謎のエリマキから繰り出される魅惑のアクション『フリルドスイマー』の使い方まとめ

2018/07/27 更新

フリルドスイマーはポジドライブガレージ社から販売されるシーバス用ルアー。同社が第一弾として世に出した処女作ですが、何よりも気になるのはその形状です。首元のエリマキは、一体何のためについているのでしょう?見た目もキュートな人気ルアーに迫ります。


アイキャッチ画像出典:ポジドライブガレージ

フリルドスイマーとは

フリルドスイマー
フリルドスイマーは、ポジドライブガレージ社より販売されているシーバス用ルアー。レッド中村氏が同社を立ち上げ、ポジドライブガレージブランドとして初めて世に出されたデビュー作品です。

あのエリマキは何!?

フリルドスイマー エリマキ フリルドスイマーでひときわ目立つのは、特徴的なエリマキ状のリップ。一般的なリップの役割はルアーの動きを生み出すことですが、フリルドスイマーのリップはルアーの動きを抑えるためのもの。ルアーアクションにはどのように作用しているのでしょうか?

ルアーアクション

フリルドスイマーのスイムアクションは、ブレーキによってウォブリングを抑えたウォブンロール。流れが効いているエリアでは同調して目視できないほどの控えめなアクションを持っています。同時に暴れすぎない・流れに強いという強みを手にし、強い流れにおいても動きが破綻せずに泳ぐことが可能なルアーです。

ラインナップ

フリルドスイマーは2サイズがラインナップ。115Fが発売されたのが2015年、後を追うように2018年に発売されたの弟分が75Fです。それぞれのラインナップの特徴・使い分けを見ていきましょう。

115F

フリルドスイマーのスタンダードモデル。立ち上がりを補助した綿密な設計によるマグネット式重心移動構造を内蔵しているシャローランナーミノー。定番のイナッコ、トウゴロウ・カタクチイワシにも合わせやすいサイズ感で、活躍の場を選びません。

ITEM
ポジドライブガレージ フリルドスイマー 115F
全長:115mm
自重:16g

75F

フリルドスイマー75Fは春先にありがちなアミやバチ、北陸のホタルイカ等の虫系や甲殻類パターン、更にはほぼ全国共通となるハクパターンにも対応できるサイズ。ベイトが小さい時期に最適なサイズといえるでしょう。

ITEM
ポジドライブガレージ フリルドスイマー 75F
全長:75mm
自重:10g

どんな場所で使えばいい?

フリルドスイマーの強みを活かすという意味では、流れのあるポイントでの使用がベストマッチ。その中でも特におすすめなフィールドをピックアップして紹介します。

干潟

フリルドスイマー 干潟
出典:PIXTA
表層を引いてくることができるルアーなので、浅いエリアである干潟ではルアーの性能を活かしやすいと言えるでしょう。さらに、干潟は潮が引くにつれて流れが絞れるため、流れに強いという特徴も武器になります。

都市型河川

フリルドスイマー 都市型河川
撮影:TSURI HACK 編集部
フリルドスイマーは表層を引くことができるルアーなので、都市型河川においても有効です。表層を攻めるときは比較的活性の高い魚を拾っていく展開になることが多く、水深があるエリアにおいてはローテーションの中で一番手、二番手を担うことになるでしょう。

ただし、フリルドスイマーのリップはあくまで潜るためではなく、動きを制御するためのものなので、足場が高いエリアでの使用は水面を割ってしまいルアーの性能を活かせられません。

激流の自然型河川

フリルドスイマー 川
撮影:TSURI HACK 編集部
制御の役割を担うエリマキを活かすことができるのは、やはり激流エリアでしょう。激流部では流れに弱いルアーは破綻してしまい、使うことができるルアーが限られてしまいます。ただし、フリルドスイマーのリップは潜るためのものではありません。
激流エリアでアップクロスに投げるなどして糸ふけが出てしまう状況では、立ち上がりが悪くなってしまいます。注意しましょう。

フリルドスイマーの使い方

フリルドスイマーは特徴的な見た目とは裏腹に、クセが少ないシャローランナー。アングラーの引き出し次第では、爆発力が期待できるポテンシャルを持っているルアーです。『エリマキ使い』を目指すなら、使い方は要チェックポイントですよ。

ただ巻き

フリルドスイマーの基本となるただ巻き。動きが破綻しづらい特性を持つため、リトリーブ速度を上下させても安定したアクションを見せてくれることでしょう。食いが浅い際には、リーリングスピードを少し変化させてみるなど工夫してみると良いかもしれません。

ダートアクション

どうしてもシャローレンジを引くルアーなので、ダートといっても無闇な激しいジャークは困難です。『スイッ、スイッ』と二回緩めに動かしてポーズ。といった使い方が無難で、ポーズの際はラインスラッグが出過ぎない様に引いたロッドをそのまま止めておくとミスバイトが減るでしょう。

流れに強い!特徴を理解してエリマキ使いを目指そう

フリルドスイマー 市場に無数とあるミノー。その中でもフリルドスイマーのように『シャローレンジを破綻せずに引ききる』ことが可能なルアーはとても少なく、他のルアーと一線を画すルアーといえるでしょう。このようなルアーを持っておくことで、今まで反応を得られなかった魚の反応を得られるかもしれません。

紹介されたアイテム

ポジドライブガレージ フリルドスイマー…
ポジドライブガレージ フリルドスイマー…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
アンチョビ

釣り歴15年。シーバスをはじめ、全国津々浦々旅をしながら釣りをしております。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!