【飛距離を実測】エギぶっ飛び対決!人気のエギ8個を戦わせてみた

2021/05/26 更新

市場に「飛ぶ」と謳われたエギが氾濫する現在。「いったいどれが一番飛ぶんだよ?」なんて思ったことはありませんか?その勝負、この場で決めようじゃないか!エギの飛距離を実測して“ぶっ飛び王”を決めるぜ!!


アイキャッチ画像提供:六畳一間の狼 SUU

どのエギが一番飛ぶの?


先日エギングをしているとき、ふと思ったのが「どのエギが一番飛ぶんだろう?」という疑問。

今まで10年以上エギングをしていても、飛距離に大きな差を感じていませんでした。

でも、どのエギも同じなんてことは絶対にないはずです。

飛距離を測ってみよう!


気になったのなら実際に飛距離を計測して、エギ界のぶっ飛び王を決めてみましょう!

それぞれの遠投性能がわかれば、今後のエギングにきっと役立つはずです。

戦士達をご紹介


ぶっ飛び王決定戦に出場する戦士達をご紹介いたします。

現代のエギングにおいてユーザーが多いであろう人気銘柄の中から、8種類のエギを選出しました。

なお、8種類全て3.5号のノーマルタイプです。

エギ王Live(ヤマシタ)


エギングといったら、ヤマシタのエギ王シリーズは絶対に外すことはできません。

エギ王の中でももっともベーシックなエギ王Liveは、光を受けて発熱するウォームジャケットが大きな特徴です。

ウエイト:21g


エギ王K(ヤマシタ)


エギ王Liveよりもスレたイカに威力を発揮するエギ王K。

テール部分に付いたハイドロフィンが抜群の安定感をもたらし、とくに親イカ狙いのエギングで人気です。

ウエイト:22g


セフィアクリンチフラッシュブースト(シマノ)


言わずと知れた超人気エギのフラッシュブースト。

内部にゆらゆらと揺れて光を反射するプレートが内蔵されており、自動的にフラッシングでイカにアピールしてくれます。


エメラルダスピーク(ダイワ)


2021年大注目のエメラルダスピーク。

ヤマラッピ氏プロデュースのエギで、「ダート系エギの完成系」という謳い文句です。

ウエイト:19.5g

エメラルダスステイ(ダイワ)


ぼくが超お気に入りのエメラルダスステイ。

ヤマラッピ氏プロデュースのステイは、安定感抜群のフォールが特徴。

今回選出されたエギの中でもっとも重たいエギです。

ウエイト:25g


エギ番長(エバーグリーン)


現代のエギングというルアーフィッシングを確立した重見典宏氏がプロデュースしたエギ番長。

まるで刃物のような鋭いノーズが生み出すキレッキレのダートアクションが特徴のエギです。

ウエイト:19g

アオリーQロングキャスト(デュエル)


アオリーQといえば、エギング黎明期から愛され続けてきたロングセラーのシリーズです。

そんなアオリーQの伝統を受け継ぎつつ、飛距離に重きをおいたのがアオリーQロングキャスト。

ウエイト:22g


EZ-Qマグキャスト(デュエル)


今回選出されたエギの中で唯一、重心移動システムが搭載されたEZ-Qマグキャスト。

重心移動だけでなく、ブラスチック剥き出しのヘッド、そしてヘッド上部のアイも大きな特徴です。

ウエイト:19g


決定戦のルール

3投の平均飛距離を計測


それぞれのエギを3投ずつキャストしてその平均値で競います。

できる限り正確な飛距離を計測するために、着水と同時に糸フケを巻き取り、ラインを真っ直ぐにした状態から計測します。

使用タックル


ロッドは8ft4inのMLクラスのオリジナルロッド。

リールはダイワのLT3000-Cサイズに、PEライン0.8号を使用します。

キャストマン&審判


キャストマン兼審判はわたくしSUUが勤めさせていただきます。

できる限りエギのポテンシャルを引き出せるよう、全てのエギをフルキャストいたします!


ぶっ飛び王決定戦スタート!


当日の風速は横風2〜3mほどと、計測を行うにはもってこいの穏やかな陽気。

皆さんはどのエギが一番飛ぶと思いますか?

ぜひ予想しながらこの先をご覧ください。

エギ王Live


1投目・・・47m

2投目・・・45m

3投目・・・51m

平均飛距離・・・47.7m!

エギ王K


1投目・・・54m

2投目・・・52m

3投目・・・55m

平均飛距離・・・53.7m!

セフィアクリンチフラッシュブースト


1投目・・・48m

2投目・・・46m

3投目・・・46m

平均飛距離・・・46.7m!

エメラルダスピーク


1投目・・・47m

2投目・・・50m

3投目・・・48m

平均飛距離・・・48.3m!

エメラルダスステイ


1投目・・・51m

2投目・・・50m

3投目・・・49m

平均飛距離・・・50.0m!

エギ番長


1投目・・・47m

2投目・・・45m

3投目・・・53m

平均飛距離・・・48.3m!

アオリーQロングキャスト


1投目・・・49m

2投目・・・50m

3投目・・・49m

平均飛距離・・・49.3m!

EZ-Qマグキャスト


1投目・・・57m

2投目・・・56m

3投目・・・57m

平均飛距離・・・56.7m!

ぶっ飛び王決定!


ぶっ飛び王に輝いたのは、平均飛距離56.7mというぶっちぎりの成績を残したEZ-Qマグキャスト!

やはり重心移動システムの恩恵は大きいようで、他のエギより10%以上も飛んでいました。

矢のように真っ直ぐ飛んでいく様が、めちゃくちゃ気持ち良かったです。

印象に残ったエギ


個人的に印象に残ったエギのひとつは、最重量のエメラルダスステイ。

エメラルダスステイはもっと飛距離を出せると思っていましたが、タックルが合っていないためかそこそこの飛距離でした。

エメラルダスステイを使う場合、Mパワー以上のロッドの方が飛距離を伸ばせるかもしれません。


もうひとつ印象深かったのがエギ王K。

これまで使ってきた中でそこまでの遠投力を感じていませんでしたが、実際に数字を見るとその遠投性能に驚きました。

個人的に、今後はエギ王Kの使用頻度が高くなりそうです。

ぶっ飛び王=釣れるエギではない


今回の検証でぶっ飛び王が決定しましたが、遠投性能が高いからといって釣れるエギとは限りません。

ダートアクションやフォールの安定感など、エギの性能を決める要素は様々。

この結果はあくまでひとつの要素としてお考えください。

注意点


今回の検証ではこのような結果となりましたが、投げる人やタックル、状況によって飛距離は大きく変わる可能性があります。

あくまでSUUが投げた結果として、参考程度にお役立てください。

エギの特徴を理解して適材適所で使おう!


エギにはそれぞれ秀でた特徴や個性があり、適材適所で使ってあげることで好釣果に結びつきます。

そのためには、手持ちのエギの特性を理解しておくことが大切です。

今回の結果が皆さんのエギ選びの参考になれば幸いです!
画像提供:六畳一間の狼 SUU

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

YouTubeで釣りチャンネル「六畳一間の狼」のSUUとして釣り動画を配信するユーチューバー。バカが付くほどの釣り好きで釣具量販店に就職。その時の知識と経験を活かし、釣りの楽しみを世の中に広めるために日々奮闘中。