回遊魚について知りたい!止まると死ぬ・眠らないは嘘?

回遊魚。それは一体どんな魚を指す言葉なのでしょうか?今回は回遊魚の種類や、「止まると死んでしまう・眠らない」といった気になる噂について、詳しく解説します!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

回遊魚とは

マグロ
出典:PIXTA
回遊魚(かいゆうぎょ)とは文字通り海の中を泳ぎ回って暮らしている魚を指す総称です。どの種も、むやみやたらに泳ぎ回っているのではなく、適した水温や餌、産卵場など求めて移動しており、その行動範囲や移動経路には一定の法則があると言われています。

回遊魚は止まると死ぬ……訳ではない!

マグロ
出典:PIXTA
回遊魚は止まると死んでしまうと思われている方もいるかと思いますが、「泳ぎを止めると死ぬ魚」=「回遊魚」ではありません。

止まると死んでしまう魚としては、マグロやカツオが有名ですが、それらは自らエラブタを動かす事が出来ないため、泳いでエラの中に酸素を取り込んでいます。その為、エラを動かせるタイプの回遊魚(マアジや太刀魚など)は、泳ぎを止めても死ぬ事はないのです。

回遊魚は眠らない……訳ではない!


出典:PIXTA
回遊魚の睡眠ですが、エラを動かせる種は、静止して休憩したり、眠る事が可能です。マグロやカツオなどは、右脳と左脳を交互に眠らせる事ができ、眠る際は低速で泳ぎながら睡眠をとってると言われます。

泳ぎ続けて大変だ、と感じる方もいるかも知れませんが、彼らは生まれてからずっと泳ぎ続けており、それが当然の事です。我々人間が息をする事を苦に思わないように、マグロにとっても泳ぐ事はなんら苦ではないのかもしれません。

回遊魚の種類

うなぎ
出典:wikipedia
回遊魚にはイワシ・サバ・サンマ・カツオ・アジなどが代表されますが、サケ・シシャモ・ウナギなど、産卵の為に、海水と淡水をまたがって移動するものも、回遊魚の一種です。

回遊魚の釣り方

fishing_tips_06
出典:シマノ
回遊魚はプランクトンや小魚を捕食していますので、メタルジグジグサビキといったルアーを用いた釣りや、遠投カゴといった餌での釣法で狙う事ができます。群れに当たれば数釣りも可能ですが、釣り場に着いたら、ただ闇雲にルアーや仕掛けを投じるのではなく、以下のポイントを意識して攻めてみましょう。

外洋に面している

堤防
ポイントは漁港であれば外洋に面してる方面、堤防であれば、潮通しのよい先端付近が良いでしょう。湾外から潮流が入っている漁港であれば湾内にも回遊してくる可能性はあります。

餌となるベイトがいる

ベイトの群れ
出典:PIXTA
回遊魚はプランクトンや小魚を求めて回遊してきますので、小魚の有無でポイントのポテンシャルを図る事が出来ます。仮に小魚が目視できなくても、周りの釣果を確認したり、連日、小物釣りで賑わうような場所であれば、そこに小魚がおり、それらを求めて大型魚が回遊してくる可能性は高いと言えます。

潮目がある・潮目にキャストが届く

潮目
出典:PIXTA
潮目とは、様々な潮の流れや海の生き物が集まる、いわば「交差点」のような場所。その潮目がくっきりと見える場所は回遊魚が回ってくる可能性が非常に高いポイントです。潮目は移動をするので、仮に今キャストが届かなくても、30分後には届く位置にくる場合もあるので、海を注意深く観察していましょう。


回遊魚の釣りは情報が命

キャスト
回遊魚は餌を求めて常に移動しており、その通り道や、岸に接岸してくるタイミングを自力で探すのは大変な労力と時間がかかります。まずは狙う魚種を決め、地元の釣具店などで事前に情報を入手し、回遊魚が接岸してくる時期・時間帯の実績を調べておき、ある程度のアタリをつけてポイントへ出向きましょう!

Information is important for migratory fish

回遊魚は情報が命

回遊魚
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海釣りから川釣りまで幅広く釣りを愛す。釣りセットを持って全国を回るのが趣味。最近は自分で釣った魚を食べるために料理も研究中。自然と触れ合いながらフレッシュな記事を目指して執筆中。

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!