アイクル船長もハマる!日中も釣れるボートアジングが面白い!

2020/09/03 更新

近年人気急上昇中なボートアジング。オカッパリ同様のジグ単に、ディープを狙うバチコンといった釣り方で数やサイズを狙えます。さらにパターンにはめるゲーム性もあり楽しみ方は様々!今回はアイランドクルーズ船長がボートアジングのタックルから狙い方まで解説していきます。


釣って楽しい、食べておいしいアジがいっぱい釣れるボートアジング!

ボートアジングで釣ったアジ
ライトソルトゲームで人気のアジングですが、船から狙う“ボートアジング”が近年人気上昇中です。ボートアジングでは、オカッパリから狙えないようなポイントで釣りができるのはもちろん、オカッパリ定番の時間帯である夜だけでなく、日中の釣りも楽しむことができます。

また、数もサイズもオカッパリとは桁違いに釣れることから、アジングの新たなカテゴリーの一つとして定着しているのがボートアジングです。

ボートアジングのトレンド? デイバチコン

ボートアジングで釣ったアジ バチコン(※逆ダウンショットを用いた仕掛けで、反応にバーチカルにコンタクトする釣法)で日中のアジを狙う“デイバチコン”が、最近のボートアジングでは人気です。

またボートアジングと言ってもスタイルは様々で、ガイド船のように小型船で釣りをするスタイルと、乗合などの大型船のスタイルでは釣りがまったく違います。

小型船では、おもにラン&ガンしてストラクチャー際に群れているアジを狙います。大型船では、エサ釣りの方と同船して、コマセに集まったアジをワームで狙います。

いずれの釣りも日中に楽しむことのできるアジングで、しかも底まで落としてアクションさせればお子様でも女性でも楽しむことができる釣りなので、ファミリーフィッシングにもピッタリです。

ボートアジングのシーズン

ボートアジングで釣ったアジ
ボートアジングでは日夜問わず、通年アジを狙う事ができます。その中でもハイシーズンとされるのは秋シーズンです。数はもちろん、アジのサイズが他のシーズンより大きいことが特徴で、30センチを超える尺アジだけでなく、時には40センチオーバーを釣ることができます。

ただ、アジングの魅力はサイズでも数でもなく、高いゲーム性です。春の豆アジの繊細なアタリを掛けていく楽しみ方もありますので、様々な楽しみ方で一年中楽しめることがボートアジングの魅力です。

ボートアジングのタックル

ボートアジングで釣ったアジ
ボートアジングでは、ジグヘッド単体で釣りをする“ジグ単”の釣りと、逆ダウンショットやキャロライナリグなどを用いる“バチコン”と呼ばれる2つの釣りで釣りを行います。

アジの繊細なアタリを取る感度と、ルアーの操作性が求められるボートアジングでは、絶対的にアジング専用タックルが有利になってきますので、安価な物でも良いので専用タックルを用意しましょう。

ロッド

ロッドは5フィート台後半~6フィート台前半の長さで、パワーはUL~Lクラスのロッドを使用します。ジグ単の釣りではオカッパリで使用するロッドと、ボート用でロッドの違いはありません。

バチコンの釣りについてもバチコン向けの6フィート後半のロッドがありますが、潮流れのきつくない30m以浅の場所であればジグ単のロッドでも対応できます。

ITEM
テイルウォーク アジストSSD 55
全長:5.5ft
自重:60g
継数:2本
仕舞寸法:85cm
ルアー重量:3gMAX

ITEM
テイルウォーク アジストTZ 64/SL
全長:6.4ft
自重:76g
継数:1本
仕舞寸法:193cm
ルアー重量:5gMAX

リール

1000~2000番クラスのなるべく軽量なリールがアジングにはおすすめです。アジングロッドは非常に軽量化が進んでおり、重いリールではバランスが取れず、操作感が損なわれ、アジの繊細なアタリも取りづらくなってしまいます。

また、ライトラインを使用する釣りですが、アジの引きは大きさの割には強力です。その為、ドラグ性能の高いリールでないと、ラインブレイクの危険性が高くなってしまう為、ドラグ性能の高いリールをセレクトしましょう。

ITEM
テイルウォーク スピーキー2000HGX
ギア比:5.2:1
自重:210g
最大ドラグ力:7kg
巻取り長さ:68cm   

ライン

ジグ単とバチコンで大きく使用するラインは変わってきます。まずジグ単では、メインラインにエステルの0.2~0.3号、リーダーにフロロの4ポンドほどを使用します。

バチコンではPEラインの0.3号とリーダーにフロロの8ポンド、逆ダン仕掛けならフロロの4ポンドを捨て糸に使用します。

いずれのラインも感度最優先のラインを使用し、アジの触るようなアタリや抜けるようなアタリなど、わかりにくいアタリを感じることができるラインセッティングにしましょう。

