外来魚

外来魚の問題点を『池の水』の怪魚ハンターに聞く。外来種の基礎情報を把握して適切に予防しよう!

“悪者”というイメージが強い外来魚って、本当に悪影響しかないのでしょうか?今回の記事では、外来魚の基本的な情報をまとめ、悪い所と良い所を把握した上で、われわれ人間がどのように考え、行動をすれば良いか考えてみます。

目次

外来魚にも色々あるんです

外来生物(外来魚)とは

外来魚 ブラックバス ブルーギル

外来生物(外来魚)とは、文字通り外から人為的に持ち込まれた生物を指します。

例えば、ブラックバスやカミツキガメなんかが有名ですよね。

それでは、「外来魚」というワードに皆さんはどんなイメージがありますか?

もともといた生き物(在来種)を食べてしまう悪い奴とか 、人に噛みつく怖い奴とか……きっと悪いイメージが先に頭に浮かぶかと思います。

怪魚ハンター山根
今回はそんな『外来魚』について。
『池の水』に出演する山根兄が、基礎知識と予防策についてお届けします!

外来魚でも経済・産業・文化的に大切な種類もいる

外来魚 ニジマス 

一括りに外来生物と言っても、“在来生物への被害の大小”“地域経済・産業・文化との関わり”など種類ごとに特徴が異なります。

「えッ?外来魚が経済に貢献してるの?」って思われるかもしれませんが、食べて美味しいニジマスは水産およびレジャーの対象として、美しい錦鯉は鑑賞魚として、それぞれ利用価値の高い外来種です。

このように外来種によって講ずるべき対策が異なるため、国は外来生物を「特定外来生物」や「産業管理外来種」など、さまざまな区分に分けて管理しています。

錦鯉は外来種ということを覚えてください

錦鯉 外来種

いま「錦鯉って外来種なの?」って疑問に思われた方もいらっしゃるかと思います。

受け入れたくない事実ですが、錦鯉は外国のコイを使った品種改良種であるため、野外へ放流された時点で如何なる場所においても外来種となります。

錦鯉は人の管理する池や水槽で飼育されている間は問題ありませんが、自然界に放ってしまうと、『もともといた生き物(在来種)を食べてしまう悪い奴』になってしまいます。

このように、多くの日本人が在来種と思っている生き物でも、元をたどると歴とした外来種であり、生態系に悪影響を与えていることがあるんです。

「国内外来種」というワードを覚えよう

日本に住む魚=在来魚ではありません

国内在来種 国内外来種 ワタカ

もう少し、外来魚の基礎知識を深めてみましょう。

例えば、琵琶湖にしか住んでいない魚(固有種)を霞ヶ浦へ持っていったら……これは霞ケ浦では外来魚になってしまいます。

つまり、その魚の能力で行けない場所へ人間が運んでしまったら駄目なんですね。

このように、日本国内で人為的に移動された種を「国内外来種」と呼び、関東地方のオヤニラミや東海地方のギギなど、各地で問題になっていますね。

身近な国内外来魚をご紹介します

国内外来魚 ナマズ

関東地方にお住いの皆さん! 小川で簡単に釣ることのできるカワムツヌマムツ、あれも実は国内外来種なんです。

他にも、北海道・東北・関東・東海地方ではナマズが、九州・四国地方ではワカサギが国内外来魚に該当します。

でも、ワカサギやナマズを駆除するなんて話は聞いたことがありませんよね?

長い年月の中で、多くの国内外来魚が在来種かのように既成事実化されています。

このように外来魚のことを知れば知るほど、人との利害と歴史が複雑に絡みあっていることに気づき、外来魚問題がいかに根深く・解決が難しい問題であるか実感できます。

外来種問題には、駆除という単純な方法だけでなく『在来種・外来種・人間』が上手に付き合っていけるようなシステムを構築する必要があると僕は考えています。

1 / 3ページ