【佐渡ロマンを求めて】大ヒラマサ・大鯛を磯から仕留めろ!

対馬海流が育む、佐渡の豊かな海は“釣人の楽園”として知られます。島内に数多くある磯からは、20キロオーバーのヒラマサや、80センチオーバーのマダイを狙えます。佐渡島の釣りの魅力と、遠征釣行の醍醐味である観光・グルメ情報をお届けします!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

対馬海流が育む夢のフィールド

佐渡の画像
出典:PIXTA
新潟県の沖合約30キロに位置する佐渡島。日本では沖縄に次ぐ、2番目に大きな面積を誇る島です。古くは佐渡金山に代表される、金の一大産地として名を馳せました。

佐渡は暖流“対馬海流”の影響を受け、陸海ともに独特で豊かな環境を形成しており、現代では釣り人の楽園として知られています。

対馬海流の賜物

佐渡の画像
出典:PIXTA
佐渡の釣りを語るうえで欠かせないのが、対馬海流の存在。新潟県は国内屈指の豪雪地帯ですが、対馬海流の影響を大きく受ける佐渡には、マグロやヒラマサ、メジナ、アオリイカなど高水温を好む魚が回遊してきます。

ショアキャスティングで狙う“ヒラマサ”

マグロやGTと並び、ソルトルアーフィッシング最高峰のターゲットであるヒラマサ。佐渡はヒラマサをショアから狙える、国内でも数少ないフィールドです。佐渡におけるヒラマサタックルの目安やポイントをご紹介しましょう。

“夢の20キロオーバー”も狙える

佐渡のヒラマサの画像
提供:佐渡市
佐渡のヒラマサシーズンは、水温が上がり始める5~6月あたりからスタート。10キロオーバーの大型の実績が高く、20キロを超える超大型の“佐渡モンスター”も釣り上げられています。

しかし、佐渡でのヒラマサ狙いはまだまだ黎明期であり、釣り方のノウハウやポイントが確立されていない部分も。しかし、その魚影の濃さが抜群であることは間違いありません。

佐渡のヒラマサタックル

ショアジギングの画像
撮影:TSURI HACK編集部
佐渡では大型のヒラマサに備えた万全のタックルで挑みたいところ。ロッドは10~11ftのヘビーアクションのショアキャスティングロッドが必須です。

リールはシマノであれば8000~10000番、ダイワだと4500~5000番のスピニングがベストサイズ。メインラインは最低でもPE5号、リーダーはナイロン20号以上がおすすめです。

ヒラマサのポイント

佐渡の磯の画像 島北部に位置する、外海府海岸がヒラマサのメッカ。ポイントは豊富で、地磯・沖磯ともにヒラマサを狙うことができます。

地磯は情報が少ないため、初めて釣行する際には渡船で沖磯に渡るのがおすすめ。なかでも、二ツ亀や北鵜島、相川、矢柄の磯は超メジャーポイントです。

磯釣りで狙う“クロダイ・マダイ”

エサ釣りでの人気ターゲットは、クロダイとマダイ。特にクロダイ釣りの歴史は長く、佐渡は日本を代表するクロダイフィールドといえるでしょう。

マダイも超大型が狙えるフィールドとして有名で、磯釣り師であれば一度は足を運んでみたいフィールドです。

佐渡の代名詞“クロダイ釣り”

クロダイ釣りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
クロダイは佐渡の代名詞といえるほど、抜群の魚影を誇り、島全域でオールシーズン狙うことが可能。もっとも人気があるのはウキフカセ釣りで、沖磯はもちろん、地磯やサーフからも釣果が期待できます。

最盛期は3月中旬ごろから5月にかけてのノッコミ時期で、2ケタ釣果も珍しくありません。夏場にはエサにスイカを使った、水面釣法が成立する珍しい釣り場でもあります。

大人気の“磯マダイ”

佐渡のマダイの画像
提供:佐渡市
クロダイと並び、磯釣りのターゲットとして近年注目を集めているマダイ。ウキフカセ釣りで超大型が狙え、国内では指折りの磯マダイフィールドです。

ハイシーズンは春と秋で、潮通しが良く水深がある、外海府の沖磯での釣行がおすすめ。とくに帆掛島や二ツ亀の沖磯は、超1級のポイントとして知られます。

佐渡の磯釣りタックル

磯竿の画像
撮影:TSURI HACK編集部
佐渡のチヌ釣りは、一般的な0.6号程度のチヌ竿で楽しめます。一方、マダイ狙いでは80センチオーバーの実績もあるため、少なくとも2号の磯竿にハリス4号以上の仕掛けが必要でしょう。

最近は40センチオーバーのグレもよくヒットするため、強めのタックルセッティングで臨むのがおすすめです。

ファミリー向け釣りツアー!

