【究極の選択】18ステラVS18イグジスト!買うならどっちがいい?

2019/02/01 更新

釣り人なら誰もが辿り着くハイエンドモデルへの憧れ……しかし、いざ購入を考えると、どれにするべきか頭を抱えますよね。今回は『18ステラ』『18イグジスト』の最高峰2機種を実際に使用した感想を踏まえながら究極の選択について熱く討論します。


いわずと知れたフラッグシップモデル


釣りを嗜む上で最上級の道具を手に入れることは、アングラーにとってひとつのステータスと言えるでしょう。

特に釣りの心臓部となるリールは、「ステラ」と「イグジスト」の二大巨頭がアングラーの憧れであり、プロアングラーも愛用する最高の性能を誇っています。

もちろん、気軽に買える価格ではなく、購入する際は究極の選択を迫られることになるでしょう。

今回はインプレを交えながら熱く討論を繰り広げ、この悩みを解決したいと思います。

18ステラ


シマノのフラッグシップリールである、ステラ。

「成熟は結実する」を標榜し、今までの技術を更に進化させ“永遠に変わらない巻き心地”を追求した究極設計。

音鳴りの低減、滑らかなギアフィーリングを実現したマイクロモジュールギア2を筆頭に、シマノの最先端技術が詰め込まれています。

18イグジスト


ダイワのフラッグシップリールである、イグジスト。

「60年目の革新」として、デザイン・技術面が大幅にリニューアルされました。

設計思想であるLTコンセプトは、軽さと強さを両立するダイワの新基準。過去のイグジストとはまったく異なる、新世代のフラッグシップです。

使用シチュエーションはエギング


両機種とも、幅広いフィッシングシーンに対応できる最高の能力を持っていますが、私たちの場合はエギングで主に使用しています。

激しいロッドアクション、繊細なアタリを逃さない察知能力が求められるエギングですが、果たしてどちらのほうが良いのでしょうか!?

選択するのはこの二人


今回『究極の選択』に終止符を打つため、名乗りを上げたエギンガーをご紹介します。

釣り好き!まっちゃん


“食べるまでが釣り”をモットーに年中魚と遊んでいるパパアングラー『釣り好き!まっちゃん』がエントリー。

ステラのコンセプトである“永遠に変わらない巻き心地”と、自分が理想とする“長く快適に使用できるリール”が見事にマッチしたので、思い切って購入を決意しました。

『18ステラC3000SDHHG』をエギングのメイン機として愛用中。

お気に入りの点

・ハンドスピナーのようなヌルヌル感

・美しい鏡面ボディ

・強いて言うなら全部

自宅で意味なくハンドルを回し続ける溺愛ぶりを発揮しています。

タケちゃん


YouTube“釣り好きタケちゃんネル”での動画配信やメーカーのフィールドスタッフ、さらにはロッドビルディングまで幅広く活動しているスーパーマルチアングラー『タケちゃん』が満を持してエントリー!

ステラ・イグジストどちらも旧モデルから使用しており、この度はダイワのLTコンセプトに惚れて『18イグジストLT3000S-C』を使いこなしデカイカに挑んでいます。

お気に入りの点

・軽くて強い

・シンプルな実用性

・前作15イグジストからの進化が凄い


①本体重量

重量はどっちが軽い?

釣り好き!まっちゃん
えーっと、3000番はメーカーサイトの重量によるとステラが215グラム……イグジストが185グラム。

おっ、30グラムの差があるね。

釣り好き!まっちゃん
ちょっとリール交換してみようで。

うわっ!これマジで3000番よね?(笑)

タケちゃん
ライトゲーム用のリールみたいに軽かやろ?

新コンセプトであるLTだから実現できた重量だよね。

釣り好き!まっちゃん
これはもうイグジストが圧倒的有利でいいっちゃなかと?

タケちゃん
自重だけでみればイグジストだけど、最終的には“タックルバランス”を取ることが重要だから。

軽ければいいって一概には言えないな~。

釣り好き!まっちゃん
たしかにね。今8.6フィートのロッドを使ってるけど、ステラに変更直後は正直使いづらく感じたなー。

ロッドエンドのバランサーを見直してから、ビックリするくらい体感重量が変わった。

タケちゃん
自分は元々18イグジストに合わせたオリジナルロッドを自作したから調整は無かった。

軽すぎるからこそ、現在所持しているロッドとの相性はチェックしておきたいところやね。

釣り好き!まっちゃん
う~む、カタログのスペックだけでは語れないってことですな~

結果

重量はステラに比べイグジストが30グラム軽いため、絶対的な重量差ではイグジストが優勢です。

しかし釣りジャンルや、自分の使い方に合わせたタックルバランスを取ることが最重要。

可能であれば、実際にロッドにつけて操作してから比較・検討することが絶対にオススメです。


②回転性能


釣り好き!まっちゃん
まずは通常時の巻き心地を比較してみよう! イグジストを貸してごらんなさぁ~い。

釣り好き!まっちゃん
……うわ! めちゃくちゃ軽い巻き心地じゃん!

