使い分けられてますか?フリーフォールとテンションフォールを徹底解説(3ページ目)

テンションフォールの特性

テンションフォールの画像

フリーフォールとは対照的に、ラインを張りながらルアーを落とすのがテンションフォールです。

リールのベールを戻した状態やクラッチをつないだ状態で行います。着水点から手前に弧を描くようにルアーが沈むため、カーブフォールとも呼ばれます。

それでは、テンションフォールの特性をチェックしましょう!

テンションフォールのメリット

・フォールのスピードが遅く、魚がバイトする間を作りやすい。

・ラインが張っているため、フォール中のバイトが分かりやすい。

・とくにブレード系ルアーやバイブレーションは、フォール時にルアーとラインが干渉しないため、フックやブレードが絡みにくい。

テンションフォールのデメリット

・フォールスピードが遅いため、底を取るのに時間が掛かったり、状況によっては底が取れなかったりする。

・フォール時の移動距離が大きいため、ルアーが大きく手前に寄って来る。

・対象魚や状況によっては、ルアーを見切られることもある。

テンションフォールが活躍する状況

イカの画像

撮影:TSURI HACK編集部

テンションフォールは「喰わせの間」として覚えておきましょう。とくに、タダ巻きやシャクリ(ジャーク)のあとのテンションフォールは効果的。

タダ巻きやジャークに反応して追ってきた魚を、テンションフォールで喰わせるというイメージです。

タダ巻きでは喰わなかった魚も、フォールであっさりとバイトしてくるという場面は少なくありません。

フォールは釣りの基本!

タチウオの画像

撮影:TSURI HACK編集部

仕掛けを沈める、魚を喰わせるという役割を担うフォールは、いわば釣りの基本です。

フォールをマスターしなければ、釣果は伸びません。しかし、逆を言うと、フォールさえマスターすればある程度魚が釣れるのです。

目的に応じてフォールを上手く使いこなしてくださいね!

関連記事

3 / 3ページ