【マゴチは夏だけじゃない!?】“春”からを狙え!現役船長がおすすめしたいルアーマゴチのハイシーズン

2021/04/28 更新

記事内画像・文:アイランドクルーズ船長 須江一樹

ルアーでマゴチを狙うなら“春”からがオススメ


通年狙えるマゴチですが、1年の中でもっとも釣りやすい時期というものが存在します。

マゴチで言えば、『夏の照りゴチ!!』と言うのが浸透していますよね。

ただし、筆者が遊漁船を営む東京湾では、ルアーマゴチを楽しむなら“春”から既にハイシーズンがスタートしているのです!

『照りゴチ』=産卵後


まずは、なぜ『照りゴチ』という通称までつくほど、夏のマゴチ釣りが浸透しているのかご紹介します。

理由はマゴチの「産卵行動」にあります。照りゴチの時期はマゴチの産卵後の時期です。産卵後のマゴチは、一定の条件が整った一箇所に群れが集中するため、群れが見つかれば一箇所でまとまった釣果となります。

とくに群れの上で船を止めてサイマキエビやハゼの生き餌で狙うマゴチの泳がせ釣りの釣り船などでは、好釣果を得ることができるため『照りゴチ』というシーズンの通称がついたものだと思われます。

もちろんルアーでも釣れる場所や誘い方を把握していれば釣ることは可能です。ただし産卵後の体力が回復しきっていない時期なので、ルアーよりもエサ釣りに軍配が上がることの多い時期でもあります。

ルアー釣りなら“春”から楽しめる


“夏”の産卵期は一箇所に集中するマゴチですが、その前後ではまったく異なる行動をしています。

“春”は、産卵に備え積極的に捕食活動を行います。“秋”は、産卵で失った体力が回復し積極的に捕食活動を行うのです。

エサを求めて活発に行動するこの2つの時期は、“夏”のパターンとは異なり、幅広く探る釣り方が有効となるでしょう。

産卵前の春シーズン

東京湾のマゴチの産卵期は6月中旬~7月中旬くらいまでと言われています。

産卵前が最も活発にルアーを捕食するというのは、他の魚にもみられる現象ですが、マゴチも例に漏れず最もルアーを捕食するのは産卵前の春4~5月くらいです。

この4~5月は春のマゴチのハイシーズンで、良く釣れると同時に最もサイズを狙いやすい時期で、60センチオーバーも高い確率でキャッチする事ができるシーズンです。

産卵後の秋シーズン

産卵中や産卵後、積極的にルアーを追わなくなってしまうのは想像に難しくないと思います。

次にルアーを積極的に追うシーズンは、産卵の体力が回復してからの9月から本格的に寒くなる前の12月までの秋です。

この間は秋のハイシーズンで、9月から釣れだし12月までどんどん盛り上がっていきます。

サイズも数も春のハイシーズンとそん色なく、潮色が悪くなったり、クラゲが多くない分、状況が安定しているシーズンといえます。




“ルアーマゴチ”ハイシーズンの狙い方


マゴチは一年間通して釣ることのできる魚です。

その中で最も狙いやすいハイシーズンに、より釣果を出すために心がけておくべき点をここではご紹介します。

ルアーは大きいものを

東京湾ではおもにジグヘッドワームを使用してマゴチを狙います。

ハイシーズンはルアーを活発に追うシーズンで、積極的にエサを探し回っているシーズンです。

大型のマゴチが釣れる可能性も高いことから、ワームは4インチ程度の大きめの物を使用してください。

マゴチがルアーを発見しやすくなり、ヒット率も上がりますし、釣れるサイズも上がります。

広範囲に探る

活性が高いと感じる日は、早めのアクションで広範囲に探ることで活性の高いマゴチにいち早く出会える可能性があります。

水深に対して少し重めのジグヘッドを使用して、早めの巻きで早めのリフト&フォールを繰り返すことで広い範囲を探れ、リアクション的にバイトを誘う事ができるので、ルアーを積極的に追っている活性の高い日に有効な戦略です。

キャスト数を増やす

活性が高い日のもう一つのパターンとして、キャスト数を増やすと効果的な日があります。

上から落ちてくるものをよく見ているなと思う日で、キャストして最初の着底から数アクションでバイトが出ることような日に多い傾向です。

広範囲に探るとロングキャストになってしまう為、どうしてもキャスト数は減ってしまいます。

ショートキャストでキャスト数を増やして上から落とす回数を増やして、マゴチにアピールさせましょう。

マゴチはシーズナルパターンで通年釣れる魚


マゴチは夏に限らず、一年通して狙うことのできる魚です。

ボトムを攻めるという基本形はありながらも、シーズンシーズンで釣れるポイントやアクションが違い、じつは非常に奥深い魚でもあります。

夏はマゴチなんて非常にもったいない考え方です。

さらに楽しめるマゴチを一年通して是非狙ってみてください。マゴチ沼にハマっちゃうこと間違いなしです。

筆者紹介


 

須江 一樹

横浜アイランドクルーズ所属船長。シーバスをはじめとする東京湾のあらゆるターゲットをガイドするプロガイドであるとともに、休みの日は東京湾のほか、様々な海域へも釣りへ出かける釣り好き。一児のパパでもある。tailwalk、HIDEUP、TETRAWORKS、ICHIKAWA FISHINGスタッフ。最近の悩みは「休みが荒天」。

関連記事

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
アイランドクルーズ船長 須江一樹

海なし県出身横浜市在住。ハマっこを言い張る1985年生まれ。横浜アイランドクルーズに船長として所属し、シーバス、マゴチ、ヒラメ、クロダイ、メバル、アジ、タイなど東京湾で釣れるあらゆるターゲットを追い日夜出船しています。趣味は淡水の釣りです。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!