ブラックバスを美味しく食べる!6品の本格料理でまさかの絶品に仕上げてみた

2019/10/02 更新

ゲームフィッシングの代表格である「ブラックバス」は、キャッチ&リリースのイメージが強い魚。でもじつは食べてみると、これがケッコー美味しいんです!今回は私ライター小林が、ブラックバスを6つの本格料理で食べてみました。


記事内画像撮影:DAISUKE KOBAYASHI

この魚、たまには食べてみよう。

ブラックバス 食べる
 

初夏に入り水温も上がってくると、よく釣れるようになるブラックバス。

あまりにも釣れるので、たまには食べてみることにしました。

 

必ず現地で〆て持ち帰りましょう!

ブラックバス 食べる
 

ブラックバスは外来種のため、生きたまま持ち帰ることは禁止されています。(外来生物法により)

そのため食べる際は、必ず現地で〆てから持ち帰るようにしましょう。

あいにく今回はナイフを持ち合わせていなかったので、釣り糸を切るハサミを使い、写真のようにエラあたりを切って〆ました。

 

下処理&三枚おろし

ブラックバス 食べる
 

生きて持ち帰れないことはもちろん、水が綺麗ではない場所に生息していることもありますので、下処理は早急にしておきましょう。

ボクが釣った場所は、生活排水が流れ込まない綺麗なダム湖。

そのため、おそらく臭みはないと思われますが……こちらは食べて確認してみましょう。

 

ブラックバス 食べる
 

因みに、この大型のバスは52cm。デカくなるほど臭くなるイメージを持っている方も多いでしょう。検証のため、こちらもしっかり調理します。

 

ブラックバス 食べる
 

頭と内蔵を綺麗に処理。どんな魚でも同じですね。

 

水気を取り冷蔵庫で保存

ブラックバス 食べる
 

水気を綺麗に取ったら、キッチンペーパーに包み、チャック付きポリ袋に入れて冷蔵保存。

こうした処理をしておくことで、腐敗の原因を抑え、3日ほどは日持ちするようになります。

 

三枚におろします

ブラックバス 食べる
 

調理する分だけ、そのつど3枚におろします。

ブラックバスは骨がしっかりしているため、三枚おろしがやりやすい。練習には最適です。

 

ブラックバス 食べる
 

臭みの原因ともなり得るため、一先ず皮は引いておきました。

 
>>Next Page:まずは、“異国の風を感じる”あの料理で。

料理①:ブラックバスのフィッシュ&チップス

ブラックバス 食べる
 

というわけで、さまざまなレシピで調理していきます。まずは“異国の風を感じる”、こちらの一品からスタート。

 

ブラックバス 食べる
 

「ブラックバスのフィッシュアンドチップス」。

淡白な白身魚であるブラックバスは、油で揚げてしまうのがベターです。

 

ブラックバス 食べる
 

ケチャップ、マヨネーズ、スイートチリソースをつけていただきましたが、なかなか美味いですね!

ちなみに臭みは全くと言っていいほどありません。

 

料理②:ブラックバスの天丼

ブラックバス 食べる
 

油で揚げれば美味いということがわかったので、これも間違いないだろうと思い作ってみました。

「ブラックバス天丼」です。

サクサクの衣に、甘辛いタレを絡めて。バスの白身の上手さが引き立ちます。

天丼ヤバイです! めっちゃ美味い!

 

料理③:ブラックバスの南蛮漬け

ブラックバス 食べる
 

次は夏っぽい料理を。日ごろからマメ鯵で食べまくっている「南蛮漬け」。こちらをブラックバスでやってみました。

 

ブラックバス 食べる
 

鯵やサバのように、味がしっかりしている魚が合うかなーと思いましたが、、、いけます!

ブラックバスのような、淡白な魚でも相性はバツグン。作り置きもできるので、三日間ブラックバスの南蛮漬けを食べまくりました(笑)

 

料理④:ブラックバスの一夜干し

ブラックバス 食べる
 

全然臭くないし美味しいなーと、ちょっと確信がもてたため、ここで攻めた料理を。

 

ブラックバス 食べる
 

皮付きのままで。「ブラックバスの一夜干し」です。

 

ブラックバス 食べる
 

多少、嫌な臭みがあることを覚悟していただきましたが、なんてことない。普通に美味しいですね。

淡白な味に仕上がることが予想できたので、予め塩を多めに振っておきました。

ただ、わざわざブラックバスの一夜干しが食べたいかというと……鯵やカマスの一夜干しの方が圧倒的に美味いです(笑)

ブラックバスの本来の味を存分に味わいたい、そんな方にはオススメですね。

 

料理⑤:ブラックバスのバター醤油ソテー

ブラックバス 食べる
 

一夜干しで、皮も全然臭くないなと感じたため、お次はこちら。

皮ごとフライパンで焼きます。

 

ブラックバス 食べる
 

「ブラックバスのバター醤油ソテー」のできあがり。

淡白なブラックバスは油を足してやると素材として活きてくる、そんな風に予想して作ってみました。

う~ん♪ これもめっちゃ美味い。皮も香ばしくてパリッと仕上げたためか、かなりイケてます。

 
>>Next Page:ラストはパスタの具材に。

料理⑥:ブラックバスのアーリオ・オーリオ

ブラックバス 食べる
 

残りの身も少なくなってきたので、最後はパスタの具材として投入します。

 

ブラックバス 食べる
 

にんにくとオリーブオイルで香り高く。こんな感じに仕上げてみました。これも本当にうまい。

ブラックバスって、良くも悪くも味に特徴がない。だから作り手が味付けを工夫してやることで、そのポテンシャルが活きてくるんです。

 

ごちそうさまでした。立派な食材です。

ブラックバス 食べる
 

というわけで、今回はブラックバスをいただいてみました。

じつは数年前にブラックバスを食したことがある私。でも、以前食べた時(真夏)よりも身が絞まっていて美味しかったですね。

もしブラックバスがたくさん釣れることがあったら、試しに持って帰って食べてみてはどうでしょうか?

きっと、新しい発見があると思いますよ。

※安全のため、刺身は避けましょう。しっかりと火を通してから召し上がってください。

 
撮影・文:DAISUKE KOBAYASHI

関連記事



 

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

DAISUKE KOBAYASHI

愛知県出身徳島県在住。映像クリエイター、フォトグラファーとして地方の限界集落で活動中。山の猟師でもあり、デジタルとアナログの両極端な生活を楽しんでいます。TSURI HACKではクリエイターならでは視点で皆様に情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!