佐渡のマダイ釣りの画像
提供:佐渡市
ヒラマサ釣りや磯釣りは、ビギナーにはハードルが高い釣りです。しかし、佐渡には釣り未経験のお子様でも大物が狙える釣りが! それが『佐渡の漁師とマダイ釣り体験!』です。

プロの漁師さんが優しく教えてくれる!

佐渡のマダイ釣りの画像
提供:佐渡市
このツアーの特徴は、なんといってもプロの漁師さんが一緒に釣りをしてくれるところです。船で海へと出て、漁師さんに釣りを教えてもらえれば、釣り未経験者でも大漁間違いなしかも!?

手ぶらでオッケー

佐渡のマダイ釣りの画像
提供:佐渡市
『佐渡の漁師とマダイ釣り体験!』はツアー化されているため、旅行気分で手軽に参加できます。もちろん、釣りに必要な道具やライフジャケットも用意されているため、手ぶらでオッケー!

2018年度は9月に開催されており、定員は15名でした。ツアー情報の詳細は、佐渡観光交流機構のfacebookでチェックしてみてください。

佐渡観光交流機構 facebook

遠征釣行の醍醐味!観光&グルメ

遠征釣行の醍醐味は、なんといってもその土地ならではの観光やグルメが楽しめること。ここでは佐渡島のおすすめ観光スポットやグルメをご紹介します。

かつての金脈“佐渡金山遺跡”

佐渡金山の画像 佐渡金山は400年近い歴史を持つ、日本最大の金山として名を馳せた鉱山です。その坑道の総延長はなんと約400キロに及ぶとも。

その遺跡の多くが国の重要文化財などに指定されており、現在では世界遺産への本登録に向けた準備も進んでいます。

トキと触れ合える“トキの森公園”

トキの森公園の画像 公園内にあるトキふれあいプラザでは、大型ケージ内に自然環境を再現。トキが飛んだり餌を採ったりする、貴重な姿を観察できます。

伝説の舞台“両津温泉郷”

両津温泉郷の画像
提供:佐渡市
島東側の両津港周辺にある椎崎、加茂湖、秋津、住吉の4温泉から成る両津温泉郷。海側に位置する住吉温泉には、トキが温泉で傷を癒した伝説が残ります。釣りを楽しんだ後は、温泉にゆっくり浸かって疲れを癒してみてください。

眼下に日本海が広がる“相川温泉”

相川温泉の画像 相川温泉は佐渡島の西に位置していて、日本海を眺めながら楽しめる温泉として人気。夕日が日本海に沈んでいく景色は、相川温泉ならではの魅力です。

幻の和牛“佐渡牛”

佐渡牛の画像 佐渡の豊かな環境で育てられた佐渡牛。流通量が少ないことから幻の和牛とも呼ばれますが、島内の『レストラン&バー こさど』ではステーキを頂くことができます。

柔らかい食感で甘い、ほかの和牛とは異なるその味わいを、ぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。

 レストラン&バー こさど ホームページ

海外からも高い評価を受ける“佐渡の地酒”

佐渡の酒蔵の画像 旨い水と米が揃う佐渡は、日本酒の名産地としても知られます。国内のみならず海外からも高い評価を受ける、ぜひとも味わいたい逸品。なかでも、逸見酒造が製造する『純米吟醸 至』は、大ブレークによって全国的な品薄が続いています。

逸見酒造 ホームページ

佐渡の魅力をめいいっぱい楽しもう!

佐渡の画像
出典:PIXTA
20キロオーバーのヒラマサや、80センチオーバーのマダイまで狙える佐渡。釣りはもちろん、観光やグルメもたくさんの魅力があります。ぜひ遠征計画を立てて、佐渡に足を運んでみてはいかがでしょうか。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!