ワインド初心者必見! ジグパラワインドでタチウオ、青物、根魚を攻略!

2018/12/17 更新

ジグパラワインドは、メジャークラフトから発売されているワインド釣法対応ルアー。タチウオや根魚をはじめ、青物やシーバスまでターゲットに出来るワインドの釣りを簡単に始められるのが魅力です。


アイキャッチ画像出典:楽天市場

ジグパラワインドについて

ジグパラワインドの画像
出典:楽天市場
ジグパラワインドは、コストパフォーマンスに優れた製品を生み出し続けるブランド、メジャークラフト(Major Craft)から販売されているワインドゲーム用ルアーです。

ワインドゲームとは専用のヘッドにソフトベイトを装着したルアーで行う釣りのことで、ダートアクションを主軸に、横方向の動きで様々な魚を狙うことが出来ます。

特にタチウオやサゴシ(サワラ)釣りにおいては最も有効なルアーのひとつとして知られており、ジグパラワインドスターターキットには、それらの歯の鋭い対象魚での使用を前提としたワイヤーリーダーが付属しています。

ジグパラワインドのラインナップと特徴

ジグパラワインドの画像
出典:楽天市場
ジグパラワインドには、パッケージから出してすぐに使うことの出来るスタートキットが用意されています。

ジグパラワインドシリーズにはオリジナルモデルと、ジグパラワインドスリムがラインナップされていますが、どちらのモデルにもスタートキットがあるため、まずはそのキットから試してみるとよいでしょう。

もちろんヘッドやソフトベイトだけの販売もあるため、ヘッドの重さを追加したり、夜光ヘッドを選んだり、ソフトベイトのピンテールとシャッドテールを使い分けたりと、自分好みにカスタマイズすることが可能です。

ジグパラワインド

ジグパラワインドの画像
出典:楽天市場
ジグパラワインドはシリーズのオリジナルモデルで、10グラム、14グラム、17グラムのウェイトが用意されています。

ジグパラワインドの特徴

ジグパラワインドは、ジャークの軽さとダートを両立させたヘッド形状をしています。強度と安定感のあるボーンプレート構造を採用しているところも特徴です。

スタートキットのソフトベイトには「夜光」、「ケイムラパール」、「ケイムラピンク」が付属しているため、状況によって使い分けるとよいでしょう。

ジグパラワインド スリム

ジグパラワインドの画像
出典:楽天市場
ジグパラワインドスリムのスタートキットは10グラム、14グラム、17グラムの3ウエイトが用意されています。オリジナルモデルの進化系と呼べるモデルです。

ジグパラワインド スリムの特徴

ジグパラワインドスリムはオリジナルよりも、さらにダートしやすく新設計されたモデルです。スリムなシルエットのヘッドは軽い力で、最適なダートを演出することが出来ます。

状況に合わせてピンテールとシャッドテールの2種類が選べることも特徴です。

ジグヘッド単体だと軽いウェイトは7グラム、重いものだと21グラムまで用意されているため、より状況に合わせた選択が出来るのもジグパラワインドスリムの良い点でしょう。

ITEM
メジャークラフト ジグパラ ワインド スリム



ジグパラワインドの使い方

ジグパラワインドの画像
出典:楽天市場
ジグパラワインドシリーズは一般的なワインド釣法の使い方で十分魚を釣ることが出来ます。

タチウオやサゴシなどの歯が鋭い魚たちはもちろんのこと、夏期のシーバスやマゴチ、ヒラメなどといったフラットフィッシュ。キジハタなどのロックフィッシュにも有効となる場合があります。

基本的には浅い場所や流れがないような状況では軽いウェイトのものを、深い場所や流れの速い場所では重いウェイトのものを使用します。

ソフトベイトの選択に関しては、巻き抵抗を感じたい場合はシャッドテール、シャープな動きを演出させたい場合はピンテールを選びましょう。

①キャスト

ワインド釣法は横の動きで魚にアピールするのが基本です。それゆえロングキャストが有利となります。

広範囲を探ることが出来るというメリットもあるので、可能な限り遠くへ投げることをお勧めします。ジグパラワインドは飛距離を出しやすいルアーなので遠投も難しくないでしょう。

②任意のレンジまでフォール、またはボトムを取る

ワインド釣法は一定層を攻めるルアーであるがゆえに、レンジのコントロールが重要となります。表層、中層、ボトムの狙った各レンジにルアーを落とすことが必要です。

また、ボトムまで沈めた後、表層に向かって巻きあげていくこという釣り方もワインドでは可能です。

③リズミカルにシャクリながらリーリング

ワインド釣法のダートアクションは、竿先をチョンと煽ることで発生します。大きくシャクると竿の動いた分だけ大きくダートします。

ワインドは動きを止めることなく、巻きながらアクションを入れる釣りであるため、基本は細かいワンピッチジャークが良いでしょう。

リズミカルにアクションを入れることで追ってきた魚に見切られにくくなります。

ジグパラワインドでワインド釣法に挑戦してみよう

ジグパラワインドの画像
出典:楽天市場
ジグパラワインドは初心者にも使いやすいように、スタートキットが用意されています。パッケージを開けてそのまま投げるだけでOK。

タチウオやサゴシなど、美味しい魚を狙う上で強い味方となるワインド釣法に、このジグパラワインドを使って挑戦してみてはいかがでしょうか。

ジグパラワインドの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
ビックリマン高田
ビックリマン高田

高田雄介(ビックリマン高田) 全国47都道府県を全て釣り歩き、現在のホームグラウンドは海外。 淡水海水、大物小物問わず魚が大好きです。 皆様に魚の魅力や、釣りの楽しさを全力でお伝えします。

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!