全国を釣り歩いて実感!“エギングタックル万能説”は本当です

日本全国で陸っぱりをメインに釣りを楽しんでいる私。遠征時、どんなタックルも持っていくか聞かれたら、私は迷わずエギングタックルと答えます!エギングタックルさえあれば、エギングはもちろんのことショアジギ、トップゲームなど様々な釣りを手軽に楽しむことができちゃうんです!

目次

アイキャッチ画像提供:arico

いつでもエギングタックル

北海道から沖縄まで、日本全国で釣りを楽しむ私。

遠征に行くと、さまざまな魚と出会うことができます。

旅の行程を思えば、たくさんの道具は持っていけない。そんな時、わたしが持っていくのが「エギングタックル」なんです!

とにかく“ちょうどいい”

エギングロッドだと、色々なルアーを扱うことができます。

例えばイカを狙っているときに、突然ナブラが発生! なんてことありませんか?

そしてその逆も。ショアジギしてたら見えイカ発見! などなど。そんな時に柔軟に対応できるのがエギングタックルなんです。

そして使うルアーは重くても30グラムくらいなので、なんといっても疲れにくいのです。

メタルジグだけでなく、スプーンやミノー等、軽めのルアーでも比較的キャストがしやすいのもメリット。

また、遠征の時にもエギングタックル1本だけで色々な釣りができるので、持ち運びに困らず気軽に釣りができます。

対応できる場所も多い

宮古島の消波ブロック地帯。

程よいレングスで、手前の根回りを回避することだってできちゃいます。

あまり足場の高すぎる場面では不利ですが、この程度ならバッチリです!

奄美大島のスロープ。

このような小場所でも、取り回しは抜群!

北海道の堤防。

大場所でしたが、飛距離の出しやすいメタルジグを使えばこのとおり!

沖縄本島の河口エリア。

『中場所』といったところでしょうか。

このような場所がベストマッチかもしれません!

1 / 2ページ