メタニウムDCの特徴まとめ!シマノで飛距離が出るのはどのリール?

メタニウムDC・MGL・アンタレスDCとシマノには数多くのベイトリールがありますが、一体どのリールが一番飛距離が出るのでしょうか?今回はメタニウムDCの特徴や多機種との比較。飛距離の出やすいロッドについてまとめました!


メタニウムDCの特徴

メタニウムDCのデザイン
出典:楽天市場
シマノの人気ベイトリール・メタニウムシリーズに追加された2015年発売の15メタニウムDC。I-DC5(アイディーシーファイブ)を搭載し安定したキャスト性能。XSHIP、マイクロモジュールギアを採用し滑らかな巻き心地に仕上がっています。

カラーリング

メタニウムDC
出典:楽天市場
32857_feature1-horz
出典:SHIMANO
ボディーのカラーリングはガンメタよりのシルバー。ギア比によってメカニカルブレーキの指し色が変わります。画像左からノーマル、ハイギア、エクストラハイギア。

ランナップとレビュー

ギア比は6.2(ノーマルギア)、7.4(ハイギア)、8.5(エクストラハイギア)の3タイプ。巻物から早い回収が必要なワーミングなど、様々なシーンで活躍します。※エクストラハイギアはハンドル長が48ミリと長めになっています。

ノーマル(ギア比6.2)

ノーマルギアタイプ。スピーナーベイト、クランクベイトなど巻物に最適なギア比です。
ITEM
シマノ 15 メタニウム DC 右
ギア比:6.2
自重:190g
最大ドラグ力:5.0kg
巻取り長さ:66cm
ナイロン糸巻量(lb-m):12-120/14-100/16-85/20-70

新しく搭載されたI-DC5凄く使い良いです。ただブレーキ1は、かなり危険。使うには条件が良くないとバックラッシュしてしまいます。私が下手なのもありますが・・・アンタレスDCよりも軽く、マイクロモジュールギアで巻きこごちもよいので、この価格ならアリだと思います。


HG(ギア比7.4)

ハイギアギアタイプ。テキサスリグなどのワーミングにもピッタリです。勿論、巻物系でも使うことが出来ます。
ITEM
シマノ 15 メタニウム DC HG 左
ギア比:7.4
自重:190g
最大ドラグ力:5.0kg
巻取り長さ:79cm
ナイロン糸巻量(lb-m):12-120/14-100/16-85/20-70

最大の利点は向かい風にフルキャストできる事です。急な突風にも対応します。行きつけの釣り場がよく風が吹く所場合の人にはオススメです。


XG(ギア比8.5)

エクストラハイギアタイプ。ワーミングやピッチングなど早い回収が必要な釣りに向いています。海水でも使えますので、メタルジグを使ったライトジギング等にも向いているでしょう。
ITEM
リール 15 メタニウム DC XG
ギア比:8.5
自重:195g
最大ドラグ力:5.0kg
巻取り長さ:91cm
<span style="font-size: 13.6px;">ナイロン糸巻量(lb-m):12-120/14-100/16-85/20-70</span>

何の文句もない。このクラスからのシマノリールは完璧であると思う。用途によりそれぞれの評価があるけど、このメタニウムDCはオールラウンドに使えます。いろんな人の使用評価でもあるように、ブレーキ設定が簡単です。ダイヤル5個しかないからね。XGでもゆっくり巻けば巻物だってできる。



メタニウムDC飛距離は?

スコーピオンDCのブレーキ
出典:SHIMANO
メタニウムDCはDCの電子制御で必要な時のみブレーキをかけるので安定したキャストができ、飛距離も稼げます。では他の機種と比べた時の飛距離を見てみましょう。

16メタニウムMGLとの比較

メタニウムMGLとは メタニウムDCとMGLのスプール径は同じ34ミリですが、MGLには軽量のマグナムライトスプールが搭載さえており、軽量ルアーのキャストフィールが良いの特徴です。その為、10グラム以下のルアーをメインで使う方はメタニウムMGLのほうが安定した飛距離を出せるでしょう。しかしMGLにはDCが搭載されていないため、10グラム以上がメインで、向かい風の中でも安定した飛距離を出したいという方は15メタニウムDCがオススメです。

メタニウムMGLの特徴については、以下リンク先の記事で詳しく紹介しています。

16アンタレスDCとの比較

アンタレスDCの特徴
出典:楽天市場
アンタレスDCのスプールは37ミリ、メタニウムDCは34ミリと、アンタレスDCのほうが重いルアーの遠投性に長けてると言えます。こちらは目安ですが18グラム以下のルアーをメインで使う方はメタニウムDC、18グラム以上を遠投したい方はアンタレスDCをおすすめします。

アンタレスDCの特徴については、以下リンク先の記事で詳しく紹介しています。

メタニウムDCに合うロッドは?

メタニウムDCに合わせるロッド 中量級ルアーの飛距離を最大限に引き出すのならMH(ミディアムハード)クラス、7フィート以上のロッドがオススメです。

エクスプライド

シマノの名竿エクスプライド。17年に新設計となりパワーと遠投性能が磨かれました。

ITEM
シマノ 17 エクスプライド 172MH
全長:2.18
自重:127g
継数:2本
仕舞寸法:186.3cm
ルアー重量:10-30g


エクスプライドについては、以下リンク先の記事で詳しく紹介しています。

ゾディアス

シマノのハイコストパフォーマンスロッド。粘りのあるブランクスで巻物にもオススメです。
ITEM
シマノ ゾディアス LONG & POWER 72 SERIES 172MH
全長:2.18
自重:125g
継数:2本
仕舞寸法:186.8cm
ルアー重量:10-30g


ゾディアスについては、以下リンク先の記事で詳しく紹介しています。

あえて違うメーカーで選ぶなら

17年モデルのダイワ エアエッジ。立ち上がりの良いベリーでルアーを弾き出すようなフィーリング。ロングキャスト性にも注目です。

ITEM
ダイワ エアエッジ ベイトキャスティングモデル 721MHB・E
全長:2.18
自重:134g
継数:2本
仕舞寸法:189cm
ルアー重量:7-21g

メタニウムDCはバーサタイルリール

メタニウムDCのレビュー 15メタニウムDCは、中量級のルアーを扱うにはもってこいのバーサタイルなリールと言えるでしょう。フィールドに1タックルしか持っていけない、1本で身軽に釣りをしたいといった場面で活躍してくれそうです。シマノ信頼のリールシリーズ「メタニウム」みなさんも一度お試し下さい!

The methanium DC is Versatile reel
メタニウムDCはバーサタイルリール

メタニウムDC達
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!