初秋の嗜み。【9月】に岸から釣れるおすすめの魚・5選

2019/08/23 更新

9月に楽しめる釣りものをピックアップしました。残暑厳しい日が続きますが、夏から秋の釣りへと徐々に変化する楽しい季節でもあります。岸から狙える魚をチェックしてみましょう!


アイキャッチ画像提供:釣具のポイント

9月に楽しめる5つの釣りもの

ハゼ
提供:TSURI HACK編集部
まだまだ残暑厳しい日が続く9月。夏から秋へと移り変わるこの季節は、釣りものもどんどん変化していきます。

今回は9月に楽しめる5つの釣りものをピックアップ。おすすめの釣り方とともにご紹介します。

マゴチ

マゴチ マゴチは夏が最盛期ですが、9月もまだまだ岸から狙えます。狙い方はワームやメタルジグを使ったルアー釣り、エサ釣りであればぶっこみ釣りがおすすめです。

底が砂地の場所で、エサとなる小魚や甲殻類が多い場所を好む魚。そのため堤防や砂浜、河川の河口部など底が砂地の場所で、できる限り遠投して狙ってみましょう。


アジ

アジ
提供:TSURI HACK編集部
9月になれば、数・大きさともに狙いを絞って釣ることのできるアジ。狙い方はお手軽なサビキ釣りから、サイズアップの望める遠投カゴやルアーを使ったアジングがおすすめです。

タイミングはアジの活性が高まる朝や夕方のマズメ時が良いでしょう。場所は外海に面した堤防や海釣り公園でも楽しむことができます。



 
>>Next Page:まだまだある。9月の釣りもの。

タチウオ

太刀魚 9月はタチウオを岸から狙いやすいハイシーズン。タイミングが合えば短時間で数十匹ヒットしてくることも。

釣り方はキビナゴなどをエサに狙うウキ釣り、メタルジグやワームを使ったルアー釣りで狙うことができます。

岸から日中に狙うことは難しいので、マズメ時や夜釣りが中心に楽しめる魚です。


ハゼ

ハゼ
提供:TSURI HACK編集部
9月になるとその年に生まれたハゼが良型に育ち、岸から手軽に狙えるシーズンです。底が砂地の河口部が狙い目では、浅瀬に居るハゼの姿も確認できます。

延べ竿を使ったウキ釣りや、リール竿を使ったちょい投げ、専用のクランクベイトを使ったハゼクランクと様々な釣り方で狙えます。

満潮前後がチャンスタイムなので、事前に確認しておきましょう。


アオリイカ

アオリイカ
出典:photoAC
春に生まれた新子が大きくなり、数釣りを楽しめるようになるアオリイカ。釣り方は2.5~3号程度の小型のエギを使ったエギングがベターです。

エギのカラーによって反応が変わることがあるので、複数の色を用意しておきましょう。

また浅場で泳いでいるアオリイカを直接見ながら(サイトフィッシング)狙うことできるため、偏光サングラスを装着して釣りをしてみると良いでしょう。


釣りに出かけて美味しい魚をゲット!

アジ
撮影:TSURI HACK編集部
9月に釣れる魚はいずれも美味しく、釣るだけでなく食べる楽しみも期待できます。

マゴチやタチウオ、アオリイカは刺身で。アジやハゼは唐揚げや天ぷらで食べると最高の味わいです。

8月は暑くて釣りから遠ざかっていた人も、ぜひフィールドに繰り出してみてはいかがでしょうか。

関連記事



 

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!