鯛サビキの釣果

余裕で2桁釣果も!? 鯛サビキの仕掛けと釣り方を覚えて高級魚マダイをたくさん釣ろう!

2022/10/20 更新

潮の流れがとても速い地域で生まれた『鯛サビキ』という釣り方。本記事では鯛サビキのタックルや仕掛け、釣り方の手順をご紹介します。最大15メートルにも及ぶ仕掛けで、時には2匹以上マダイが同時にヒットしてきたり、頻繁に2桁釣果を出すこともできるのでぜひチャレンジしてみてください。

目次

アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

鯛サビキとは

鯛サビキの釣果

鯛サビキとは、明石海峡や鳴門海峡など、潮の流れがとても速い地域で誕生したマダイの釣り方です。

特徴的なのはそのサビキ仕掛けの長さ。最大15メートルにも及ぶ仕掛けでマダイの強い引きも数釣りも楽しめるのが大きな魅力です。

今回は鯛サビキのタックルや釣り方についてまとめました。

鯛サビキのタックル

鯛サビキ仕掛け

製作:TSURI HACK編集部

鯛サビキの仕掛けはとても長いですが、ロッドやリールはライトで一般的な船釣りタックルが基本となります。以下でその詳細を見ていきましょう。

ロッド

鯛サビキに適したロッドは2.4~3メートル程度の長さで、調子が6:4程度のものが使いやすいです。しっかり食い込ませて大きなアタリがあってからアワセるのが基本となるので、先調子のものだとアタリを弾いてしまいがちです。

錘負荷は20号からの使用に適したロッドを選んでおきましょう。

ダイワ アナリスター 瀬戸内タイサビキ 270

全長:2.7m
自重:140g
継数:2本
仕舞寸法:140cm
錘負荷:20-60号

シマノ 海春 30-300

全長:3m
自重:165g
継数:2本
仕舞寸法:153.5cm
錘負荷:20-80号

リール

リールはカウンター付きの両軸リールがおすすめ。カウンターがついていると、棚取りや底取りが行いやすくなります。

糸巻量はPE1.5号が150メートル以上巻けるものを選んでみてください。ダイワだと150番、シマノだと300番程度が基準です。

スパルタン MX IC 150H

ギア比:6.3:1
自重:210g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:70cm
PE糸巻量(号-m):2-200/3-130

バルケッタ BB 300PGDH(右)

ギア比:5.8:1
自重:220g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:58cm
PE糸巻量(号-m):1.5-200/2-150/3-100

道糸

道糸は感度に優れたPEラインを使用します。太さは1.5号を基準に、リールには150メートル以上巻いておきましょう。

潮の流れが速いエリアでの釣りとなるため、太すぎるラインだとラインが潮を受けて底取りやアタリが分かりにくくなってしまうので注意しましょう。

デュエル ハードコア X8 マーキングシステム 1.5号

仕掛け

鯛サビキの仕掛けは短いもので4メートル程度、長いものだと15メートル近いものまであります。針の本数も5本から10本程度と様々です。

オモリは水深や潮の流れに合わせて20~60号を使用します。

仕掛けの長さや針の本数、オモリの重さは船宿によって指定されていることがあるので、事前に確認したうえで用意していきましょう。

ハヤブサ 無双真鯛 鱗真鯛サビキ SD834 5本鈎ケイムラフック 8m

鯛サビキの釣り方

鯛サビキの釣果

長い仕掛けを使う鯛サビキは、その釣り方も独特。気を付けないと仕掛けが絡んだり、針が自分に刺してしまったりすることもあります。

ここでは鯛サビキの釣り方をチェックしていきましょう。

投入準備

鯛サビキは投入準備をするところから始まります。

基本的に鯛サビキを行う船にはマグネットシートが取り付けてあります。まずはこのマグネットシートに針を貼り付けておきます。

投入

投入は船長の合図に合わせて行います。投入が遅れると隣の人と仕掛けがオマツリしてしまうので注意が必要です。

投入はまずオモリを海中に落とし、仕掛けを手で滑らせながら針をマグネットシートから1本ずつ外しながら投入していきます。

仕掛け全体を投入したら、リールのクラッチを切ってラインをどんどん送り出していきましょう。

底取り

鯛サビキは底まで沈めてから誘うのが基本。底取りしたらすぐに仕掛けが底を切るように巻き上げます。

ポイントやマダイの棚にもよりますが、5回程度巻き上げておくとよいでしょう。

誘い

誘いはロッドを上下させたり、リールを巻いたりして行います。いずれもゆっくりとサビキが漂うように行うのがコツです。

棚は船長の指示を聞きながら、リールのカウンターを目安にして確認します。

アワセ

鯛サビキのアタリは、小さな前アタリがあってから大きな本アタリが出ることが多いです。

小さな前アタリではサビキの尻尾部分しかマダイがくわえていないので、基本はロッドが大きく曲がるまで誘い続けるのがコツ。

本アタリがあったらマダイの硬い口にしっかり針掛かりするよう、力強くアワセを入れましょう。

やり取り

やり取りはゆっくりが基本。ロッドを大きく煽ったり、リールを速く巻き上げすぎたりするとバラシが多くなるので注意しましょう。

仕掛けのサルカン部分まで巻き上げたら、取り込みに移ります。

取り込み

取り込みの際は仕掛けを手繰り寄せながら、マグネットシートに針を1本ずつ貼り付けながら行います。マダイが浮いてきたらネットで掬って取り込みましょう。

注意点は自分に針が刺さらないように行うこと、また大型のマダイが掛かっている場合は糸で手を切ってしまうことがあるのでグローブをはめておくなどする対策が必要です。

慣れないうちは船長に取り込みを行ってもらうことをおすすめします。

鯛サビキにチャレンジしてみよう!

鯛サビキの釣果

鯛サビキでは同時に2匹、3匹と複数のマダイがヒットしてくることも。タイラバやカゴ釣りとはまた違った魅力が、鯛サビキでのマダイ狙いにはあります。

ぜひ鯛サビキにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事