ITEM
VARIVAS アジングマスター エステル レッドアイ 0.25号

ITEM
POWER EYE PeeWee WX4 イエロー 150m 0.3号


>>次ページではジグ単&バチコンでの狙い方を解説

ボートアジングのリグ

ボートアジングではジグヘッドリグで釣るジグ単と呼ばれる釣法と、逆ダウンショットやキャロライナリグを用いて行うバチコンの二つのリグを駆使してアジを狙います。使うワームについての差はありませんが、仕掛けがまったく違う釣りですので、それぞれご紹介したいと思います。

ジグ単

ボートアジング ジグ単タックル
画像製作:TSURI HACK編集部
ジグヘッドにワームを指すだけの非常にシンプルなリグがジグ単です。アジの捕食するレンジが10メートル以浅のレンジが浅い場面で活躍するリグですが、玄人になればなるほど、深場もジグ単で攻略するようになります。

ダイレクトな操作感とアタリを掛けていく楽しさが魅力のジグ単は、アジを釣るという目的と同時に、アジングを楽しむためのリグでもあります。

キャスティングしてから目的のレンジまでルアーを沈めて、ゆっくりリトリーブや、テンションフォール、ちょんちょんとアクションさせるなどのアクションでアジを誘います。ボートでは1.5~3グラム程度の重さのジグヘッドを多用します。

バチコン

ボートアジング_バチコンタックル
画像製作:TSURI HACK編集部
バチコンはバーチカルコンタクトの略で、キャスティングせず足元で底まで落として使用するリグです。逆ダウンショット、通称逆ダンで行うことがほとんどで、メインラインにリーダーを結束、その先にジグヘッドもしくはフックを取り付けて、その25センチくらい手前にハーフヒッチ10回くらいで1.5mくらいの捨て糸をセットします。

捨て糸にナス型オモリ8号程度(30グラムくらい)をセットして完成です。バチコンの魅力は、重いオモリを使用するので深場のアジを攻めるのが非常に容易になることです。

また、キャスティングしないので、風などの状況に左右されづらく、使い方は底まで落としてシェイク、リフト&フォール、リトリーブなどのアクションでアジを誘います。

ボートアジングのルアー

ボートアジングで釣ったアジ
ボートアジングでは、1~3インチ程度のワームを使用します。活性や、アジのサイズでワームの形状や大きさをセレクトしていくのですが、ジグ単とバチコンで使うワームに違いはありません。

日中でも夜間でも、カラーは非常に重要で、アタリカラーを持っていないとまったく反応が得られないなんてこともありますので、ワームのタイプもカラーも複数用意しておくと安心です。

もし1タイプだけという事であれば、2インチ程度のストレート系ワームのクリアにグローラメが入ったものが、比較的対応する範囲が広く、初めての方にもおすすめです。


ITEM
ハイドアップ スタッガーワイド 1.2インチ

ITEM
テトラワークス スナイプヘッド L 2.5g

ボートフィッシングの沼、ボートアジング!

ボートアジングで釣ったアジ
テクニカルで繊細な釣りであるアジング。ボートアジングではアジの群れを探して、アジの群れの中で釣りをします。だからと言っていつも入れ食いという訳ではなく、アジの反応するパターンを見つけないとまったく釣れないなんて事もあり、その中でパターンを見つけた時の快感は、格別のものです。

またボートアジングのパターンは再現性が高いので、パターンを見つけると入れ食い、見つけられないと無反応となることも多く、そんなツンデレ感もボートアジングに病みつきになる魅力の一つです。あなたも是非ボートアジングにどっぷりハマってみましょう!
画像提供:アイランドクルーズ船長 須江一樹

筆者の紹介


須江一樹

横浜市新山下から出船するシーバスガイド&チャーターボート「アイランドクルーズ」の船長として、日夜東京湾の魚を追いかけている。

サポートメーカーは、テイルウォーク、ハイドアップ、テトラワークス、イチカワフィッシング。趣味は淡水の釣り。

アイランドクルーズ HP

関連記事


紹介されたアイテム

テイルウォーク アジストSSD 55
テイルウォーク アジストTZ 64/SL
テイルウォーク スピーキー2000HGX
VARIVAS アジングマスター エステ…
POWER EYE PeeWee WX4…
サイトを見る
テトラワークス ピピン 45mm
ハイドアップ スタッガーワイド 1.2イ…
テトラワークス スナイプヘッド L 2.…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
ボートアジング
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

アイランドクルーズ船長 須江一樹

海なし県出身横浜市在住。ハマっこを言い張る1985年生まれ。横浜アイランドクルーズに船長として所属し、シーバス、マゴチ、ヒラメ、クロダイ、メバル、アジ、タイなど東京湾で釣れるあらゆるターゲットを追い日夜出船しています。趣味は淡水の釣りです。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!