ショアジギングを始めよう!初心者におすすめのショアジギ入門セットはコレ!

2019/07/11 更新

青物や根魚などの美味しい魚を岸から狙えるショアジギング。そんなショアジギングを手軽に始められる専用タックルのセットがあることはご存じでしょうか?本記事ではショアジギング入門におすすめのセットをご紹介します。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK 編集部

手軽に始められる『ショアジギ入門セット』

ショアジギングは岸からメタルジグを遠投して行う人気の釣り方。

ターゲットは青物や根魚をはじめ、シーバスやサゴシ、タチウオなど非常に幅広く、どんな魚が釣れるか分からない楽しみがあります。

ショアジギングには専用タックルが欠かせない

ショアジギングのメタルジグの画像
出典:PIXTA
そんなショアジギングでは、20から40グラムのメタルジグを扱います。

軽めのメタルジグのみであれば、もちろんエギングロッドなどを代用することもできるものの、軽快なキャストフィーリング、アクションのしやすさを求めるのであれば、専用タックルを揃えておきたいところ。

もちろんロッドだけでなく、リールもまた、ロッド同様に最適な番手のものが必要となります。

 

実は、そんなニーズを捉え、ネットショップでもショアジギングを手軽に始められる『ショアジギ入門セット』がいくつか販売されているのです。


ショアジギングタックルをセット購入するメリット

ショアジギングロッド
撮影:TSURI HACK 編集部
ショアジギングをはじめ、新しい釣りを始めるうえで悩むのがタックル選び。その誰もが悩みがちなところをセット品は解決してくれます。ショアジギングタックルをセット購入する具体的なメリットは以下の通りです。

バランスの合ったロッドとリールが購入出来る

ショアジギング
撮影:TSURI HACK編集部
ショアジギングタックルで最も重視したい要素がタックルバランス。

遠投とアクションを繰り返し行うショアジギングでは、疲労感軽減のためバランスの合ったロッドとリールが必要です。

セット品ではバランスの合ったロッドとリールを組み合わせてあるので、タックル選びの知識が無くても購入しやすいです。

必要なラインやメタルジグも揃えやすい

ショアジギングのラインの画像
制作:TSURI HACK 編集部
ロッドとリールだけでなく、必要となるラインやメタルジグがセットになったショアジギングセットもあります。

そのようなセットを選べば、そのまま釣りに行けてしまいます。

悩む時間を短縮して、すぐ釣りに行きたい場合にもセット購入はおすすめです。

予算に合わせて割安で購入出来る

ショアジギングセットには初心者向けのお手頃なものから、大物狙いの本格派向けのものまで様々なものがあり、予算に合わせたものが選びやすいです。

またセットはバラバラに購入するよりも、お得な割安価格で購入出来ることもメリットとなっています。


初心者におすすめのショアジギ入門セット

ここでは初心者におすすめのショアジギ入門セットをご紹介。ラインやメタルジグまで一式がセットになったもの、ロッドとリールだけのセット、他の釣りにも使えるセットまでピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

【8点一式セット】●ダイワ ジグキャスター 106H+スポーツライン CC V-MAX 3520PE(PE2号-200m糸付)【ショアジギング入門セット】

ショアジギングに必要なタックル一式が揃ったセットです。ロッドはダイワの人気ショアジグロッド・ジグキャスター 106Hで、最大120グラムまでのメタルジグをキャスト出来るパワーを備えている本格仕様。磯や堤防から青物狙いに挑戦したい方におすすめのセットとなっています。

ITEM
【8点一式セット】●ダイワ ジグキャスター 106H+スポーツライン CC V-MAX 3520PE(PE2号-200m糸付)【ショアジギング入門セット】

【8点一式セット】●メジャークラフト ファーストキャスト FCS-1002M+ダイワ 16 リーガル 3000H (PE1.5号-200m付)【ライトショアジギング入門セット】

