ストラクチャーを撃ってもバスは釣れませんよ!“Deeper”を持って関東ハイプッシャーレイクに行ってみた


撮影・文:TSURI HACK編集部

プロやロコがなんであんなにいっぱい釣れるのか……

しみけん
いやー、バスってなかなか釣れませんよね?

ノグチ
たしかに、ひと昔前と比べると釣れないね。

しみけん
よく釣れても人並み程度。しかも、だいたい毎回同じ場所で同じルアーですわ。

あー、バスプロみたいにたくさん釣ってみたいわ

ノグチ
ところで、どんな釣り方してるのよ?

しみけん
基本的には“目に見える”ストラクチャーを撃ってますわ。

ノグチ
ひょっとすると、そこに問題があるのかもよ

しみけん
えっ!?ストラクチャー撃ちはバス釣りの鉄則でしょ?そう習ったで!

ノグチ
たしかに鉄則だよね。でも、それゆえに落とし穴があるのかも

しみけん
な、なんやて!?


突然ですが質問です。あなたならどこを狙いますか??

霞ヶ浦与田浦
そう聞かれた時、「ブッシュ、杭、水門、角」と答える方、言い方を変えると“目に見えているストラクチャーをスタンプラリーする方”が大半でしょう。

それはなぜかというと、昔から「バスはストラクチャーについている」とみんなが考えているからです。

でも、そんな立て続けにルアーが降ってくる危険地帯でバスがエサを食うでしょうか?

釣り人が少ない場所ならまだしも、人気エリアではなかなか食いませんよね。

とはいえ「バスが変化を好む」のは間違いではありません。

出典:PIXTA
水中映像などを見てもわかる通り、バスはストラクチャーを好みます。

回遊性の強いバスも、ウィードやストラクチャー、ハードボトムなどの変化を起点に回遊していると言われています。

いわば、「バスがストラクチャーを好む」ということは疑いようのない事実。

では、どこに問題があるのでしょうか。それは“目に見える(visible)”という点です。

強力な助っ人「Deeper」を用意!

Deeper バス釣り
今回、我々の“視覚に頼らない釣り”を助けてくれるのがDeeper。

この丸っこいアイテムがとんでもなく優秀なんです!

おかっぱりから使える魚群探知機

Deeper 投げる バスタックル
見慣れない方も多いと思いますが、Deeperはキャストして使える魚群探知機です。

つまり、陸から魚探を使えるってことなんです!

見えなかった水中が丸わかり!

Deeper 水中
提供:Deeper
魚(ベイトフィッシュ)の位置や水深はもちろん、水底構造や水温もわかる優れもの。

今回使用するDeeperCHIRP+は1cmのベイトやルアーまで認識できるとか……。

Deeperの使い方紹介

▼ 使い方①:スマホにDeeperアプリをダウンロード

Deeperソナーがスキャンした情報は、スマートフォンで確認ができます。
まずは、Deeperを使用する前にアプリをダウンロードしてユーザー登録しておきましょう。

Fish Deeper(App Store)
Fish Deeper(Google Play)

▼ 使い方②:Deeperを結んでキャスト!

アプリと連動したら、狙ったポイントにDeeperをキャスト!
※Deeperを結束してアプリを起動・接続後に一度足元で水に付けてみると起動しました。
着水したらDeeperアプリとの連動を確認。あとは、ゆっくり巻いてくるだけです。

スマホアプリでは、こんな感じで水中の様子がわかります!


>>Next Page:関東屈指のハイプレッシャーレイクでDeeperを試してみた


 

Deeperを持って有名フィールドへ行ってみた

Deeper バス
今回のロケ地は、関東屈指のハイプレッシャーレイク『霞ヶ浦』

週末ともなれば有名ポイントはアングラーで埋め尽くされるほど。関東バサーであればその難易度は肌で感じてるはず……。

ということで、霞ヶ浦を舞台に「Deeperを駆使することでどのくらい釣果を出すことができるか?」を検証していきます!

まずは見えるストラクチャーをチェックするも……

土浦
まずは定番スポットである人工物やウキ草にDeeperを投入すると、早速魚影が映ります。やはりストラクチャー周りにバスはいるようです。

色めき立ち、今回の趣旨を無視して”目に見えるストラクチャー”にテキサスリグやスモラバを投げ込むもノーバイト……。さすが霞バス。甘くはありません。

その後しばらくポイントを観察していると、やはり数人の釣り人が入れ替わり立ち代わり同じストラクチャーを攻めています。

「居るけど釣れない」とは、まさにこのこと……。

沖の地形変化を発見!


