【船長の東京湾レポートVol.3】今年は長すぎる梅雨!しかし海の中は案外好活性!?

2020/08/01 更新

横浜市の新山下から出船している遊漁船「アイランドクルーズ」の船長が東京湾の釣果状況をレポートします。今年は非常に長い梅雨が続いていますが、7月の東京湾ボートゲームの釣況をお伝えします!


夏のシーバスはカタクチイワシを攻略


夏のシーバスのメインベイトはカタクチイワシです。このカタクチイワシは非常に動きが早く、シーバスは何かに追い込んで捕食をしようとすることがほとんどです。

ストラクチャー周りならストラクチャーに追い込んで捕食。ストラクチャーがない場所ではボトム、もしくは水面というように何かに追い込んで捕食しようとします。

ですのでストラクチャー周り以外では、釣れるレンジが非常に浅いか、逆に深いかと二極化することが多いのが夏のシーバスの特徴です。

おすすめのルアー

夏の朝と言えばトップウォーター! 朝マヅメはシーバスの活性が高く、水面にベイトを追い込んで捕食しています。そんな時はトップウォーターの出番です。トップに出きらないときはミノーにチェンジします。

いずれのルアーの場合でも、アクションは早めを心がけてください。ルアーよりも小さいイワシを追いかけていることがほとんどで、ルアーの動きが遅いと、見切られてしまってシーバスがルアーに食いつきません。深場ではシーバスのレンジが浅くても深くてもメタルジグが有効な場合も夏は多いです。

ITEM
ハイドアップ HUミノー111S
全長:111mm
自重:18.5g


ITEM
アルファタックル キャスジグ40g
全長:68mm 
自重:40g


 

今年も来るか!? 東京湾サワラ!!


東京湾の夏と言えばサワラの回遊が近年は定番になってきました。中でも昨年は大フィーバー! 否が応でも今年のサワラに期待がかかります。

7月末現在でいえば、サワラは東京湾の中に入ってきてはいるものの、安定して釣れ続くほど大規模な群れはまだ発見できていません。

昨年も8月になってから大きな群れが入ってきたので今後の動向に期待したいところです。

おすすめルアー

サワラ釣りに欠かせないルアーはミノー! 基本的には2種類のミノーを使い分けます。一つはナブラ撃ちに使うヘビーシンキングミノーです。

もう一つは誘い出し的に使うジャーキングが得意なミノーです。ヘビーシンキングミノーは船が近づくと沈んでしまう遠くのナブラを狙い撃つためのもので、ジャーキング対応のミノーは広いエリアでサワラの跳ねが見えるときに、誘い出し的にジャークしまくってサワラを誘います。

ITEM
ダイワ サゴシーZ95HS
全長:95mm 
自重:28g

そろそろ開幕! バチコンアジング!


夏はアジも高活性! とくにストラクチャー周りに付くことが多くなってくる夏のアジは、バチコンやショットガンアジングでお土産釣りを楽しむことができる最高のシーズンです。メインの釣り物にしてもリレーで組み合わせても良いと思います。

おすすめルアー

バチコンアジングでは、ジグ単などで夜楽しむアジングと同じワームを使用します。ただ尺越えのアジの回遊も珍しくない時期ですので、少し大きめのワームまで用意しておくといいと思います。

潮色によって反応するカラーはまちまちですが、カラーはクリア系が対応範囲が広く使いやすいです。

ITEM
デュオ テトラワークス ピピン
サイズ:45mm


ITEM
デュオ バーニー
サイズ:42mm

今年は好調東京湾マゴチ


“照りゴチ”と呼ばれるマゴチのハイシーズンとされる夏ですが、それはじつはエサ釣りの話。

ルアーで釣るには、じつは簡単とは言えないシーズンが夏です。例年はスローにアクションさせて、じっくり狙うのが夏のマゴチですが、今年はマゴチの当たり年と言っていいほどマゴチの調子が良い年。

この好調ぶりなら春や秋のように、スイミングの釣りでアグレッシブに攻めて釣ることができそうですよ。

おすすめルアー

夏は3~3.5inの少し小さめのルアーがおすすめです。夏は2m以浅の浅場に入ってくることも多いので、ジグヘッドは15g程度の軽い物から、5~10mくらいを攻める為の30g程度のものまで幅広く用意しましょう。ルアーのカラーは赤やオレンジ系統の暖色系のカラーがおすすめです。

ITEM
マドネスジャパン バクリーヘッド 14g


ITEM
ハイドアップ スタッガーオリジナル 3.5インチ

夏の東京湾は釣り物がいっぱい!


今回紹介したシーバス・サワラ・アジ・マゴチの他にも夏の東京湾は狙えるターゲットがいっぱいです。

昨年大フィーバーだったマダコをはじめ、カタクチイワシについて入ってくるサバやイナダなどの青物、夏の風物詩である浅場のタチウオジギングなど、多くのターゲットで夏は賑わいを見せます。

タコやアジなどは釣りが初心者の方にも簡単な釣り物です。夏は東京湾に是非遊びに来てください!
画像提供:アイランドクルーズ船長 須江一樹

筆者の紹介


須江一樹

横浜市新山下から出船するシーバスガイド&チャーターボート「アイランドクルーズ」の船長として、日夜東京湾の魚を追いかけている。

サポートメーカーは、テイルウォーク、ハイドアップ、テトラワークス、イチカワフィッシング。趣味は淡水の釣り。

アイランドクルーズ HP

関連記事


紹介されたアイテム

ハイドアップ HUミノー111S
アルファタックル キャスジグ40g
ダイワ サゴシーZ95HS
デュオ テトラワークス ピピン
デュオ バーニー
マドネスジャパン バクリーヘッド 14g
ハイドアップ スタッガーオリジナル 3.…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

    アイランドクルーズ船長 須江一樹
    アイランドクルーズ船長 須江一樹

    海なし県出身横浜市在住。ハマっこを言い張る1985年生まれ。横浜アイランドクルーズに船長として所属し、シーバス、マゴチ、ヒラメ、クロダイ、メバル、アジ、タイなど東京湾で釣れるあらゆるターゲットを追い日夜出船しています。趣味は淡水の釣りです。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!