レゼルブ(DSTYLE)をインプレ!イージーにバスを連れてくるマイクロ羽根モノの“凄み”

2020/07/31 更新

DSTYLE(ディスタイル)のレゼルブを実釣インプレ!瀕死のベイトフィッシュをイミテートする横たわりシルエットや、ポコポコパチパチと発生する飛沫がバスを狂わせる小型の羽根モノプラグです。ワカサギなどの小型ベイトフィッシュを偏食しているフィールドではマジで強い!!!「食わせの羽根モノ」の凄さの秘密を探っていきます。


記事内画像撮影:ikahime

レゼルブ(DSTYLE)をインプレ

レゼルブ
こんにちは、ikahimeです。小型の羽根モノルアーであるDSTYLE(ディスタイル)のレゼルブについて実釣を交えてインプレしていきます。

発売は2017年のレゼルブ。3年ほど経った現在、「めっちゃ釣れる!」と言う評価を耳にすることが多く、小型の羽根モノルアーの代表格ではないでしょうか。

発売当時、DSTYLE×ジャッカルコラボの第1弾ルアーとしてリリースされ、青木大介氏の人気からしばらく品薄傾向が続いていたことを思い出します。

レゼルブ
さらに派生モデルの小さな「レゼルブJr」が発売され、今後は大きな「レゼルブビッグ」の発売も予定されています。記事執筆段階でビッグはまだリリース前でしたので、とりあえず手持ちの「レゼルブ」と「レゼルブJr」を持ってフィールドに繰り出してみました。

ikahime
ベイトフィッシュシルエットの小型羽根モノはありそうで無かったですよね。めちゃくちゃ泳ぎが良く、使い込みたいルアーの一つです!

SPEC

レゼルブ

Length70.0mm
Weight5g
TypeFloating
Color8
HookHAYABUSA社製 FINAフック

レゼルブJr

Length48.0mm
Weight2.3g
TypeFloating
Color11
HookHAYABUSA社 瞬貫トレブル#10

レゼルブの特徴

軟質素材の羽パーツ

レゼルブ
軟質プラスチック製の羽パーツ。優しい波動や音を発生します。金属製の羽の様な微調整が必要なくて楽ですね。また、柔らかいのでフッキング時に邪魔になりません。

ikahime
一見無機質に見えますが、水の中に入ると不思議とベイトフィッシュの様に見えて、艶かしい質感になります。


レゼルブの羽のシール
また、羽の先端には目のシールが貼り付けられており、ボディと合わせて「水面で戯れるベイトフィッシュの群れ」を演出してくれます。羽根モノルアーにバイトしてくる理由として「威嚇説」と「食性説」がありますが、レゼルブは後者を狙っている、ということだと思います。

細身のシルエット


ベイトフィッシュライクな細長シルエット。目が上下に付いていて横たわって浮くのが面白いですよね。弱って泳力を失ったベイトフィッシュを演出します。

フックはフロントのみ

レゼルブのフック
フックはフロントにトレブルフックが1つ。高品質なHAYABUSA社製FINAフック採用。フッ素系コーティングが施され、抜群のフッキング性能です。

ikahime
テールフックが無いおかげで、岸際ギリギリに着水させた時に岸のモノに引っかかりにくいメリットもあります。

テールは黒いメルティヘア

レゼルブのフェザー
テールは黒いメルティヘア素材。水面で止めた時にもフワフワすることで誘ってくれます。また、近づいてきたバスのバイトを誘発する効果もあると思います。

ウェイトは固定重心

レゼルブのウェイト
ウェイトは固定重心タイプでフックの少し後ろにウェイトボールが仕込まれています。やや後方に搭載されることで十分な飛距離を生み出しています。

 
次項:レゼルブを使って感じた魅力

レゼルブを使って感じた魅力

まさに瀕死のベイトフィッシュ

レゼルブ
細身のシルエットと、浮き姿勢が水平なので「水面で瀕死のベイトフィッシュ」っぽいことが強みです。特にワカサギを偏食している様なフィールドでは、ただ浮かせておくだけでも集魚力がありますね。公式の説明で「数匹のベイトフィッシュが絡み合う」イメージ、とありますが巻いた時はまさにそんなイメージです。

