ですが、同じ小さいワームでも2inと4inでは釣果がまるで変わるとことがあります。

かつて真夏の炎天下の青野ダムで4inのワームではバイトがほとんどないのに対して、2.8inワームに変えると40UPがボコボコ釣れ始めた、ということがありました。

その時はワカサギを捕食していて、人間目線では4inでも釣れそうなのですが、魚が選んだ答えは2inワームだったのです。

高田
小さいルアーがデカバスをボコボコに釣るストロングパターンになりえることが多々あります。

強い釣りのイメージが強いプロも小さいルアーを投げるタイミングは必ずある


毎日フィールドに出ているプロたち。スピニングタックルを使わないという人は殆どいないのではないでしょうか。

やはり現代のバスフィッシングにおいては、小さいルアーで繊細に食わせなければ状況を打破できない場面は少なくありません。

高田
状況が目まぐるしく変わっていく中でアジャストさせるのがバスフィッシングの楽しみの一つ。決してライトリグや小さいルアーを投入するのは恥ずべきことではありません


 




ただ!何でもかんでも小さくすればOKではない

大きなベイトを食っているとき

例えばブルーギルを捕食するバスが多いなら、大きなルアーで攻めるほうが効果的と言えるでしょう
これもマッチザベイト的な考えなのですが、大きなベイトを捕食している時は素直に大きなルアーを投げるべきでしょう。

ハイプレッシャーなフィールドであっても、ベイトサイズが大きい場合は大きいルアーを投げたほうが釣りやすいことが多いです。

風が吹いている時


風が強い時はルアーを投げたり、操作するのが難しくなります。小さい=軽いルアーはそのような状況で機能しないことが多く、投げて操作しやすいサイズのルアーを投げるほうが釣果に繋がる可能性が高いでしょう。

濁りなどで視認性が良くないとき


強い濁りが入ったりするとルアーに魚が気づきにくい。そんな状況においては小さなルアーより、魚に存在をアピールできる大きなルアーがよいでしょう。

先行者が小さなルアーを投げているとき

超有名マンメイドストラクチャーで釣った1匹。皆が小さいワームを投げているときは大きいルアーを投げるのがオススメ
先行者が小さなルアーを投げた後に、同じような小さなルアーを投げても釣れる確率が高いとは言えません。そんな時は先行者の使っていない大きいルアーが効果的なこともあります。

とはいえ先行者が攻めきれてなかったりすることもあるのでその限りではありませんが、皆が小さいルアーを投げている状況では大きいルアーをチョイスするのもひとつの手かもしれません。

デカイルアーで釣りたい!という初心者にこそオススメな小さいルアー縛り

ガイドゲストが8inのスイムベイトで釣りあげたバス。こういったルアーで釣るためには……
自分の好きなルアーで釣るのはバスフィッシングの楽しみの一つ。大きいルアーで大きいバスを釣りたいんだ!というアングラーも少なくないでしょう。

誤解を恐れずに言えば、そういうアングラーほど一度小さなルアーで釣りを組み立てていくと、新たな気づきがあるかもしれません。

小さなルアーでアクションの基本を覚える

たとえばリップ付きのビッグベイトの使い方は小さいクランクベイトとほとんど変わりません。S字形の釣り方はI字形や小型ミノーととても似ています。

小さいルアーのほうが小バスも含めて反応する魚が多いです。それゆえバスのチェイスやバイトなどの反応が得やすいので非常に良い練習になります。

小さいルアーで食わせることができるようになれば、そのままのアクションやアプローチをデカイルアーで再現してやればよいだけですから。

つまり通常または小さなルアーで魚を釣るというのは、デカイルアーで釣るための近道だといえます。

高田
大きいルアーで釣りたいけど、なかなか釣ることができない!という人には小型のルアーでの練習をオススメします。

ビッグルアー→スモールルアーへのオススメ変換チャート


ハネモノ→虫系ワーム

リップ付きビッグベイト→クランクベイト

S字形ビッグベイト→ジャークベイト or I字形

このような感じで置き換えればよいでしょう。小さくても大きくてもキモは同じです!

令和のハイプレッシャー時代。小さいルアーの威力を侮るなかれ


時代は移り変わり、様々なフィールドでハイプレッシャー化が進んでいます。釣りブームの再来もあり、一層に競争率が高まったフィールド。

小型のルアーの威力とパワーを知れば、”セコい”という呪縛から抜け出せるはずです。

小さなルアーを使いこなすことで、大きなルアーの出しどころも深く理解できるので、よりよい釣りを楽しめるでしょう。

高田
筆者も常々、小さなルアーに助けてもらっています。恥ずかしがらずに小さなルアーもどんどん投げていきましょう!

ライタープロフィール

海外釣行ツアーChillTrip所属のプロガイドであり、Transcendenceのロッドデザイナー。年間釣行日数は300日ほど。GTから近所の小魚まで淡水海水問わずになんでも釣ります。

国内では琵琶湖のバスフィッシングガイドとして活動中。フルタイムのプロアングラーとして日々現場に出ております。

 

関連記事

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

ビックリマン高田

高田雄介(ビックリマン高田) 琵琶湖のバスフィッシングガイドと海外遠征釣行プロガイドをやっております。バスフィッシングを中心に怪魚やソルトまでなんでも好きです。 トランスセンデンスプロスタッフ/HIDEUPフィールドスタッフ