筑波湖

筑波湖【茨城県】のへらぶな釣り情報、おすすめのエサ配合2選!

2022/10/20 更新

筑波湖は、茨城県筑西市にあるへらぶな釣り堀。大手メーカーの釣り大会の舞台としても選ばれる魅力的な釣り堀でもあります。今回は、そんな筑波湖の基本情報と合わせておすすめのエサの配合例をご紹介します。

目次

アイキャッチ画像出典:ダイワ

筑波湖の基本情報

筑波湖

出典:ダイワ

筑波湖は茨城県筑西市にあるへらぶなの釣り堀。大型のへら、通称「ばこべら」が数多く放流されていて、初心者からベテラン釣り師まで数多くの釣り人が足を運んでいます。

大手メーカー主催の大会や例会も定期的に開催されている茨城でも屈指の人気フィールドです。

筑波湖の特徴

ダイワへら

大型へらを定期的に放流している筑波湖。水深もあるので入門者からベテランへら師まで魅了するフィールドとなっています。また筑波山の眺望がすばらしいフィールドで、それを眺めながら釣りが出来ることも筑波湖の魅力です。

アクセス


〒300-4513
住所:茨城県筑西市中根832
TEL:0296-52-5444

【車】
常盤自動車道「土浦北I.C.」より約30分の道のり。

料金と釣り規定

【一日料金】

平日土日祝日
大人1,600円2,100円
女性1,100円1,600円
子供1,100円1,100円

【半日料金/11:00~】

平日土日祝日
大人1,100円1,600円
女性1,100円1,100円
子供1,100円1,100円

筑波湖の営業時間は、夏時間と冬時間で異なっています。4~9月の夏時間は午前5時30分から午後15時30分、10~3月は午前6時30分から午後3時30分となっています。例会での利用の場合は通年午後3時が納竿時間となりますので覚えておきましょう。

釣り規定

注意

出典:PIXTA

筑波湖での竿規定は8~21尺。タナ(水深)は、ウキ止めゴムから第一オモリまで1メートル以上取ることが定められています。エサに関しては生き餌とオカメが禁止です。

水深

収容人数は282名を誇る筑波湖。水深は最深部で6メートル程度です。受付に各釣り座の水深やカケアガリなどのポイントを表す全景図ががありますので、そちらで詳細を確認してみてください。

おすすめの餌の配合

ここでは、初めて筑波湖に行かれる方の参考におすすめの餌の配合をご紹介します。大型へらが多いフィールドなので、エサが簡単に外れないように針へのエサ付けも気にしながら釣りをしてみてください。

■ヤワネバ系のスタンダード餌
天々160cc+バラケマッハ320cc+凄麩160㏄+水200㏄+ガッテン160㏄


マルキュー バラケマッハ



マルキュー ガッテン

■真冬の段底におススメの配合
粒戦50㏄+とろスイミー50㏄+サナギパワー100㏄+水150㏄+セットアップ100㏄+段底100㏄


マルキュー とろスイミー


マルキュー サナギパワー


マルキュー セットアップ


筑波湖の最新釣果情報

へら釣り

撮影:TSURI HACK 編集部

筑波湖では最新の釣果情報をブログで発信しています。釣り方をはじめ、枚数や重量、釣り座の場所といった情報が詳しく紹介されていますので、釣りに行く前には必ずチェックしていきましょう。詳しくは下記のボタンリンクから確認してみてください。

筑波湖の最新釣果

へらぶな釣りの基本知識はこちら

入門者におすすめのへら竿はこちら


筑波湖で「ばこべら」を釣り上げよう!

筑波湖

出典:ダイワ

「ばこべら」と呼ばれる大型へらを中心に釣りが楽しめる筑波湖。筑波山を眺めながら過ごす時間は、とても有意義なものとなってくれるでしょう。お昼時には、調理師免許を持ったスタッフの方が作る美味しい昼食もぜひ召し上がってみてください。