ワラスボ

【画像有】ワラスボの干物が完全にエイリアン! 有明海の珍魚に迫ってみた

2022/10/20 更新

ヌメっとした表面にむき出しのキバ。まるでエイリアンの様な魚『ワラスボ』について、画像と共にその味や特徴をご紹介。現地では主に干物などにされているわらすぼは、珍魚が多く生息する有明海でもトップクラスのインパクトでした!

目次

アイキャッチ画像出典:PIXTA

ワラスボってどんな魚?

ワラスボの特徴の画像

ワラスボはスズキ目ハゼ科の一種で、ハゼのようには見えませんが腹ビレは吸盤になっています。ワラスボの名は、干したときに稲わらを束ねて作る筒のようになることから付けられたと考えられています。干潟の泥に巣を作って生息し、潮が満ちると海中で泳ぎます。

ワラスボの特徴

ワラスボが水揚げされている画像

出典:楽天市場

ワラスボの見た目はエイリアンのようと言われていますが、退化して表皮の下に埋没した目や牙の並んだ大きな口がエイリアンに見えなくもありません。成魚の体長は40センチほどで、ウナギのように細長い体型をしています。体色は青灰色や赤紫色に見える青みがかった色です。

ワラスボと佐賀県の関係

ワラスボが生息する佐賀県の画像出典:PIXTA

ワラスボは日本では佐賀県の有明海にのみ生息し、古くから干物などに加工して食べられていました。佐賀県の特産物として県のPR動画にワラスボを使ったことも話題になりました。旬は春から秋で年間の漁獲量は40トンほどあります。
佐賀市公式:ワラスボPRサイト

ワラスボの干物とは

 

ワラスボは佐賀県の特産物として購入することができます。干物は炙って食べるとさくっとした食感と深い味わいを楽しむことができます。干物を粉にしてご飯にかけて食べたり、お酒に浸してスボ酒として呑むこともできます。
開けてすぐに食べられるおやつ感覚のワラスボ!

ポリポリわらすぼ


世界初のわらすぼエキス入りドリンク!

エイリアンエナジー

ワラスボ釣り

ワラスボ釣の画像出典:PIXTA

ワラスボは有明海の堤防などでちょい投げ釣りをしていると釣れることがありますが、専門的に釣ることは少ないです。干潟では漁師さんがスボカキという特殊な道具で泥を引っかきまわして獲っています。
■手軽にできるちょい投げについて、釣れる魚やコツ、道具を初心者の方にも分かりやすく説明しています。

ワラスボに挑戦してみよう

ワラスボが並んで干されている画像

出典:PIXTA

ワラスボはムツゴロウと並ぶ有明海の珍味で、絶滅危惧II類としても掲載されている貴重な魚です。今では買えるところも少なくなっているようなので、ぜひこの機会に試してみてください。釣りをしてワラスボが釣れたらびっくりしてしまいますね!

Warasubo is a delicious alien!

ワラスボは美味しいエイリアン