メタルジグのアクション-基本の動かし方やジグタイプ別の特徴も解説

2019/01/17 更新

ただの鉛の塊に見えてしまう『メタルジグ』。ただ巻きで泳ぐタイプもあれば、アングラーの動かし方次第で多彩なアクションがだせるタイプもあります。今回はメタルジグの基本的なアクションのさせ方(動かし方)や、シルエットによるアクションの違いを解説します。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

一見すると鉛の塊 – メタルジグ

メタルジグの画像
撮影:TSURI HACK編集部
メタルジグは鉛などの金属素材で作られたルアーです。シルエットやバランス、そして使い手次第でアクションは様々。

メタルジグの動かしたの基本や、シルエット・バランスによるアクションの違いを解説していきます。

ジグのシルエット・バランスによるアクションの違い

メタルジグ
撮影:TSURI HACK編集部
メタルジグはショート・セミロング・ロングに大別される『シルエット』と、フロント・センター・リアの3タイプに分別される『バランス(重心位置)』の組み合わせによって、得意とするアクションや使用に適したシチュエーションが異なります。

“ロング寄りのものはダートアクション向き”、“ショート寄りになるとタダ巻きでのウォブリング”がしやすくなる傾向にあります。

メタルジグ
撮影:TSURI HACK編集部
また、バランスについては、“フロント寄りになればロッドワークに対するレスポンスが良くダートアクション向きとなり”、“リア寄りになるとロッドワークに対して移動距離が短くなり、ウォブリングが安定する”特徴があります。

使用するメタルジグのシルエットとバランスをよく理解し、特性を生かした動かし方や状況を選ぶことが重要です。


メタルジグのアクション(動かし方)

ジギングの画像
撮影:TSURI HACK編集部
メタルジグのアクションは、ロッド操作がメインの『ジャーク系』、リーリングがメインの『リトリーブ系』、水中を落下する際に自発的に生まれる動きを生かした『フォール系』に大きく分けられます。

メタルジグを使う上で覚えておきたいアクションを次項で詳しくみていきましょう。

ワンピッチジャーク

出典:PIXTA
オフショア・ショアを問わずジギングにおいて基本となるアクションであり、必ずマスターしたいのがワンピッチジャークです。

弱った魚やパニックになった魚が上に向かって逃げ惑うように、ロッドワークによってジグを操作する為、ロング〜セミロングのフロントバランス、センターバランスの物が適しています。

ロッドは下から上にしゃくり上げて(ジャーク)元の位置へ戻す動作を繰り返し、ロッドが上のときにリールのハンドルも上、ロッドが下のときにハンドルも下に巻くよう、上下の動作1セットに対しリールを一回転させます。

重要なのはリズミカルに行うことですが、ジャークに緩急をつけたり、ジャークの合間に「間」を入れることで魚が食うタイミングを作るのもテクニックのひとつです。

ダート中の水平姿勢がターゲットの捕食本能を刺激

ジャカジャカ巻き

ワンピッチジャークに比べて、ジャーク幅が小さく、小刻みに動かすテクニックです。ワンピッチジャークと同様パニックになって逃げ惑う小魚をロッドワークによって演出します。

ただし、ロッドワークとリーリングのタイミングをワンピッチのように必ずしも一致させる必要はなく、巻き続けながらロッドワークでジグの動きに変化を付けるようにします。

基本的にはどんなジグでも可能ですが、セミロングやセンターバランスのものが向いているでしょう。

ナブラやボイルなどの小魚が逃げているようなシーンに遭遇した際や、周囲にいるであろうターゲットの活性を刺激したい際に試したいアクションです。

美しい仕上げのカラーによるリアルなフラッシングが持ち味
ITEM
MGクラフト スキルレオン 55g

コンビネーションジャーク

ショアジギングの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ロッドの振り幅の大きいジャーク、小さいジャーク、ただ巻きやフォールといった複数のアクションを織り交ぜ、誘いと食わせを両立させるテクニックです。

様々なアクションを組み合わせることで、どのアクションが有効かを推し測ることができるとともに、アクションの切り替わりの瞬間で、リアクションバイトを誘発させることができます。

レスポンスの良いボディが様々なアクションに対応
ITEM
シマノ オシア スティンガーバタフライ キングスラッシャー 120g
全長:171mm



ただ巻き

ショアジギングの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ジャーク系とは異なり、ロッドワークを必要としないアクションです。リトリーブによりジグが水流を受けることで、自発的にウォブリングをするような特性を持ったものが向いています。

ライトジギングやスーパーライトジギング向きの、センターかリアバランスのものがおすすめ。

リトリーブスピードを変えることで動きに変化をつけやすく、キャスティングで使用する場合は泳層も変えながら探るようにします。

ミノーのようなウォブリングを生み出すテールが特徴。
ITEM
スミス ウォブリン 30g
全長:75mm
自重:30g

スローピッチジャーク

出典:ダイワ
素早くリーリングすることで、曲がったロッドの反発力を利用してジグを跳ね上げ、その後のフォールアクションで喰わせるスローピッチジャーク。

スローピッチ用の専用メタルジグはロッドの反発を生みやすく、フォールのアピールも高められています。

ハンドルの回転数や、リーリングの強弱でアクションのバリエーションをつけ、フォールでバイトを誘いましょう。

誰でも簡単にスローピッチでのアクションを演出可能

メタルジグに命を吹き込むイメージを!

ショアジギングの画像
撮影:TSURI HACK編集部
メタルジグのアクションをマスターするには、ただ大きくスライドさせる、あるいは単にイレギュラーな動きをさせるだけでは不十分です。

逃げ惑う魚や弱って海底に落ちていく魚、警戒心無く泳ぐ魚など、『演出したいエサの具体的なイメージ』を持つことが非常に重要です。

金属の塊に命を吹き込み、エサに近づけることこそがジギングゲームの最大の魅力。イメージ通りのアクションで釣れた時の感動を是非味わってみてくださいね。

メタルジグ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!