進化が止まらないスロージギング|基本タックル〜アクション、狙えるターゲットは?

2018/11/05 更新

関西方面から全国に火がついたスローピッチジャークとも呼ばれるスロージギング。青物に根魚、ここ数年ではキハダ、そしてスーパーディープのアブラボウズまでターゲットとなっています。今回は基本的なスロージギングのタックルやアクションなどを解説します。


アイキャッチ画像提供:釣具のポイント

スロージギングの概念

スロージギングで釣った青物 様々なスタイルがあるジギングの中でも、元々は関西方面で『スローピッチジャーク』と呼ばれ親しまれ、スロー系やSLJ、スロージギングとして、ここ10年くらいで全国的に定着してきたジギングスタイルです。

通常の青物ジギングのようなワンピッチジャークとは異なり、ロッドの反発力でジグを飛ばしたり、ロングフォールで魅せるのがスロージギングの特徴で、体力をそこまで使わないため女性にも親しみやすいジギングのひとつとして人気となっています。

ここまできた!スロージギングのターゲット

スロージギングで釣ったアカムツ
撮影:TSURI HACK編集部
スロージギングは青物や根魚、タイなど幅広いターゲットが狙えることも人気の一つ。ここ数年では、関東でも狙うことができる中深海の超高級魚の『アカムツ』、久米島のパヤオ周りでは『キハダ』を。

そして水深800メートルといった水深では1000グラムのジグを使い『アブラボウズ』を狙うなどターゲットの幅をますます広げています。

近海スロージギングの基本タックル

スロージギングタックル 水深40〜200メートルクラスの近海の浅場から中深海で使えるタックルをベースに見ていきましょう。
ロッド ・全長:6.5-6.8ft前後
・ルアー重量:150gクラスをメインにMax220gまで
・適合ライン(PE):Max 2-3号
リール 中型ベイトジギングリール
ライン 低伸度PE1.2-3号 狙う水深の倍以上のラインを巻いておく
水深40m-PE1.2号/200m
水深250m-PE1.2号/600mなど

ロッド

ITEM
REALMETHOD JIGGING-GRII SLOW C68 #3
不意の大物にも対応できるスロージギングを堪能できる1本

全長:6.3ft
自重:156g
継数:1本
ルアー重量:Max130-200g
適合ライン(PE):Max3号

ITEM
アブガルシア SJC-63/180-KR SJ
小物から大物、青物から底物まで対応のスロージギング専用4オンスモデル

全長:6.3ft
自重:156g
継数:1本
ルアー重量(※スローピッチジャークでの使用):Max250g
適合ライン(PE):Max2.5号

ITEM
テイルウォーク ソルティシェイプダッシュSPJ632
ミドルレンジの価格帯ながらワンランク上の品質

全長:6.3ft
自重:110g
継数:1本
ルアー重量(※スローピッチジャークでの使用):Max230g

ITEM
ゼスタ スローエモーション B683
150~220g前後の操作が得意な近海エリアのバーサタイルロッド

全長:6.8ft
自重:138g
継数:1本
ルアー重量:Ave200g
適合ライン(PE):2号

ITEM
エバーグリーン スロージャーカー PSLJ 603-4
元祖ともいえるスローピッチジャーク専用ロッド

全長:6.3ft
自重:128g
継数:1本
ルアー重量:90-200g
適合ライン(PE):Max2号

各メーカーからスロージギング専用ロッドとして発売されている6.5-6.8フィートクラスで3-4オンスパワーのロッドが、青物や根魚、中深海のアカムツなど近海のベーシックとなっています。

