エギングの画像

【現実】春イカが釣れないって?えぇ、釣れないのが普通です。

春はエギングのシーズン。「親イカを釣るぞ!」と意気込んでいる方も多いかもしれませんが、実際は春のエギングはかなり釣りにくい釣りです。筆者が見た春のエギングのリアルをご紹介します。

目次

アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

「春はエギングのシーズン」って言うけれど……

エギングの画像

こんにちは、エギングが大好きな編集部しみけんです。皆さんもご存知の通り、春はエギングのシーズン。

「今年こそは親イカを釣るぞ!」「目指せ3kgオーバー!」と意気込んでいる方も多いのではないでしょうか?

しかし、残念ながら、春イカはそう簡単に釣れるものではありません。

せっかくのエギング気分に水を差すようで申し訳ない気もするのですが、ネガティブな側面を知っていただくことも重要かと思い、筆者が見てきた春エギングの現実を主観でお伝えします。

春イカはそうそう釣れません

エギングの画像

なかなか釣れないというのは、なにも釣りが難しくて高度なテクニックが要求されるってことではありません。

親イカを釣るに当たってもっとも大切なのは、場所とタイミングです。

場所とタイミングが重要なのはどの釣りにも共通していますが、その中でも一際場所とタイミングに依存する釣りだといえるでしょう。

そして、その場所とタイミングが極めて限定的であることが、釣りにくい最大の要因です。

釣れる場所はめっちゃ限られます

エギングの画像

秋のエギングのポイント選びを「面」だとするならば、親イカ狙いのポイント選びは「点」ぐらいにシビアになる必要があります。

言葉で表現すると簡単そうに聞こえますが、親イカを狙うに当たっては、産卵場となる藻場・その付近の地形変化・沖から産卵場までの通り道がポイントです。

ただ、これらのポイントに実際に陣取れる釣り人は何人いるのでしょうか?

足場(堤防や磯の形)などを考慮すると、「堤防の先端に立っている人にしかチャンスがない」なんてことはザラでしょう。

そのため、例年実績のあるポイントとなると、何時間も前から場所の取り合いが行われることも珍しくありません。

そもそも、それ以前に産卵場や回遊ルートを把握できていない方も多いはずです。

釣れる時期・時間も非常に短いです

エギングの画像

黒潮の影響等を受ける一部の高水温地域を除いては、親イカのシーズンは極めて短いといえます。

よく「親イカの釣期は4〜6月ごろです」といった表現を目にするかもしれませんが、一つのポイントで3ヶ月も釣期が続くのは非常に稀です。

実際、一つのポイントに絞ると釣期は2週間(一潮)くらいだと思った方が良いでしょう。

そして、ある程度範囲を広げた時に、ポイントごとの釣期を足していけば3ヶ月ぐらいになるようなイメージです。

この少ない釣期の中で、天候や潮周り、日没時間などの要素も加味していくと、“確率が高い日”はほんの数日、数時間だというのが現実です。

単純にチャンスが少ない

エギングの画像

これらの通り、親イカ狙いのエギングというのはかなりチャンスが少ない、イカの前に立つことが難しい釣りだといえます。

釣具店に勤務していた時のことを思い返すと、親イカを釣ってくるのは毎年ほぼ同じ人でした。

このことからも、場所とタイミングを把握しない限りは、なかなか“釣れる側の人間”にはなり得ないことがわかると思います。

1 / 2ページ