もはや釣り人のためのサングラスか!「JINS Switch」が便利すぎる件。


「JINS Switch」なる神器



こんにちは。編集部Tです。

 

最近、インスタグラムでこんな画期的なサングラスを発見しました。

 

なんとワンタッチでメガネ→サングラスに変貌するアイテムだそう。

 

しかも、ちょっと調べてみたら、釣り人必携の「偏光サングラス」もラインナップしているみたいなんです。

 

業界きってのメガネ釣り人(←完全に自負)の私としては、こいつは気になってしかたなし!

 
>>Next Page:さっそくJINSへ。

さっそく最寄りのJINSへ


 

センター街に位置するJINS渋谷店へ。木目を基調とした落ち着いた空間が印象的。トレンド~定番まで、幅広いアイウェアが並んでいます。

 


 

接客を担当してくれた、店長の本橋さん。ショートカットと笑顔がステキな方。もちろんメガネがとてもお似合いです。

 

編集部 T
インスタで「JINS Switch」なるサングラスを発見して見に来ちゃいました。


 

本橋さん
そうなんですね。ありがとうございます。こちらがその「JINS Switch」です。


 


 

「こんな感じでフロント部分がサングラスで、後ろはメガネになってます」の図。

 

編集部 T
おお、なるほど~。

これなら普段(平日)はメガネとして使って、釣りのときだけ偏光サングラスにってこともできますよね。


 

本橋さん
はい。

それだけではなく、たとえば暗い時間(早朝や日暮れ後)はメガネとして使って、日中はサングラスという便利な使い方ができるんです。


 

釣りにいくと、暗い時間に移動する(朝は早いし、夜は遅い)ということが珍しくない。実釣の時だけ偏光サングラスとして使えるのはかなり助かります。

 

そんなわけで、釣りにもフィットするスポーティーな新作たちをピックアップしてもらいました。

 


左)MRF-19S-264 ¥12,000(+Tax)
右)MRF-19S-263 ¥12,000(+Tax)


左)MRN-19S-352 ¥12,000(+Tax)
右)MRF-19S-351 ¥12,000(+Tax)


 

どれも魅力的で迷っちゃいましたが、このモデルに決定(MRF-19S-351)。右手に持っているのが、サングラス部分であるフロントです。

 


 

度付きユーザーなので検眼もしてもらいます。

 


 

ちなみにJINSさん、基本的にレンズ料金はご覧の通り「¥0」。

 

ちょっと前、度付きの偏光サングラスを作ろうとメガネ店に相談しにいった私。しかし、レンズ代だけで3万円以上と言われ断念した経験があります。(度付きの偏光は基本特注なので高額なんです)

 

「JINS Switch」は1万円ちょっとの価格にレンズ代金もコミコミ。メガネ部分だけを度付きにするので、とってもお財布にやさしいというわけです。

 


 

自分にあったレンズ(度数)の在庫があれば、当日の受け渡しが可能なのもポイント高し。

 

あとは実際に使ってみてどうか、というところ。さっそくフィールドに繰り出してみましょうか。

 
>>Next Page:フィールドレビューします!

レビュー&実釣


 

まずは外観から。釣り人向け偏光サングラスで人気を誇る、横長のシェイプが掛ける人を選ばなそうで◎。機能性云々の前に、サングラスとしてカッコいいですよね。

 


 


 

特筆すべきは、その「軽さ」。フロントが二重(偏光レンズとメガネ)になっているのにもかかわらず、重く感じさせない。掛けごこちは柔らかくエアリーで、疲れ知らずなのです。

 


 


 

鼻パッドやテンプル(耳掛け部分)には、フレーム部分とは異なる滑りにくい素材を。汗をかいてもズレ落ちにくい配慮がアウトドアマンの心をくすぐります。

 


 

また、フレームのフロントカーブが日本人向けであることも見逃せません。(カーブが強いと鼻パッドが浮いてしまい、ズレ落ちてしまうことも多々あるので)

 

偏光なしの視界


 

いうまでもなく水面がギラついてしまうので、とっても見にくい。これでは地形変化やベイト(小魚)の有無も見逃してしまうかも……。

 

JINS Switch(偏光あり)の視界


 

一目瞭然。水面の反射を取り除いて、水中のウィード(水草)がはっきり見えています。偏光サングラスとしての性能は申し分ないでしょう。

 


 

リーズナブルにして、この性能&利便性とは。恐ろしや、このサングラス。

 


 


 

当日は「JINS Switch」の性能を活かし、バイトシーンが見えるルアーにしぼって実釣。その使い心地の良さを体感できました!

 

メガネ釣り人のみなさん、これはオススメです。


 

リールもロッドも低価格でいいものが手に入るようになった時代。偏光サングラスもここまで進化しているとは驚きでした。

 

普段コンタクトレンズで釣りをしている方や、度付きサングラスユーザーならば、間違いなく「買い」な一本でしょう。

 

「JINS Switch」の公式情報はこちら!
撮影協力:恩方国際釣堀場
Sponsored by 株式会社ジンズ

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!