子どもに釣りを体験させたい親御さんへ。【D.Y.F.C】という活動を知っていますか?


アウトドア体験を子どもに。


 

こんにちは。編集部Tです。

私が釣りと出会ったのは、バス釣りブーム全盛期だった小学生のとき。ちょうど上の写真の女の子と同じくらいの年齢のときでしょうか?

そこから30歳になった今でも、飽きることなく釣りを続けています。(なんとすばらしい趣味だろう……)

 

「釣り」という経験から得たもの


 

自身も当時小学生ながら、釣りを通しさまざまなことを学びました。

「フィールドにゴミを捨ててはいけない」「生き物には命がある」「考えること、試行錯誤する楽しさ」

到底、ここには書ききれないたくさんのことを。

 


 

きっと家庭をもつ読者の方の中にも、自分の子どもには釣りをさせたいとお考えの方も多いはず。

しかし、じつのところ「子どもに釣りを楽しんでもらう」ことは、「自らが釣りを楽しむ」こと以上にハードルが高いとも言えます。(安全面やスキルにおいて)

そんな人にこそおすすめしたいのが、タイトルにも上げた『D.Y.F.C』という活動なんです。

 

D.Y.F.Cとはなにか?


 

D.Y.F.C(ダイワ・ヤング・フィッシングクラブ)は、1976年に発足した子ども向け会員釣りクラブ

「自分で考え、自分で工夫し、自分で動く」をモットーとし、釣りの楽しさだけでなく、生命の尊さや自然の豊かさなどを学ぶことのできる活動です。

会員数は1万5000人超。フィッシングスクールではタックルの貸し出しや当日のレクチャーなど、子どもたちが気軽に参加できるような体制を提供しています。

 


 

今回私たちは、この『D.Y.F.C』のメイン活動であるフィッシングスクールに密着。そこから見えてきた魅力をレポートします。

 
>>Next Page:『D.Y.F.C』だからできること。

D.Y.F.Cの4つの魅力

1.子どもたちが自主的に考え、工夫できる環境がある


 

この活動に参加する前は、てっきり「子どもと親が一緒に釣りを体験する」ものだと思っていました。

 


 

しかし、スクール開始後、船に乗る(釣りをする)のは子どもたちだけ。

時には親の元を離れることで、子どもたちの自主性をはぐくむ。それこそがスクールのコンセプトであり醍醐味なのです。

 

☝最初は「さわれな~い」なんて怖がっていても、次第に自分で針を外せるまでになっていくんですよね。子どもってホントに吸収が早いです。

 

2.コーチ陣が丁寧にレクチャーしてくれる


 

釣りを教えてくれるのは、その道に精通するプロスタッフたち。

写真(上)のように、基本的なキャスト(投げ方)の仕方から、エサのつけ方まで……子どもたちのレベルに合わせたレクチャーをしてくれます。

有名プロやテスターもコーチとしてサポートしてくれるため、それを目当てに参加する子どもたちもいるとか。

 


 

赤クラゲがラインに纏わりついた時には、コーチがその毒性と対処の仕方を丁寧にレクチャー。(そのほか毒をもつ魚についての説明も、乗船前のプログラムに組み込まれていました)

スクール中だけでなく、自分たちで釣りを楽しむときも学んだことを生かせるように」という、運営側の想いを感じる一幕でした。

 

3.命の大切さを学べる


 

広い意味でとらえれば、釣りは一種の『食育』。命ある魚との駆け引きは、子どもにとって新鮮そのもの。

 


 

教室にいるだけでは学びきれないことを体験できるほか、自然を相手にする難しさが、子どもの考える力をより一層深いものにしてくれます。

 

4.安全な運営で親たちも安心


 

子どもの安全を第一に考えたオリジナルのライフジャケットの着用など、徹底した安全管理のもとで運営されています。

実際にイベント当日も、事故やトラブルがないよう、常に大勢のスタッフが子どもたちを見守っていました。

 
>>Next Page:次世代へつなげるためにも。

次世代にも釣りの楽しさを。


 

参加した子どもたちの反応をみていると、やはり「釣りでしか得ることのできない喜び」が確かに存在するのだなと、再認識させられました。

情報が溢れすぎているからこそ、「リアル」にこだわる活動は絶対に必要なことだと思います。

 


 

“アウトドア体験が子どもの成長にもたらす影響”

おそらく、それは大人が想像する以上のもの。

自身が釣りを通して得た感動を、子どもと共有したいアングラーの方々。ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか?

 

『D.Y.F.C』についてもっと知りたい方はこちら

 
撮影・文:TSURI HACK編集部

関連記事



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!