Deeperをキャストしていくと、沖に地形変化を発見。目に見えるストラクチャーはありません。

すかさずダウンショットをリグり、Deeperに反応があったポイントのやや沖側にキャスト。ボトムを感じながらズル引いて手前に寄せ、カケアガリ付近でステイさせていると……


すかさず「コンコンッ」と魚信があり、40アップのゴン太バスが登場!

針傷が一つもなかったので、おそらく初めて釣られた魚だと思います。沖の見えないストラクチャーに付いていたからか、あまり釣り人に狙われていなかった魚かもしれません。

難しいアクションをせずとも止めるだけであっさりと口を使ってくれました!

ディープエリアで意外な事実が


霞水系では数少ないディープエリアに移動し、Deeperを投入すると、ボトム付近にサスペンドする魚影を発見。

取材日直前(10月中旬)に訪れた台風と気温低下のせいか、バスもベイトフィッシュも水温が安定する深場に落ちているようです。不思議と、駆け上がりの上の2m以浅のエリアには魚影が一切見当たりません。

完全に底ベッタリではなく、底から1m程度の水深にサスペンドするという、なかなか難しそうな状況です。

スピナーベイトのスローロールやダウンショットで狙ってみましたが、残念ながら不発……。しかし、深場に魚が集まり、若干浮いているという事実は今後に繋がる貴重な情報です。

多くの釣り人が魚のいないシャローを攻めていたので、釣り人のイメージと実際の魚の動きが大きく離れていることにも気づかされました。

水温が上がりきった時間帯に……

朝一にDeeperで得た「バスがサスペンドしている」というヒントをもとに、水温が上がりきってからの時間は、秋バス攻略の定石”巻き物”でランガンしていきます。

 

すると……

 

Deeper バス 霞Deeperバス 霞
スピナーベイトで2本連続ヒット!

この日のパターンは、「中層にサスペンドしながら上を意識しているバスを狙う」が正解だったようです。

その日のパターンに近づくヒントが見つかるかも


 


今回の検証で気付いたのが、水温・水深の違いでベイトフィッシュの量がまるで違うということ。また、バスが底べったりなのかサスペンドしているのか、数多くのヒントを得ることができました。

水中の様子を把握することで、シーズナルパターンやその日のパターンを掴むのに最短距離でたどり着けると思います。

今回はフラットな地形である霞ヶ浦での検証でしたが、地形変化に富むフィールドではよりDeeperの恩恵を感じることができるでしょう。

▼今回使ったのがこのアイテム

ITEM
Deeper CHIRP+ ワイヤレススマート魚群探知機

▼スキャン可能深度や最小識別サイズは劣るが、バス釣りでは十分な性能のDeeper PRO+もオススメです!

ITEM
Deeper Pro+ ワイヤレススマートGPS魚群探知機

>>Next Page:まだまだ“使える機能”が!Deeperの活用方法と注意点
 


自分だけの地形マップが“超秀逸”!

Deeperの何よりのメリットなのがこのLAKE BOOK機能。

過去の釣行履歴をデータ化して、スキャンしたマップが閲覧することができます。

フィールドの地形はもちろん、ベイトフィッシュの季節ごとの動きを把握することでより釣果を伸ばすことができるでしょう。

Deeperを使う上での気をつけるべき点

本体とスマホのバッテリー切れに注意

Deeper公式サイトの情報では、満充電の状態で約6時間の動作が可能とのこと。
※充電はUSBケーブルでできます。
長時間作動させる場合、常にスマホアプリも起動しているので、スマホの充電切れにも注意が必要です。

投げる時のロッドパワーについて

Deeper 手で投げる
Deeperの自重は約92g。

今回、1.5ozまで対応するビッグベイト用ロッドで投げましたが、振り切らない限り問題はありませんでした。

実際、手で投げても20mくらいまでは探れるので、強いロッドがない方もご安心を!

まわりに釣り人がいないか注意!

注意
出典:PIXTA
バスアングラーのみならず、まわりに釣り人や漁師さんなどがいる場合は使用を控えた方がよいでしょう。

キャストをすると派手な着水音は避けられないので、トラブルにならないよう注意が必要です。

バス釣り陸っぱりの革命アイテムかも!

バス釣り Deeper
霞ヶ浦を舞台にDeeperを使ってみて、ベイトフィッシュの遊泳層や地形や水温による変化で異なる水中の様子など、実際に感じるメリットはとても大きいものでした!

通い慣れたフィールドやこれから通い詰めたい……というフィールドで、ぜひお試しあれ!

 

▼ソルトシーンでも大活躍!な記事はこちら

Sponsored by 株式会社Baltic Vision

紹介されたアイテム

Deeper CHIRP+ ワイヤレスス…
Deeper Pro+ ワイヤレススマー…
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!