OSPドリッピー【タダ巻きOK】ワーム?フロッグ?新ジャンルな表層系。

2021/04/15 更新

OSPドリッピーをインプレ。ワーム+フロッグな新機軸ルアー、タダ巻きでチョロチョロと飛沫を発生させるドリルテールが魅力的。首振りができなくても、フロッグタックルがなくても使えるフレンドリーなコンパクトフロッグ。推奨タックルや使い方を模索します。

OSP ドリッピーについて

ドリッピー
ドリッピーはワーム素材でありながら、フロッグのように中空機構を採用した新ジャンルとも言えるルアー。

OSPプロスタッフの山岡計文氏プロデュースの注目アイテムです。

専用タックルでなくても扱えるフロッグ

フロッグ タックル
☝︎写真はいわゆる「ノーマルなフロッグ」を投げるためのタックル。極太PEが巻いてあります。

一般的にフロッグと呼ばれるルアーは、ボディが硬めで強大なフッキングパワーが必要でした。

そのため極太PEラインとこん棒のようなフロッグロッドを用意しなければならず、他のルアーに比べて敷居が高い印象があります。

そこで、フロッグルアーをより一般化するため、シングルフック+ワーム素材という構成に。刺さりやすいシングルフックと、柔軟なワーム素材のボディが潰れることでフッキング性能を向上しているというわけです。

ikahime
ワーム、フロッグどちらでもない新機軸なルアー。タダ巻きで使う分には、特別な技術は必要なく非常にフレンドリー。専用タックルがいらないのは嬉しいですよね。

スペック

Nameドリッピー
Length48mm
Weight約11g
TypeFloating
Price1,375円(税込)
 

付属パーツ

ドッリピー 付属品

ドリッピーの付属パーツ

  1. 1.
    リューギインフィニ #3/0(1本)
  2. 2.
    特注ラバーストッパー(2個)
  3. 3.
    カルティバ ツイストロックのばねS(2個)
  4. 4.
    特注ローリングスイベル(2個)
※「ラバーストッパー」が一つしか写っていないのは、開封時に紛失したため。スピナーベイトのアシストフックストッパーで代用できます。

ikahime
専用のオフセットフック、リューギ インフィニ #3/0が同梱されています。これはつまりこのフックありきでデザインされたワームである、ということですね。できる限りインフィニ #3/0を使うようにしたいところです。

ドリッピーのセッティング

フックセッティング

ドリッピー フックセッティング
フックセッティングはややパーツが多いものの、特に難しいことはありません。ただ手順が多くパーツも小さいため、釣り場に着くまえに事前にセットしておくことがおすすめです。

※詳しい手順についてはOSP公式HPを参照ください。

タックル

ドリッピー タックル
ベストなタックルセッティングは難しいところですが、公式の推奨タックルは以下。

ドリッピーの推奨タックル

  1. ロッド :ML〜Mパワーのベイトロッド
  2. ライン:PEライン3号程度(50LB.程度) or フロロカーボンライン14lb.前後
  3. フック:オフセットフック#3/0(製品にはリュウギ インフィニ #3/0 付属)
ウェイトが約11gなので、ベイトタックルならややライト目がマッチします。

個人的にはバットパワーの強いベイトフィネスタックルで投げてみたらちょうど良い塩梅でした。リールは初速のレスポンスに優れたものが向いていると思います。

ikahime
参考までに写真は30φCT SVスプールを搭載したアルファスCT SVです。またはパワーのあるスピニングタックルで扱うことも可能ですね。


 
>>Next Page:ドリッピーのディティールとアクションを考察

ドリッピーのディティール

ドリルテール

ドリッピー ドリルテール
テッケルと共同開発したというドリルテール。ただ巻きするだけでチョロチョロとやや控えめなスプラッシュサウンドを奏でてくれます。

音量的にはバズベイトよりは圧倒的に控えめ。さらに金属音もないためソフトな印象です。

ikahime
バズベイトの金属音を嫌うような時に出番ですね。バズベイトより浮ごみに強いのもポイント。

テッケル スプリンカーの血統か?

テッケル スプリンカー
参考までにテッケルのスプリンカーです。スプリンカーもテールが装着されており「バジングのできるフロッグ」になります。ただしボディはフロッグなので、フロッグタックルと同等のモノが要求されます。

とはいえ、通常フロッグは自分で首振りさせなければいけないところ、タダ巻きで使えるため非常に画期的なルアーと言えるでしょう。



ikahime
ドリッピーはこのスプリンカーの血を色濃く受け継いでいる、そんな印象です。私もお気に入りのルアーでして、フロッグの首振りに疲れたタイミングで箸休め的に投入しています。

フロッグなボディ形状

ドリッピー 浮き姿勢
ワーム素材ですがボディ形状はしっかりとフロッグです。全長48mmとやや小ぶりで、コンパクトフロッグというイメージですね。

中空ボディ

ドッリッピー 中空ボディ
中空ボディのため、極めてソフト。残念ながらテスト釣行でバスを掛けることはできなかったのですが、これならフッキングも良さそうな印象を受けました。

ikahime
普通のフロッグと比べると、圧倒的に柔らかいですね。

耐久性は?

ドリッピー フックセッティング
単価が少しお高めのワームなので、気になるのは耐久性。柔軟性の高いハリのあるワーム素材ですので、少なくともキャストで身切れするようなことはありませんでした。

ikahime
ただしフックのクランク部分が刺さる箇所はさほど肉厚な設計というわけではないので、ヒットすると裂けてしまう可能性はあると思います。

アクション

タダ巻き



タダ巻きではチョロチョロと飛沫を発生させます。

通常のフロッグは基本的にトゥイッチさせて首振りさせなくてはいけないのですが、タダ巻きでも誘えるのがドリッピーの魅力。

トゥイッチ



トゥイッチするとしっかり首振りし、フロッグライクに使えるのも素晴らしいですね。

ただしめちゃくちゃ簡単に首振りしてくれる訳ではなく、ある程度の技量が要求されます。

ikahime
ドリッピーで首振りを練習して、その後本格的なフロッグに挑戦するのもアリだと思いました。

フロッグの敷居を下げてくれるドリッピー

ドリッピー
上級者向けであるフロッグの釣り。その敷居をグッと下げてくれる、という意味で非常に意義のあるルアーだと感じました。

ワームだと考えると少し単価は高めですが、様々な付属品も付いていますのでまずまず妥当なお値段かと思います。

ikahime
初めてフロッグをやってみたいけど専用タックルは持っていない、そんなアングラーにぜひ使ってみてほしい仕上がりです。以上、ikahimeでした。

撮影・文:ikahime

ライタープロフィール

ikahime
「バス釣り情報発信サイトikahime(イカヒメ)」を運営するikahimeです。ザ・アマチュアアングラー目線で、釣行記や製品レビュー等を書いています。リールカスタム、レンタルボートが大好き。バスはあまり釣れない、いわゆる「道具バサー」。

 


ライター記事一覧はこちら

関連記事

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
ikahime

バス釣りブロガー。小学生のころにグランダー武蔵やミラクルジムの釣りに影響を受け、バス釣りをはじめた世代。 関東一円のリザーバーでレンタルボートスタイルをメインとしています。