【ハドハラ】あなたは大丈夫?ハードルアーハラスメントしてませんか?

2019/01/08 更新

○○ハラスメントという言葉が広く知られるようになって久しい昨今。釣り人たちの間で密かに噂されているハラスメントの存在を、あなたは知っていますか?もしかすると、既に被害者/加害者になってしまっているかもしれません……。


アイキャッチ画像出典:pixabay

ハラスメントで炎上中

出典:Amazon
1984~1995年まで間『週刊少年ジャンプ』で連載され、世界的な人気を誇る漫画“ドラゴンボール”。2018年の今もなお、映画やアニメなどの関連作品が生み出されるなど、絶大な人気を誇っています。

一方で、とある現代の職場では「ドラゴンボールを読んでいないことを背景に、精神的な苦痛を与えられた」として、ドラゴンボールハラスメント(ドラハラ)を訴えた人もいるとか、いないとか……。※知らない人はドラゴンボールハラスメントで検索!

出典:PIXTA
ドラハラの訴えがどこまで本気だったのかは定かではありません。しかし、「ハラスメント」と言う言葉が広く知られるようになって久しい昨今、「セクシャルハラスメント」に始まり、「パワーハラスメント」や「モラルハラスメント」といったものへの問題意識が高まり、それぞれに対策が講じられるようになってきました。

出典:PIXTA(編集部の悪ノリで挿入された鮭ハラスの画像)
そして、我々アングラーもハラスメントとは無関係ではないかもしれません。あなたは、「ハードルアーハラスメント」という言葉をご存知でしょうか。今回は、一部アングラーの間で話題となっているハラスメントをご紹介します!

ハードルアーハラスメント(ハドハラ)

出典:pixabay
皆様は釣り仲間との会話で、こんな経験をした事はありませんか?

Aさん「この前釣れたの?」

アナタ「釣れたよ!50アップ!」

Aさん「すごいじゃん!何で釣れたの?」

アナタ「3インチワームだよ」

Aさん「なんだワームかぁ~餌と変わんねージャン!

Bさん「ワームで釣れたって何の面白味もねージャン!!

Cさん「そんなツマンネー釣りすんなジャン!!!」

アナタ「・・・・・・BとCどっから出てきたんだよ・・・・・・ワームの何が駄目なんだよ(泣)」

出典:pixabay
ハードルアーハラスメントとは、前述の会話例ように「ハードルアーで釣ってこそ釣りだ」と他人に釣りのスタイルを強要する事を指します。自分の釣りを「つまらない」と一蹴されてしまったアングラーの心は、間違いなく傷付くでしょう。

出典:PIXTA
特に、バス・メバル・シーバスゲームなどは、ハードルアーで釣ってこそ面白い・カッコイイと考える人が少なからずいます。そういったアングラーにはワームが格下のルアーに思え、黙ってはいられないのかもしれません。

だからと言って、他人にそのスタイルを強要するのは話しが違いますし、「ワーム=セコイ」と一蹴してしまうのは、いかがなものでしょうか。

ワームはセコくありません

撮影:TAKEBUCHI
もちろん、この世にはハードルアーを使うことを強要するアングラーばかりではありません。また、ワームにもワームなりの難しさがありますし、ワームであれば必ず釣れるという状況ばかりではありません。どんなルアーにも必要な場面があり、その状況にあったルアーを選ぶ自由が、すべてのアングラーにはあるのです。

「ビックベイト以外セコイ釣り!」

「餌巻きエギなんて邪道!」

「プラグで釣ってこそメバリング!」

「ワームでシーバス釣ってもねぇ~!」

アナタの周りには、こんな事を言って、釣りのスタイルを強要するアングラーはいませんか? また、アナタも無意識のうちに、ハラスメントの加害者となっているかもしれません……。

強要はNO!

出典:pixabay
ハードルアーハラスメント、略してハドハラ。筆者はワームが好きですが、幸いなことにハドハラをされた経験はありません。こっそり笑われていたかもしれませんが、釣りの楽しみ方は1つじゃないと知っているベテランアングラーもまた、多いのだと思います。皆さん、好きな釣り方に誇りを持って、釣りを楽しんじゃいましょう!

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!