水難事故

【注意】各地で相次ぐ水難事故。台風シーズン『夏』の釣りは慎重に

お盆休みや子供の夏休みなどと重なる『夏』ですが、実は台風シーズンとも重なるこの季節は、慎重な釣行計画を立てないと予期せぬ水難事故にあってしまう可能性も。そこで今回は、安全に釣りを楽しむための釣行計画の立て方や必要な装備品などをご紹介していきます。

目次

作成:TSURI HACK 編集部

各地で多発する釣り中の事故

磯にかぶる波
出典:PIXTA

2019年8月10日〜12日までの三連休。お盆休み序盤にあたるこの時期、各地で釣り客の水難事故が発生しました。

 

2019年8月11日:岩場で釣りをしていた男性が波にさらわれ行方不明に(神奈川県三浦市)

2019年8月11日:防波堤での釣り中に転落。消波ブロックの隙間で見つかるが……(福井県敦賀市)

出典:福井新聞

2019年8月12日:岩場で釣りをしていた女性が波にさらわれる(静岡県伊東市)

……など

 

事故の理由はさまざま。しかしながら、この3日間、日本に接近してきていた台風10号の影響も重なり、各地で水難事故が相次いだと推測されます。

7月〜10月は台風シーズン

台風出典:PIXTA

お盆と重なるこの時期は、台風の発生件数が多い時期。

例として、2017年〜2018年に発生した台風が、国内のいずれかの箇所に接近した件数を、以下にあげてみました。

2017年2018年
7月4件(1件)4件(1件)
8月7件(1件)2件(2件)
9月2件(1件)2件(2件)
10月2件(1件)2件(0件)
※()内は上陸した件数

お盆のほか、9月や10月といった時期も台風の件数が多くなっています。

釣り物が多いこの時期は、休みを利用して釣りに出かけたくなる気持ちと相反して、悪天候が重なりやすい季節なのです。

事故に合わないためにできること

釣りが自然の中で遊ぶアクティビティーである以上、常に危険が伴います。

しかしながら、台風の影響などを避けるなど、できる限り事故を回避するためにできることは数多くあります。

ここでは、水難事故をできる限り避けるためのポイントを紹介していきます。

1 / 3ページ