虫パターンも再現

レゼルブjrで虫パターン
全体のシルエットが小さいので、虫パターン的に使用できるのも強みです。特にJrについてはその傾向が強いですね。その際は必ずしも巻く必要はなく、トゥイッチなどで水面上をもがく虫をイメージしてみてください。また、トレブルフックがフロントのみですので、少し込み入ったカバーや浮いた木の奥などを狙えるのも虫ルアーっぽいですね。

ブルーギルの捕食音


泳がせてみると軟質素材の羽が良く水を噛んで、ポコポコと水泡を発生してくれます。また、その時の音がブルーギルが水面で捕食するときのパチパチとした音に少し似ているように感じました。(ブルーギルに限らず小型のベイトフィッシュも発生する音)

人間が聞いてもいい音ですし、もちろんバスが聞いても美味しそうな音なのは、間違い無いでしょう。

ikahime
バスに聞いた訳では無いのですが…めっちゃいい音ですよ!

レゼルブのここが惜しい

羽根の目が取れてしまう


使い込むうちに羽根の目が取れてしまいました。少し強度が弱い気がします。無くても釣れますが、気持ち的にシールで補修しておきたいですね。

対応リトリーブスピードは狭い

対応するリトリーブスピードはそこまで幅広くないため、巻きスピードの調整による誘い方の変化はつけにくい様に思います。(軽量なため早巻きすると水面から飛び出し破綻する。)ただし一番いい音が出る巻きスピードでかなり食わせ能力が高いのでそれほど問題ではないです。Jrは軽量なためさらに対応リトリーブスピードは狭めです。

アピール力は弱い

アピール力は弱めです。水深のある垂直岩盤エリアなどで使う際は少し物足りないですね。どちらかといえばシャローエリアでの使用が有効です。

レゼルブのタックル〜ロッドは柔らかめがおすすめ〜

レゼルブのタックル
UL〜Lクラスの柔らかいロッドで、引っ張りすぎずにゆっくり巻きすることが大切です。あまり強い力で引っ張ってしまうと、ルアーが本来持っている泳ぎの性能をスポイルしてしまうからです。

私はレジットデザインのWSS 61ULで投げました。ラインはフロロカーボン4lbです。自重が5gあるのでフロロカーボンでも十分な飛距離が出ます。ただしjrの方は3gと非常に軽量ですので、PEラインで飛距離を稼いでも良いですね。

レゼルブJrについて

レゼルブjrとのサイズ比較
一回り小さい「レゼルブJr」もあります。基本的な構造はほぼ一緒で、レゼルブの良さをほぼそのまま活かしダウンサイジングしたモデルですね。

レゼルブjr
羽根の「目のシール」が無いのが大きな違いです。

レゼルブjr
小さく軽いため、オリジナルサイズと比べてよりせわしなく、ハイピッチに動きます。2.3gと非常に軽量ですがULクラスのスピニングであれば全く問題なく使用できました。より扱いやすくするためにPEラインで使用しても良いですね。

羽根モノ入門にもおすすめ

レゼルブjr
羽根モノルアーを使ってみたいけど、フルサイズは抵抗があるというユーザーの要求に答えてくれるルアーだと思います。虫系っぽいライトな使い方で比較的イージーにバスを連れてきてくれるからです。まだお使いになられていない場合、ぜひ試してみてくださいね。

ITEM
DSTYLE RESERVE
Length70.0mm
Weight5g
Type Floating


ITEM
DSTYLE RESERVE Jr
サイズ:48mm
ウエイト:2.3g

関連記事


紹介されたアイテム

DSTYLE RESERVE
DSTYLE RESERVE Jr
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
ikahime
ikahime

バス釣りブロガー。小学生のころにグランダー武蔵やミラクルジムの釣りに影響を受け、バス釣りをはじめた世代。 関東一円のリザーバーでレンタルボートスタイルをメインとしています。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!