冷蔵庫でも作れる! 簡単な干物の作り方の手順・コツとは?

2020/08/03 更新

日本の魚の食べ方として大定番の干物。じつは魚さえ捌ければ簡単に作る事ができます。干物作りのポイントとなる塩分濃度や干し時間の決め方などの手順とコツ、さらに冷蔵庫での干物の作り方をご紹介します。(小林)


手軽に干物作りを楽しみましょう!

干物
魚がたくさん釣れると、ついつい干物にしてしまうTSURI HACKライターの小林です。

釣りをしているとアジやサバ、カマスなど、運良く大漁に恵まれることがあります。そんなときは干物にしておくととっても便利です。

小林
今回はそんな美味しい『干物』の作り方をご紹介してみたいと思います。

なぜ干物にするの?

干物 グリル 「わざわざ干物にする必要があるのか?」と思われる方も多いかもしれません。なぜなら僕自身がそうだったからです(笑)

しかし、一度干物を作ってみたら納得。味もこんなに違うんだと身を持って感じました。まずはボクが干物にハマった理由をお伝えしていきましょう。

おすすめポイント①:旨味が凝縮する

干物 グリル 干物は旨味が凝縮するため、その魚の一番良い旨味を感じることができます。魚は釣ってすぐだと水分を多く含んでいるため、その時点では旨味が凝縮されていません。

干物にする過程で水分を意図的に飛ばしてやることで、旨味だけを残すことが可能なのです。

なので、サバの干物であればサバ本来の旨味、タイの干物ならタイの本来の旨味を存分に感じることができます。

小林
釣りたての魚の塩焼きもホクホクとして美味しいのですが、「シンプルに身の旨味」という点ではが干物のほうが上、というのが個人的な感想です!

おすすめポイント②:保存がきく

干物 ラップ 2つ目は保存期間の観点からです。カマスなど、運良く大漁に恵まれたら必ず干物にして冷凍。小出しに消費していきます。

魚に限らず、腐敗の進行を早まらせる大きな原因のひとつは水分です。干物はその水分を限りなく飛ばすことで完成するため、なにもしないよりも腐敗しにくくなります。

小林
干物は冷凍しておくことで、焼いたらいつでも食べられる便利な食材。保存環境や水分の抜け具合よっても変わってきますが、冷蔵であれば一週間以内には食べておきたい所ですね。

おすすめポイント③:カンタンに作れる

干物 塩漬け その工程は下で詳しく説明していきますが、魚を開いて塩水につけて、後は干すだけ

たったそれだけの工程で、旨味が凝縮された保存食が出来上がる……干物はもうメリットしかありません。

それでは干物の作り方をご紹介していきます!

 
>>Next Page:干物の作り方(干し網&冷蔵庫)

干物の作り方【干し網編】

タイ サバ 先ずはお手頃な魚を用意しましょう。アジ、サバ、カマスが定番ですが、お手頃なサイズの魚ならなんでも干物にできると思っていいでしょう。

その時釣れた魚、頂いた魚で試してみるのもいいですね。今回は小型の真鯛と、良型のサバを干物にしていきたいと思います。

▼魚を捌く際に必要なアイテムを紹介している記事です。


手順①:ウロコ・内蔵を綺麗に取る

ウロコ取り ウロコのある魚であれば、最初にウロコを取っていきましょう。ウロコ取りがあると便利なため、持っておくと良いです。

魚 内臓
ウロコが取れたらお腹を開いて内臓も処理しましょう。(サバはウロコがないので、内臓だけを取っていきます。また少しサイズが大きかったため、頭を落としました)

この時、出来る限り血合いなどが残らないようにキレイにしておくのがコツ。

ササラ 血合い
小林
ただし、洗い過ぎも魚の旨味が逃げていく原因なので、ほどほどにしておきましょう。血合いを洗う際は「ササラ」があると便利ですよ。

ITEM
早川工業 ササラ
サイズ:全長190mm
重量:約30g

手順②:開く

魚 開き
三枚おろしのように「身を残さないように……」とシビアになる必要はありません。写真のように、骨に沿わせるように開きます。

魚 開き 真鯛は尾頭付きなので、頭も半分に割ります。こうしたほうが見た目も美味しそうなんです。

手順③:塩水に漬け込む

塩水
干物作りにおいて塩による味付けは重要な工程です。10〜15%くらいの塩水に付けるか、直接魚の表・裏にふり塩をします。

塩分の量や濃度は魚の、大きさ・身質・身の厚さ・脂の刺し具合によって変わり、大きいものほど濃度を高くし、漬け込む時間を長くしましょう。

小林
淡白な白身魚や、サイズの小さな魚は10パーセント以下の薄めの塩分でも問題ありません。ふり塩をする場合はうっすらと。振りすぎに注意。どちらも30分~1時間ほど経ったら水で軽く洗い、キッチンペーパー等で水気を取ってください。