タケちゃん
表現が難しいけどイグジストは「サラッ」とした巻き心地、ステラは「ヌルッ」と滑らかな巻き心地かな。

釣り好き!まっちゃん
もうね、家に居る時もずっとリール回してるもん(笑)

でもぶっちゃけ巻き心地に関してはこれ以上の進化はあるのかな? 最近のエントリークラスも以前に比べるとものすごく良くなっているし……。

タケちゃん
たしかに! ダイワの18レガリス買った時も「これ7,000円!?」って衝撃を受けたもん。


釣り好き!まっちゃん
回転性能も優劣つけられないかなって思っていたけど、もうこれは好みの問題じゃないかな?

タケちゃん
どちらのリールでもキロアップのアオリイカを掛けたけど、ファイトもお互い全く差が無かった。

申し訳ないけど、これを比較してって言われると難しい。だってどっちも良いんだもん(笑)

釣り好き!まっちゃん
これは比較インプレになっているのか……

結果

巻きに関しては完全に好みの問題という結論に辿り着き、強いて比較するのであれば“サラッとした巻き心地”か、“ヌルっと滑らかな巻き心地”と質感の違いです。

カタログスペックでは判断つかない項目なので、実際に巻き比べてみて下さい。


③防水・耐久性能

タケちゃん
両メーカー様々な技術を詰め込んでいるけど、防水や耐久性能はリールを選ぶ上で大きな選択肢だよね。

釣り好き!まっちゃん
ステラが撥水コートとラビリンス構造で水の侵入を防ぐ「X PROTECT」。イグジストがダイワお馴染みの「マグシールド」やろ?

タケちゃん
『マグシールド』が出始めた当初は、1年くらいでマグシールドが飛んだりした事例も正直なところあった。

15イグジストも使っていたけど今はその点を心配する必要はないね。

釣り好き!まっちゃん
これから2、3年と使用を重ねていけばどこかで差がでるかも知れないけど……現時点では比べようがないかな。

使い方や頻度も影響するけど一年目は無傷ということで。


釣り好き!まっちゃん
しかし、剛性面は過去を振り返るとステラが一枚上手のイメージがあるんだが……。

タケちゃん
同じく剛性はステラかなって思っていたけど、LTコンセプトになって差は埋まったと感じている。

強度が増してるから18エメラルダスAIRもボディを変えずエクストラハイギアが実現出来ているからね。

釣り好き!まっちゃん
しかも軽量でやろ? 決してダイワを推すわけじゃないけどLTコンセプト凄いわ~。モノコックボディもカッコイイしね。(イグジストも欲しくなってきた……)

タケちゃん
しかし、ステラもいままで築き上げた安定感といい意味でズシっとした存在感はすごいね。

おれはここに居るぜ! みたいな(笑)

釣り好き!まっちゃん
とてもじゃないけど1年程度では差が全く出らんね。

結果

両メーカー構造が違うものの、一年程度では防水・耐久性能に差は全く無く、購入した最高の状態が続いています。

剛性面ではLTコンセプトを実装したイグジストの著しい進化が感じられました。

結局のところどっちなの?

発売から約1年が経過したスピニングリールの2大巨塔を比較してみましたが、どちらも最高の技術と情熱が注ぎ込まれており、現時点でどちらがいいというのは決めきれませんでした。

タケちゃん
どちらも最高性能だから優劣はつけれなかったけど、とにかく軽さを求める方には『イグジスト』をオススメしたいかな。

剛性も申し分ないしね。

釣り好き!まっちゃん
イグジストに比べ自重はあるけど、苦にならないズシっとした安定性・巻き心地が好きな人には『ステラ』。

ロッドバランスさえ決めてしまえば本当に最高です。

タケちゃん
これは継続審議として、今後の釣行で気づいた点や変化を随時レポートしていかんばね。

釣り好き!まっちゃん
剛性とか特に気になるからそうしましょう。

まぁでもとりあえず今回は『ステラ』やね。

タケちゃん
いやいや何言ってんの?

ここはLTへ進化した『イグジスト』でしょ!(笑)

釣り好き!まっちゃん
は?

タケちゃん
は?


間違いなく言えるのは、釣りを共にする最高の相棒ということですね……。

ITEM
シマノ 18ステラ C3000SDHHG
●ギア比:6.0
●実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):3.5/9.0
●自重(g):215
●スプール寸法(径/ストローク)(mm):47/17
●ナイロン糸巻量(lb-m):5-110、6-95、8-70
●PE糸巻量(号-m):0.6-200、0.8-150、1-120
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):89
●ハンドル長(mm):45
●ベアリング数 BB/ローラー:14/1 


ITEM
ダイワ 18イグジスト (EXIST) LT3000S-C
●取り長さ(cm/ハンドル1回転):77
●ギヤー比:5.2
●自重(g):185
●最大ドラグ力(kg):10
●ナイロン lb-m:4-230 / 6-150 / 8-100
●PE 号-m:0.6-290 / 0.8-200 / 1-190
●ボール/ローラー:12/1
●ハンドルアーム(mm):50
●ハンドルノブ仕様:HG-T

動画verはこちら

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
釣り好き!まっちゃん
釣り好き!まっちゃん

執筆や動画コンテンツを通じて『釣りの楽しさ』『自然の素晴らしさ』を発信して参ります(^^)

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!