【釣りの大基本】いまさら聞けない「底の取り方」を徹底解説!

2019/02/14 更新

どんな釣りでも基本となる“底取り”。しかし、「底の取り方がよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。今回は、いまさら聞けない底の取り方を解説します!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

底取り=釣りの基本

底取りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
バス釣り・エギング・ジギング・サビキ釣り・投げ釣りと、ルアー・エサを問わずに、「底を取る」ことは釣りの基本です。

もちろん、表層や中層で魚がヒットすることもありますが、まずは底を把握することが大切です。

しかし、「底の取り方がよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。今回は、底の取り方を解説します。

※底取りの大前提

メタルジグの画像
撮影:TSURI HACK編集部
底を取るためには、“底が取れる重さ”の仕掛け(ルアー)を使うのが大前提です。

いくらベテランの上手なアングラーでも、流れが速くて深いポイントでは、軽い仕掛けで底を取るのは不可能。

底が分からない時は、まず仕掛けを重くすることが基本です。それを踏まえたうえで、底の取り方をチェックしましょう!


ロッドで底を取る

底取りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
テンションフォール中は、ロッドから伝わる変化で底を取ることができます。

フォール中はロッドに荷重が掛った状態が続きますが、着底すると糸が緩むため、ロッドがフワッと浮き上がるような感覚が伝わります。

オフショアの場合は、フリーフォールでもロッドに荷重が掛るため、船釣りでも使えるテクニックです。

注意点

底取りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
テンションフォールは落下スピードが遅いため、深いポイントや流れが速いポイントには向きません。

そんな時は、フリーフォールを用い、ラインの動きで底を取るようにしましょう。

ラインで底を取る

底取りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
フリーフォールで底を取る場合は、ラインの動きに注目しましょう。フォール中はスーッとラインが水中に入りますが、着底するとラインの動きが止まり、緩みます。

この瞬間を逃さないようにしましょう。また、仕掛けが重い場合は、ラインの放出が止まることによって底が分かります。

注意点

底取りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
風が強い状況ではラインが飛ばされて、変化を掴みにくくなります。そんな時は、竿先を下げて無駄な糸フケを出さないようにしましょう。

場合によっては、竿先を水中に入れてリールから出るラインの変化で底を取ります。

基本が大切!

釣りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
「底取りは釣りの基本」とよく言われますが、潮が速くなったり、水深が深くなったりすると底を取れなくなることがあるはずです。

そんな時は、まずは仕掛けを重くして、適切な方法で底を感知することが大切。

底が分かるか否かで、釣りの精度が大きく異なりますよ!

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!