ラバージグ【自作&リペア方法】特殊な工具は必要なし。自分だけのオリジナルをつくろう。

2021/02/26 更新

ラバージグの自作とリペア方法について。高いものだと700円ほどの値段で販売されているラバージグ。自作するだけでコストも抑えられ、自分だけのオリジナルラバージグが完成します。傷んでしまったラバーを交換することもできるので、ぜひ覚えておいてくださいね!

ラバージグはデカバスキラー

ラバージグで釣れた魚
できる限りコストを抑えて釣りを楽しめないか?

常にそんな考えを抱いている、TSURI HACKライターの小林です。

そこで今回は、昔から「デカいバスが釣れる」と言われるルアー、ラバージグの自作方法をご紹介。

またこうしたラバージグの自作方法は、バス釣りに限らず海用ルアーにも応用できます。覚えておいて損はないですよ。

小林
コストを抑えることが可能になるのはもちろんのこと、自分で釣具を作ることによって、魚を釣るまでのプロセスがもっと楽しくなりますよ!



自作ラバージグの材料や工具

① ジグヘッド

ラバージグのヘッド
先ず用意するものはジグヘッド。

今回ラバージグを自作するために使ったジグヘッドは、ラバーが溶けてしまい使わなくなっていたジグのヘッド部分。

ファインラバーだと経年劣化で溶けてしまったり、シリコンラバーでも知らずのうちに切れて薄毛になってしまったり……。

そうなってしまったジグを再利用するという意味でも、自作(リペア)をする価値は十分です。

ラバージグのヘッド
自作の良いところは自分好みのジグヘッドでカスタムできるところ。

フットボールタイプのジグヘッドや、スモラバ用の軽めのジグヘッドなど、自分の愛用しているジグヘッドを用意すると良いでしょう。


②シリコンラバー

シリコンラバー
次に用意するのはラバー。ファインラバーも良いのですが、僕はシリコンラバーの方が好み。そんなわけでシリコンラバーを用意。

釣具屋さんの自作コーナーに置かれていたりします。太さ、カラーバリエーションも豊富なので、自分好みのスカートを選んじゃってください。

ITEM
ティムコ PDLシリコンスカート

③ステンレス線


ジグヘッドにシリコンラバーを巻きつけるための針金を用意。

ホームセンターに行けば、太さや材質など様々なものがありますが、今回はダイソーで購入。

強度は必要はないため、「細めのほうが融通が効くだろう」ということで、中でも一番細かった0.28mmを選択してみました。

④プライヤー


針金を巻くためのプライヤーも必須。釣りをしているのであればこの手のプライヤーは持っていると思いますのでそれで十分です。

⑤シリコンチューブ


あると便利なこの手のチューブ。最終的には外してしまいますが、シリコンラバーをジグヘッドに仮止めする時に使います。

たまたま手元にワーム用の熱収縮チューブ(6mm)があったので使いました。ホームセンターに売っているような通常のシリコンチューブで代用できます。

ITEM
アクティブ ワッキーチューブ
4mm・5mm:4本入り
6mm〜12mm:3本入り

ラバージグを自作しよう

ステップ①:シリコンラバーにチューブを入れる


先ずはシリコンラバーに仮止め用のチューブを通します。これがあるのとないのでは、作業のしやすさに雲泥の差が出ますので、あるのがベスト。

手っ取り早く手に入る輪ゴムでもできないことはないのですが、輪ゴムでは作業がしづらかったので個人的にはあまりオススメはできません。

ステップ②:仮止めする


ジグヘッドにラバーを通して仮止めです。フックにチューブを通すだけです。

ラバージグ 自作
チューブを通したら、ラバーを偏りなく均一に割り振ります。

ここに針金を巻きつけて8割完成になるので、丁寧に仮止めしておきましょう。

ステップ③:針金で固定

ラバージグ 自作
針金を作業のしやすい長さにカットします。0.28mmでは流石に細かったので、4重にして使ってみました。

ラバージグ 自作
ジグヘッドの根っこに、グッと針金を巻きつけたところ。この時に仮止め用のチューブは緩くなって簡単に外せるようになります。

ラバージグ 自作
余っている針金部分をカットし、プライヤーである程度締め込んだら完成です。

あまり強く締め込み過ぎるとラバーが切れることもありますが、相当締め込まない限りは切れることはありません。

ステップ④:シリコンラバーを整えて完成

ラバージグ 自作
最後にラバーを整えます。両端のラバーのくっついている部分をカットして……

ラバージグ 自作
完成です。どうですか? なかなかいい感じに仕上がったんじゃないでしょうか。

ラバージグ 自作 トレーラー
試しにトレーラーを付けてみるとこんな感じ。うむ。良い。これで魚釣りたいです!


補足:ちょっとラバーが足りない場合は……

ラバージグ 自作
シリコンラバー1枚ではちょっと足りない。そんな時には2枚合わせてミックス。

ラバージグ 自作
ラバーのバランスも7:3ぐらいに調整してみたら、エビっぽいカラーになりました。これは早く使ってみたい。

自作したラバージグで釣る楽しみができました

ラバージグ 自作
ということで、今回はラバージグの自作方法をご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

自作に限らず、ラバージグやスピナーベイト、チャターブレードの修理としても覚えておくと何かと便利なこのワザ。

ラバーが劣化して使わなくなってしまっていたルアーを復活させるということでも、一度トライしてみると良いかと思います。

また、「ラバー」というとバス釣り用ルアーの印象が強いかもしれませんが、真鯛やチヌ、ロックフィッシュを釣るためにシリコンラバーが採用されているルアーも増えました。

小林
ソルト用として自分オリジナルのルアーを自作してみるのも楽しいのでは? ぜひ皆さんも挑戦してみてくださいね。


 
撮影・文:DAISUKE KOBAYASHI

ライタープロフィール

小林大介
愛知県出身徳島県在住。映像クリエイター、フォトグラファーとして地方の限界集落で活動中。山の猟師でもあり、デジタルとアナログの両極端な生活を楽しんでいます。

海、川、ルアー、エサ釣りと限らず、楽しく美味しい釣りはなんでもトライするのが信条です。

ライター記事一覧はこちら

関連記事

紹介されたアイテム

オーナー針 黒豆ヘッド
ティムコ PDLシリコンスカート
アクティブ ワッキーチューブ
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
DAISUKE KOBAYASHI

愛知県出身徳島県在住。映像クリエイター、フォトグラファーとして地方の限界集落で活動中。山の猟師でもあり、デジタルとアナログの両極端な生活を楽しんでいます。TSURI HACKではクリエイターならでは視点で皆様に情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!