みりん
僕は隠し味として少しだけみりんを入れます。みりんの甘さが、塩辛さをほどよく和らげてくれますよ。

手順④:干し網で干す

干物 水気
塩水に漬け込み終わったら、いよいよ干す作業です。干す前にしっかりと水分を拭いておきましょう。

乾燥した季節であれば、そこまでシビアに水分を取っておく必要はありません。※湿気が多い季節だと腐る場合もあります。注意しましょう。

干し網 干す場所は直射日光が当たらず風通しのいい場所が適しています。

日が当たりすぎて身の温度が上がりすぎたり、風が無く乾燥に時間がかかると干物が痛む事もあるため、その場合は日陰になる場所に干して扇風機等で風を送るのも有効です。

小林
干し時間は夏場なら3時間~6時間、冬なら5時間~1日が目安。気温や湿度・風のある無しで前後します。基本となる干しあがりの一つの目安は、「身を指で押して指紋が微かに残る程度」です。


ITEM
パール金属 ひもの干し網 3段 300×200
サイズ:使用時(約) 幅300×奥行200×高さ400mm

手順⑤:完成!

干物 干すこと数時間。完成です!

ちょっと見た目が悪くなってしまいました……というのもコレを干した時のタイミングがまさに「湿気が多く暑い季節」にあたってしまいまして。

室内で干し網に扇風機をあてるなどして、乾燥するような環境を作り、なんとか完成させることができました。

干物 焼き上がり
焼いてしまえばこの通り。美味そうなサバの干物です。

干物の作り方【冷蔵庫編】

干物 冷蔵庫 天気が優れない、暑いし湿気が多い……そんな時には冷蔵庫を使って干物を作ることも可能です。干し網を持っていなくても大丈夫ですね。

水気を取った魚をお皿に乗せ、冷蔵庫に入れるだけです。後は様子を見て裏返したり、お皿の水気を取ってあげましょう。

味も見た目も遜色ない!

干物 冷蔵庫 数時間冷蔵庫で干したら完成です。

冷蔵庫内の環境によって干す時間は長くなります。やっぱり外で干し網で干すよりも、時間はどうしてもかかる印象ですね。

干物 冷蔵庫
グリルでこんがりと焼けば……どうです? 美味しそうじゃありませんか? 旨味もしっかりと凝縮していますし、程よい“ホクホク感”もあります。

また隠し味のみりんも相まって、これがなんとも言えない美味しさなのです。

自分で作る楽しさを是非!

干物 焼き上がり ということで今回は干物の作り方をご紹介してみました。

いくつかポイントはあるものの、非常に簡単に出来て美味しく保存もききます。魚釣りをする人は、ぜひ覚えておきたい技のひとつですね。

また、様々な釣れた魚を干物にすることで、魚の美味しさの違いを楽しむこともできますよ。

小林
釣り人のみなさんも、沢山魚が釣れた際には是非チャレンジしてみてくださいね。

撮影・文:DAISUKE KOBAYASHI

ライタープロフィール

小林大介
愛知県出身徳島県在住。映像クリエイター、フォトグラファーとして地方の限界集落で活動中。山の猟師でもあり、デジタルとアナログの両極端な生活を楽しんでいます。

海、川、ルアー、エサ釣りと限らず、楽しく美味しい釣りはなんでもトライするのが信条です。

ライター記事一覧はこちら

関連記事


紹介されたアイテム

早川工業 ササラ
サイトを見る
パール金属 ひもの干し網 3段 300×…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
DAISUKE KOBAYASHI

愛知県出身徳島県在住。映像クリエイター、フォトグラファーとして地方の限界集落で活動中。山の猟師でもあり、デジタルとアナログの両極端な生活を楽しんでいます。TSURI HACKではクリエイターならでは視点で皆様に情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!