紀州釣りって何?釣り方の基本3つを覚えて、チヌを釣りあげろ!

紀州釣りはダンゴエサを使ったチヌ(クロダイ)のウキ釣りです。一見、難しそうに思われる釣りですが、釣り方の基本をしっかりとおさえておけば、大物や数釣りもできる面白い釣りです。今回は紀州釣りの基本やタックルをわかりやすくご紹介します。


アイキャッチ出典:シマノ

紀州釣りとは

tomiai20160316174357 紀州釣りは紀州(和歌山県)で古くからおこなわれているクロダイを狙った釣り。ウキダンゴ釣りとも言われ、ウキ仕掛けを使いダンゴでクロダイを寄せて釣る釣り方です。釣り場はクロダイが生息しているポイントであれば、漁港や堤防からも狙えます。

紀州釣りのタックルと仕掛け

img01
出典:シマノ
磯釣りのタックルでも代用できますが、ここでは紀州釣りに適したタックルと仕掛けをご紹介していきます。

ロッド

ダンゴを投げる釣りになるのでライントラブルは避けたいです。ダンゴをいかに割らずに飛ばすにはトラブルが少ないインナーガイドを搭載したものや紀州釣り専用のロッドやおすすめします!

ITEM
シマノ 鱗海 AX 1-500
全長:4.5m
自重:150g
継数:5本
仕舞寸法:99.0cm
錘負荷:1-3号

廉価版エントリーモデルの磯竿ですが、シマノの最新技術が惜しみなく使われているハイコスパ・ロッドで大満足です。質感も良くカッコいいロッドでした。私のような初心者には一押しです。



ITEM
シマノ 鱗海 SI 1.0-520
全長:5.2m
自重:195g
継数:5本
仕舞寸法:114.7cm
錘負荷:1.5-4号

軽い! なかどうしなのに軽くて操作性がよい。最近は必ず持っていて使用しています。


リール

リールは2500番台から3000番台のコンパクトボディのリールを使います。レバーブレーキはなくてもいいのですが、ラインコントロールが自由にできるレバーブレーキが付いたものをおすすめします。

ITEM
シマノ BB-X デスピナ 2500DXG
ギア比:6.6
自重:260g
最大ドラグ力:8.0kg
巻取り長さ:98cm
ナイロン糸巻量(lb-m):2-170/2.5-150/3-120
PE糸巻量(号-m):1-320/1.2-220/1.5-160

ライン

ラインは基本的に水に浮くフローティングタイプのラインを使用します。強風時など状況によって沈むサスペンドタイプのラインを使う場合があります。

ITEM
ラインシステムライン 紀州釣り フロート 2.5号

ウキ

ウキでアタリを見極める必要がある紀州釣りはウキが命。しっかりと浮力のある棒ウキを使用。

ITEM
遠矢うき T・D45


波が荒い状況時には玉ウキを使用することもあります。

ITEM
遠矢うき T・D18 オレンジ


 

ハリ・ハリス

1ヒロ半のハリスに2号のチヌ針を使用しますが、入門者や初心者の方は市販の紀州釣り仕掛けの使用をおすすめします。

ITEM
ハリミツ 新紀州鈎4本

紀州釣りの餌

tomiai20140318071626 紀州釣りの餌は集魚効果のあるダンゴがポイントに!カセ・イカダ釣りなどダンゴを用いたクロダイ釣りで使われている配合エサを選ぶようにします。食わせの餌はオキアミが基本で状況に応じてコーンやボケなどを使うようにします。

ダンゴ

釣りエサメーカーから販売されている市販の配合エサを使えば簡単にダンゴを準備することが出来ます。

ITEM
マルキュー 大チヌスペシャル


 

食わせ餌

オキアミ 船 画像 食わせ餌はオキアミを始めに使います。状況に応じて、コーン・ボケ・サナギなどに付けかえるので数種類の餌を用意する必要があります。

釣り方その①釣りの前準備

集魚用のダンゴを作ったり、海底のタナを取る、ダンゴの包み方などの紀州釣りで重要な前準備から説明していきます。

まずは集魚用のダンゴ餌の作成から

img02
出典:シマノ
釣り場に着いたら市販の配合エサの説明に従ってダンゴを作成し。ブレンドする場合は1種類から2種類程度にしておきます。

仕掛けのタナ取りを正確に行う

img01
出典:シマノ
仕掛けのタナの取り方としてはダンゴを付けてポイントに投入しウキがかすかに沈むよりも半ヒロから1ヒロ長く設定。タナを取るときには短めにしておき、長くしていく方法がタナを取りやすいです。

食わせ餌をダンゴで包んで準備完了!

img01
出典:シマノ
ダンゴを作り仕掛けのタナ取りが完了したら、食わせ餌を包む工程に。まずオキアミから試し状況に応じて食わせ餌を付け替えます。食わせ餌を包んだらいざ実釣です!

釣り方その②投入~アタリ

img02
出典:シマノ
紀州釣りではポイントに仕掛けを投入することが重要!比較的ポイントが近く無理なくキャストが出来るところを選びます。投入後はウキに集中しアタリを待ちます。

寄せダンゴで魚を釣り場に集める

img01
出典:シマノ
紀州釣りでは寄せダンゴを包んで投入するので事前に寄せダンゴを投入する必要はありません。ダンゴで包んだ食わせ餌を柄杓に乗せスタンバイします。

いよいよ食わせ餌を投入!

紀州釣り・食わせ餌の投入
出典:シマノ
ダンゴを投げる側の手に柄杓を持ち、空いている手に竿を持ちます。ダンゴが手についていたら払ってダンゴで包んだ食わせ餌を投入します。投げる際のポイントは柄杓で投げたら、ラインが出ていくように竿をしゃくります。

ダンゴが割れて、本命が食わせに食いつく!

群がるタイやチヌ
出典:PIXTA
ダンゴで包んだ食わせ餌を投入したらウキを見てダンゴが割れるのを待ちます。ダンゴが割れるときはウキが若干沈むので目を離さないようにしましょう。

釣り方その③アワセ~取り込み

img01
出典:シマノ
最後に仕掛け投入後に本命が食わせ餌に食いついてからのアワセから取り込みの仕方をご紹介!ポイントはウキが消し込むのをじっくりと待って慌てずに取り込みます。

アワセのタイミングは?

img01
出典:シマノ
アワセのタイミングはウキが消し込んだら、間を置きアワセるようにします。タナが合っていないと餌を付け替えようとあげたときに釣れていることもあるのでタナは重要になってきます。

ファイトの仕方とコツ

img01
出典:シマノ
アワセに成功したらクロダイとのファイト!慌てることなく竿を立て、クロダイ足元まで寄せます。

取り込みはあせらず慎重に

チヌを釣り上げる
出典:PIXTA
取り込みは焦らずに慎重に行ってください!足元まで寄せたクロダイを玉網を使って頭から丁寧に取り込みます。

紀州釣りを実践しよう!

img02
出典:シマノ
紀州釣りは様々な釣り場でスリリングなクロダイの引きを楽しめる面白い釣り。集魚力のあるウキダンゴ釣りなので数釣りや大物を狙いもできるので、この機会に紀州釣りを覚えよう!週末は覚えたての紀州釣りをフィールドで実践しよう!

Enjoy Kishu Fishing!

紀州釣りを楽しもう!

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!