4000円前後で購入!ダイワのMR750がチョイ釣りに最適なコンパクトリールだった話

2020/02/09 更新

2019年11月に発売された、ダイワのコンパクトリールMR750。これまでにないサイズ感でお値段も4000円前後で購入可能と、釣り自体をスタートするのにもお手軽な価格帯です。今回はMR750を購入し、実際に使ってみた感想をお届けします。


アイキャッチ画像提供:釣り好きまっちゃん

MR750なるスピニングリールを見つけた


釣り具屋さんのリールコーナーを徘徊していたところ、初めて見るスピニングリールと出会いました。

その名もMR750。入門に最適! 穴釣りにもオススメ! と書いてあります。

何よりも値段をみてビックリ。信頼と安心のダイワブランドなのに4000円前後! というわけで……。


買ってしまいました。

今回はMR750のインプレをお届けします。

まずは観察


手のひらに乗っかる可愛いサイズ。


番手から、500〜1000番の中間に位置するのでしょう。

今までにないちょっと特殊なサイズですね。ちなみにドラグ力は最大3キロ。このサイズにしては、なかなかパワフルです。


糸巻量はナイロン1号が100メートル。

2号で60メートル、3号で30メートルと少なめですが、穴釣りなどのチョイ釣りで考えると十分なキャパシティーです。


ハンドルは45ミリのアルミマシンカットハンドル。

折りたたみ式で持ち運びに便利そうです。

ベアリングはボール4/ローラー1が装備されており、不快なガタつきや振動は感じられません。

軽さに驚き!


リール本体の自重は165グラム!

ものすごく軽量で、子供の手にも馴染みやすそうです。

さっそく使ってみた!


ナイロン2号をセット。穴釣りで使用してみたいと思います。

巻き心地はどうなの?


巻き心地に関しては、可もなく不可もないエントリークラス相応な感覚です。

見た目以上のパワー


開始早々、足元でコツコツアタリが発生。


流石のドラグ力! 根魚のツッコミに負けないパワーファイトで本命のカサゴちゃんをGETです。

大きめのハンドルは握りやすく、かなり扱いやすいですね。


また、穴釣りのみならず、サビキ釣りやライトゲームも十分に使える手ごたえ!

軽くて使い勝手がいいMR750は穴釣り用はもちろんのこと、子供用のタックルとして今後大活躍の予感しかありません。

子供から大人まで楽しめる1台


穴釣りからライトゲームまで楽しめるコンパクトリールMR750は、釣りは好きの遊び心をくすぐる楽しいアイテムです。

しかも実売価格は4,000円前後と確実に性能を超える良コスパ。本当にオススメです。

値段以上の性能です!

ITEM
ダイワ MR 750

関連記事


紹介されたアイテム

ダイワ MR 750
サイトを見る
この記事の感想を教えてください
よかった! う~ん・・
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
釣り好き!まっちゃん
釣り好き!まっちゃん

執筆や動画コンテンツを通じて『釣りの楽しさ』『自然の素晴らしさ』を発信して参ります(^^)

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!