細身の高弾性のブランクにスローテーパーといったロッドが特徴です。

リール

スロージギングはバーチカルに攻めるためベイトタックルがメイン。使用ラインが200-600メートル巻ける中型のベイトリールを合わせます。

ITEM
アブガルシア ソルティーステージ REVO LJ-4
近海から中深海まで対応の大口径、ハイスピードギヤ搭載モデル

ギア比:7.6:1
自重:378g
最大ドラグ力:10kg         
巻取り長さ:107cm
PE糸巻量(号-m): 1-1200

ITEM
シマノ オシアジガー2000NRHG
ベイトジギングリールの代名詞『オシアジガー』シリーズ

ギア比:6.2:1
自重:595g
最大ドラグ力:10kg         
巻取り長さ:117cm
PE糸巻量(号-m): 3-400/4-300/5-220

ライン

水深250メートルを超える中深海での使用も考え、1.2-2号を基準に、細く強い低伸度のPEラインを選びましょう。4本撚りのほうが8本撚りに比べ伸びが少なく感度が高いと言われています。

キハダやアブラボウズといった30キロオーバーがターゲットのときにはPE2〜4号クラスを水深にあわせて巻いておきます。

ITEM
バークレイ スーパーファイヤーライン カラード 1.2号

ITEM
バリバス スーパーコンダクターLS4

リーダー

リーダーも擦れに強く、伸びの少ないフロロカーボンを20-40ポンドを3ヒロ(4.5メートル)程度を摩擦系ノットで結束しましょう。

ITEM
ダイワ ディーフロン 船ハリス



ジグ

大きく分けると2タイプあるスロージギング専用のメタルジグ。木の葉のような形をフォールアクションがメインのもの、水切りを優先した細身のタイプに分類されます。

釣行する海域の水深やターゲットでジグのサイズは変わってきますが青物、根魚を狙う水深60メートル程度なら130グラム。

200〜300メートルクラスの中深海では250〜400グラムのジグを水深、海流にあわせ選んで見てください。

カラーは近海ジギングに比べると、グロー系カラーが多くされているのが特徴とも言えます。

ITEM
シーフロアコントロール クランキー
ロッドティップのわずかな反動にも即座に反応、究極のスロースタイルジグ

ITEM
ディープライナー スロースキップ VB
ゆるい潮で本領を発揮。少ないストロークで水平姿勢を簡単に再現

ITEM
ゼスタ スローエモーション フラップ
わずかな操作でオートマティックに横へ自走

フック

ジグがフォールしたときに横向きになりやすいよう、使用するメタルジグとのバランスをとりながら、フックを選びましょう。

基本となるのはフロント、リアともにツインアシストタイプの2/0〜3/0サイズを合わせます。またフックは軽いスプリットリングと溶接リングと合わせ、ジグの表面にフックがくるようセッティングします。

ITEM
カツイチ ツインパイク

ITEM
シャウト ツインスパーク

ITEM
シャウト・プレスリング

ITEM
シャウト スプリットリング

スロージギングの基本アクション

基本的に青物ジギングのようなハイテンポなジャークではなく、ジグをしゃくったあとに、フォールで魅せていくのがスロージギング。

ここでは“リーリングとロッドの弾性でアクションさせる方法”と、“ロッドを大きく煽りアクションさせる方法”をご紹介します。

リーリングとロッドの弾性でアクション(スローピッチジャークアクション)

ロッドは水平よりやや上向き程度に構え、ジグの着底後は、即座にリールを1/4~1回転させてポーズします。するとジグの自重でロッドが曲がり、ロッドの復元力で反発し、ジグを跳ねさせます。これを連続して行うことでジグがアクションします。

ハンドルの回転や、リーリングの強弱で、ジグのアクションを多彩に演出することが可能です。

ロングフォールアクション

ロッドを頭上まであげ、ジグをフリーフォール、もしくはラインテンションを保ったままジグを落とすのがロングフォールアクションです。長い距離をフォールさせることで広範囲にアピールし、フォール中のアタリを取っていきます。

超高級魚からビッグターゲットまで狙えるSLJ!

スロージギングタックル ノドグロからキハダ、アブラボウズとなど、さらに幅広いターゲットを狙えるまでに進化したSLJ(スロージギング)。潮の流れるときは中層で青物、流れなくなったらボトム付近で根魚を狙うなど楽しみ方も幅広いので、是非チャレンジしてみてくださいね。

スロージャークで釣ったカンパチ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!