より手軽にショアジギングに挑戦したい方におすすめのセット。一式セットながら、販売価格は1万6千円程度とかなりお手頃です。ライトな仕様となっていて、体力に自信が無い方でも使いやすいことが魅力。堤防や砂浜からのシーバスやサゴシ狙いにおすすめのセットです。

ITEM
【8点一式セット】●メジャークラフト ファーストキャスト FCS-1002M+ダイワ 16 リーガル 3000H (PE1.5号-200m付)【ライトショアジギング入門セット】

【ショアジギング入門セット】●アブガルシア ソルティースタイル ショアジギング STJS-1062MH-KR+アブ オーシャンフィールド 3000H/3000SH

ロッドとリールだけが欲しい方にはこちらのセットがおすすめ。アブガルシアの人気ショアジギングロッドとリールを組み合わせたセット内容となっています。交換スプールが付いているので、状況に合わせてラインの太さを変えて釣りをすることも可能です。

ITEM
【ショアジギング入門セット】●アブガルシア ソルティースタイル ショアジギング STJS-1062MH-KR+アブ オーシャンフィールド 3000H/3000SH

【ショアジギング入門セット】●ダイワ ジグキャスター 106H+アブガルシア オーシャンフィールド 5000/5000S

大型青物を狙いたい方におすすめのパワフルなセット。人気のジグキャスター 106HにPE3号240メートルの糸巻量を持つ5000番のオーシャンフィールドで、大型青物とのやり取りも安心。荒磯や沖磯から、ブリやヒラマサを狙ってみたい方はぜひ手にしてみてください。

ITEM
【ショアジギング入門セット】●ダイワ ジグキャスター 106H+アブガルシア オーシャンフィールド 5000/5000S

シーバス&ライトショアジギング入門セット

ライトなショアジギングに加え、シーバスも楽しみたい方におすすめのセットです。ロッド・リール・ライン・メタルジグは、大手釣り具メーカー・シマノの製品を採用してあります。ルアーは20・30・40グラムのメタルジグと、シーバスの基本となるミノー・バイブレーション・メタルバイブがセットで安心。河口や堤防、砂浜でシーバスやサゴシを狙うのに最適なセットです。

ITEM
シーバス&ライトショアジギング入門セット



ショアジグセットにおすすめのラインとメタルジグ

セット内容にラインやメタルジグが入っていない場合は、自分で選んで購入しなければなりません。以下にショアジギングにおけるライン・リーダー・メタルジグの選び方とおすすめ製品をご紹介します。

ライン

ショアジギングではPEラインの使用が基本となります。太さは1~3号程度がおすすめ。リールには最低150メートル、出来れば200メートル巻いておくと、ライントラブルがあった場合や、大物がヒットしてラインを引き出された時も対応出来ます。

ITEM
ヤマトヨテグス ショアジギングPE

リーダー

PEラインは根ズレに対する弱さや結束強度の低さがデメリット。そのデメリットを補うのがリーダーの役割です。リーダーは狙う魚の大きさに合わせて16~40ポンド程度を使い分けましょう。

ITEM
モーリス バリバス ショックリーダー フロロカーボン

メタルジグ

メタルジグは本格的なショアジギングとなれば100グラム以上を使用することもありますが、初心者の方は20~60グラム程度で始めてみるのがおすすめ。重さはロッドの適合キャストウエイトを超えない範囲で選ぶように注意してください。

ITEM
メジャークラフト ジグパラ ショート
自重:20-60g

ショアジギングセットで釣りに出掛けよう!

ショアジギングの青物の画像 ショアジギングセットがあれば、堤防や砂浜、磯からのショアジギングを手軽に始めることが出来ます。ショアジギングでは魚の強い引きが楽しめて、持ち帰って美味しく食べられる魚が非常に多いです。ショアジギングセットを持って、ぜひ釣り場へと足を運んでみてください。

ショアジギングロッドの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!