有明海のエイリアン!ワラスボを釣って刺身で食べてみた……見た目は不気味だが味は最高!?

2020/03/02 更新

佐賀県の有明海。日本最大の干潟であるこの海には、独特な生態系があります。その中でも見た目のインパクトが凄まじく、有明海のエイリアンと呼ばれるワラスボという魚が存在します。今回はワラスボを釣って刺身で食べてみました。


アイキャッチ画像提供:釣りせんば スン

有明海のエイリアンを狙う!


TSURI HACKをご覧のみなさん、Youtuber釣りせんばのスンです。

僕の地元である佐賀県には、有明海という一風変わった海があります。

日本最大の干潟である有明海。干満の差が激しく、場所によっては6メートルあるとされています。

この特徴的な海には固有種も多く存在し、今回狙うターゲットも有明海にしか生息していないレア生物なんです。

今回のターゲット:ワラスボ


今回狙うのはワラスボという魚です。

最大全長は40センチ。見た目はインパクト大! 細長い体に鋭い牙、退化した目を持っており、別名エイリアンと呼ばれています。

普段は干潟の中に隠れていて、潮が満ちると餌を求めて泳ぎだすそうです。食性は肉食。小魚やゴカイ、貝類など小動物を餌にしています。

佐賀県民でも“生のワラスボ”はレア!


基本的には出汁用の乾物として売られています。佐賀県民ですら、生きているワラスボを見ることは珍しいんです。

主な捕獲方法は“スボかき”と呼ばれる漁法で、一般の入手は難しいと思われましたが……。

普通に釣れるらしい


実はワラスボも普通に釣る事が出来るみたいです!

知らなかった(笑)

ワラスボの釣り方


専門の道具は要らず、一般のキス釣り仕掛けを使用します。エサも青イソメ。


ただ有明海は最初にも説明した通り干満の差が激しい海。

潮の流れが早く、満潮干潮時は重ためのオモリが必須です。


そしてオモリが干潟にハマる事があるのでタックルもシーバスロッド以上の物が理想です。

あとは投げて待つだけ、とっても簡単ですね。

なんとか1尾キャッチ!


この寒い2月でも、ワラスボが顔を出してくれました。


まさにエイリアン。とてもヌルヌルしています。


えげつない歯で噛みつかれますが、全く痛くありません。仔猫の甘噛みのような感じで愛らしいです。

ただ、初見だと絶対に触りたくない魚ですね(笑)

持ち帰り調理してみた!


地元の人に聞くと刺身で食べられるとか!

生のワラスボは非常にレア、と言うことで……

刺身にしていく!


うなぎみたいに目打ちをして捌きます。目が小さすぎて目打ちになってるかは微妙ですね(笑)


身はグロテスクな色をしています。

見た目どおりかもしれませんが、抵抗がある方も多いかもですね。


ざっくり刺身の完成!

実食!


寝起きばっちりのスンです(笑)

早速食べてみます。


食感はシャキシャキ! 脂がのっているとかではなく、魚の味がしっかりしている感じ。

旨味がありこのシャキシャキ感が非常に癖になる印象。

買って食べても損は無いレベルで美味しいです。


ただ見た目に抵抗ある方はやっぱり難しいかもしれませんね(笑)

購入できるそうですよ


というわけで有明海のエイリアン釣って食べてみた! でした。

話によれば福岡県柳川市に生のワラスボを購入できる所があるそうです。

どうしてもという方はそちらで購入するか、頑張って釣るかご検討下さい(笑)
画像提供:釣りせんば スン

乾きものならネットでも入手可能!

ITEM
干しわらすぼ

関連記事


スン君出演の動画


紹介されたアイテム

干しわらすぼ
サイトを見る
この記事の感想を教えてください
よかった! う~ん・・
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

釣りせんば スン

スンです。幼少の頃から父親の影響で釣りに目覚めました。様々なコンテンツで釣りの面白さを伝えて行ければと思っています。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!