「折れちゃう!竿折れちゃう!!」釣り人が選ぶ引きの強い魚TOP5!

2018/12/14 更新

最も引く魚は何だろう?釣りをしているとふと浮かび上がる疑問。その答えを出すべくTSURI HACKはアンケートを実施しました!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

【引きの王者は?】釣り人が選ぶ引きの強い魚TOP5

落とし込み釣り 電動リール
撮影:TSURI HACK編集部
魚とのファイトは、釣り人のドキドキ・ワクワク感を増幅させてくれます。掛かった魚が力強く泳ぎ、走っていく瞬間のドラグ音や、水面へと絞り込まれる竿。これを経験した釣り人は、さらに引きの強いターゲットへの憧れを抱くはずです。

TSURI HACKでは、釣り人が選ぶ引きの強い魚アンケートを実施。結果をランキング形式でご紹介します!

質問内容

釣りのターゲットで最も引きの強い魚は何だと思いますか?※すべての魚が同サイズと仮定して下さい。

※アンケートは「実際に釣った中で」という条件を設定していませんので、想像での回答も含まれています

5位

コイ

出典:pixabay
33票獲得。コイは浮き釣りや吸い込み釣り、ヨーロピアンカープなど種々の方法で釣ることができるターゲットです。大きいものは80~90センチを超え、トルクフルな引きが釣り人を魅了します。

出典:pixabay
コイはブラックバスやヘラブナなどを狙った釣りでも掛かることがあり、その際の強烈なパワーに慌てた経験のある釣り人もいるのでは。特に広いフィールドや川を住処とする野鯉は、予想外の走りを見せるでしょう。

▼回答内容

走る時のパワーと足元での粘りが半端ない!!

滝を登るほどの遊泳力。

川に住んでてかつ地元の人が定期的に餌をやってるから気がつけばムキムキになってる。

琵琶湖で80センチオーバーのコイが釣れた際、なかなか、手元まで来なかった竿のしなりで弾き寄せようとしたが折れそうになり、竿をラインに対して真っ直ぐにしリールを巻いてやっと手元まで引き寄せた。

竿が折れた。


4位

カンパチ

出典:PIXTA
34票獲得。ヒラマサやブリに並ぶブリ御三家のうちの1つとして人気の高いターゲット。カンパチは例え小さな魚体であっても、大物を期待させるような強い引きを楽しむことができます。

出典:PIXTA
今回実施のアンケートでは4位という結果となりましたが、「同サイズならブリやヒラマサよりも強い引き」という意見も少なくありません。

大物が掛かったと思っていたら、カンパチの幼魚だったというエピソードも多数寄せられました。

▼回答内容

泳力のある青物の中でもカンパチが1番よく引くと感じる。

40センチのチヌと思ったら、手のひら大のシオ(カンパチの幼魚)だったから。

シーバス専門で釣りをしてきていて初めてネイリを釣ったときめちゃくちゃな大物が来たかと思ったがあげてみると50センチぐらいだった。

同サイズならブリやヒラマサよりも手こずる。

サイズはショゴサイズだったが、これまでに釣った魚の中で最もいいファイトだったから。


3位

ブリ

出典:PIXTA
45票獲得。冬の青物と言えばこのターゲットでしょう。大きさによってツバス・ワカシ、ハマチ・イナダ、メジロ・ワラサと名前を変え、80センチ以上のものをブリと呼びます。

ブリジギングでの釣果 ブリは回遊魚らしい発達した筋肉を持ち持久力も高いため、強烈なファイトを味わうことができます。全長1メートルを超え、10キロオーバーの大物ともなれば、その引きは想像を絶するものになるかもしれません。

▼回答内容

フルドラグ(11kg)でも糸をどんどん出され切られた。

アシストフックを何本も曲げられました。

ツバイソで引きが凄かったから最大級になると最強なんじゃ?

何度も爆発的に走られて、ドラグが悪くなったりラインブレイクしたりとあったため。

回遊し過ぎてムキムキ。




2位

マグロ(キハダ・クロマグロ含める)

マグロキャスティング
撮影:TSURI HACK編集部
55票獲得。クロマグロやキハダ、メバチなど数種類のマグロが存在します。なかでもクロマグロは400キロを超える個体の捕獲例があるほど大きく、日本を代表する魚です。

クロマグロ
撮影:TSURI HACK編集部
マグロは呼吸のために泳ぎを止めることがない魚として知られていますが、その分筋肉の発達も著しく、遊泳速度は相当のもの。100キロ級ともなると、その引きや耐久力は計り知れません。

▼回答内容

時速80キロ以上で泳ぐ魚はそれほど少ないでしょう。そのためフッキングしても物凄い速さでドラグを鳴らしながら走ると思うから。

釣ったことないが、釣り番組などを見ると1~2時間程ファイトしている所を見てそう思った。

全身筋肉の塊だから。

仲間が掛けた時に、限界を越えたので代わって15分ほどやり取りしたのですが…想像(テレビで見るのと)を遥かに肥えた引きで手の力がなくなるほど。

スピードや筋肉量から予想しました。



1位

ヒラマサ

ヒラマサ
撮影:TSURI HACK編集部
78票獲得。引きの強い魚アンケート堂々の第1位を獲得です! 大きいもので40キロを超え、大物を狙う楽しみもヒラマサ釣りの醍醐味でしょう。

ヒラマサ
撮影:TSURI HACK編集部
大型のヒラマサは春か、晩秋から初冬にかけてが狙い目。海のスプリンターとの異名を持ち、時速50キロに迫ると言われる引きの強さはもちろん、持久力の高さでも、最後の最後まで気が抜けないファイトを楽しませてくれます。

▼回答内容

海のスプリンターだけあって何度も根に潜られてラインを切られたから。

同じサイズのブリとヒラマサでは引きが圧倒的にヒラマサの方が強いから。

80センチ以上は別次元。

ヘビータックル、太糸でもかけた瞬間に後悔してしまうヤツがいる。

堤防で隣の人が引きずり落とされたから。

重みとスピードを伴うダッシュは、本当にアスリート。

新品のPE3号にリーダーフロロの120ポンドでもブチブチ切られたから。




以外にも○○はランク外

落とし込み釣り
撮影:TSURI HACK編集
今回TOP5には入りませんでしたが、GT(ロウニンアジ)やカジキ、シイラ、クエなど、引きの強いターゲットは数多く存在します。しかし、実際に釣った経験のある人が少ないという事がTOP5に入らなかった要因かもしれません。

マグロも実際に釣った事のある釣り人は少ないでしょうが、今回2位にランクインしたのはTV等のイメージや知名度なども影響しているのではないでしょうか。アンケートにご協力頂いた皆様、誠にありがとうございました!

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!