アンタレスDCで前人未到の対岸へ!どんなルアーがマッチする?

シマノの最高峰ベイトリール アンタレスDC。遠投性に長けていると言われますがどんなルアーを使用した時にその性能が発揮されるのでしょうか?16メタニウムDCの特徴とインプレッションを合わせてご紹介します。


アンタレスDCの特徴

アンタレスDC
出典:Amazon
シマノの最高峰ベイトリールのアンタレス。始めてDC(デジタルコントロールブレーキ)が搭載されたのは2006年発売の06アンタレスDC。遠投性能に長けたベイトリールとして、多くのアングラーに厚い支持をうけてきました。そして、デビューから10年の時を経て、2016年にNEWアンタレスDC(16アンタレスDC)として生まれ変わりました。

外観

アンタレスDCの各部位
出典:楽天市場
メタリックシルバーのボディは高剛性マグネシウムフレームを採用。メカニカルブレーキノブをサイドプレート内部に移動させた為、流線型のラインが際立っています。

中量級ルアーの遠投性

アンタレスDCのスプール
出典:SHIMANO
特筆したいのは、なんと言ってもその遠投性の高さ。飛距離の伸びを重視した37mmの大径MGLスプールを搭載し、中量級(17グラム)以上のルアーの遠投性に長けたセッティングになっています。

アンタレスDCに合わせるロッド
出典:SHIMANO

シマノのベイトリールで最も遠投性の高いアンタレスDC。前モデルの最高は99m。そして今回はなんと109.37m!感想を言うと、今までとはまったくノビが違った。「フーン」と振っただけですぐ50m。経験的に信じられない。本当、マジで飛びます。出典:SHIMANO(村田基)

NEW 4×8DCブレーキ

16アンタレスDCの内部ダイヤル
出典:SHIMANO

内部のダイアルでFL(フロロカーボン)、P(PE)、NM(ナイロンモノフェラメント)、X(エクストリームロングキャスト)の4つのモードを選ぶことができ、使用するラインの特性に合った最適なブレーキ設定が可能です。


NEW 4×8 DCブレーキが人間には到底できないレベルで適切にブレーキをかけてくれるので、バックラッシュの恐怖感がなく、急な向かい風なども安心できる。出典:SHIMANO(秦 拓馬)

DCとは?

メタニウムDCのブレーキ
出典:SHIMANO
DCとはデジタルコントロールブレーキの略称です。電子制御で必要な時のみブレーキをかけるシマノ独自のブレーキシステムで、バックラッシュがしにくく、キャスト性能に長けているといった特徴があります。キャスト時の回転力で起動するので、電池は不要ですし、充電も必要もありません。

16 アンタレスDCは海水NG!

16アンタレスDCは淡水専用です。海水でDCリールを使いたい方は、海用にチューンされた「4×8DCエクスセンスチューン」を搭載したエクスセンスDCがオススメです。

ITEM
シマノ17 エクスセンス DC XG RIGHT
ギア比:7.8
自重:225g
最大ドラグ力:4.5kg
巻取り長さ:91cm
PE糸巻量(号-m):1-300、1.5-200、2-150


軽量ルアーの飛距離は?

61trobb56ul-_sl1500_
出典:SHIMANO
37mmの大径スプールは、軽量ルアーには向かないという意見も見かけます。実際の使用感は個々のタックルセッティングにもよりますので、一概には断言できない点ですが、軽量ルアーを多用する方は、メタニウムMGL・スコーピオンDCなど34mmスプールを搭載しているモデルを検討してみても良いかもしれませんね。

噂通り、飛距離は抜群です。条件が揃えば、ルアーが彼方までぶっ飛んで行きます。腕次第なのかも知れませんが、最低3/8oz以上のルアーでないと飛距離が出ない様に感じます。出典:Amazon

よく、重量級のルアーでなければ、飛ばないなんて聞いてましたが、あくまで遠投に関しての話で、3インチセンコーくらいなら、トラブル無しで投げれます。出典:Amazon



    そもそもスプール径とは?

    糸を巻きつけている「スプール」の口径サイズです。スプール径が多きい程、遠投に向いていますが、口径が大きいため、軽量ルアーの初速(立ち上がり)が悪いです。スプール径が小さい程に初速が速くなり、軽量ルアーに向いています。5グラム以下のルアーを想定しているベイトフィネス機は32mmスプールが一般的です。



     


    アンタレスDCのインプレッション

    アンタレスDCの使用感
    出典:SHIMANO
    実際に、メアンタレスDCの使用者はどんな評価をしているのでしょうか?インプレッションの一部をまとめてみました。

    16アンタレスDC

    ギア比5.6のノーマルギアタイプ。スピーナーベイト、クランクベイトなど巻物に最適なギア比です。
    ITEM
    シマノ  16 アンタレス DC
    ギア比:5.6
    自重:220g
    最大ドラグ力:5.0kg
    巻取り長さ:65cm
    <span class="a-list-item">ナイロン糸巻量(lb.-m):12-130、14-110、16-100</span>

    シマノが満を持して発売した凄まじいリールですね。飛距離、デザイン、価格(笑)全てが凄まじいです。噂通り、飛距離は抜群です。条件が揃えば、ルアーが彼方までぶっ飛んで行きます。腕次第なのかも知れませんが、最低3/8oz以上のルアーでないと飛距離が出ない様に感じます。出典:Amazon

    今までのアンタレスで一番良いと感じました。MGLスプールの恩恵で7グラムくらいのクランクなんかもストレスなく投げられる。飛距離も文句なし。Xモードは、確かに条件を満たさないとなかなか使うことはありませんが、別に通常のモードでも十分過ぎるので全く問題ない。出典:Amazon

    16アンタレスDC HG

    ギア比7.4のハイギアギアタイプ。テキサスリグなどのワーミングにもピッタリです。勿論、巻物系でも使うことが出来ます。
    ITEM
    リール 16 アンタレス DC HG
    ギア比:7.4
    自重:220g
    最大ドラグ力:5.0kg
    巻取り長さ:86cm
    <span class="a-list-item">ナイロン糸巻量(lb.-m):12-130、14-110、16-100</span>

    DC制御のおかげで多少の向かい風でもほぼバックラッシュしません。ラインはパンパンに巻いておくのをオススメします。ラインが無くなります笑 出典:Amazon

    第3世代のアンタレスからピッチングにもDCが反応するようになりましたがそんな釣りをするために生産された機種とは思えません。ドゥワー!!っと飛ばして楽しみながら釣りができる機種だと思います。 出典:Amazon

    アンタレスDCに合わせたいロッド

    折角アンタレスDCを購入するなら、とことん飛距離を追及したいですよね!ワールドシャウラ1752R-2は中量級ルアーのロングキャスト性に長けたロッドです。

    ITEM
    シマノ ワールドシャウラ 1752R-2
    全長:全長:2.29m
    自重:145g
    継数:2本
    仕舞寸法:130.0cm
    ルアー重量:7~28g

    長いが非常に軽くバランスが良いため疲れない。綺麗に曲がってくれるので狙ったところにキャストが決まる。感度も素晴らしい。値段が高いがそれだけの価値はあった。 出典:Amazon

    こちらもオススメ



    飛距離がアドバンテージになる時

    アンタレスDCの箱 バス釣りにおいて飛距離が釣果に直結するとは一概には言えません。しかしボートが出せない野池でのオカッパリや、ボートプレッシャーをかけないでアプローチしたい時など、リールの遠投性が大きなアドバンテージとなる場面は確実に存在します。アンタレスDCはそんな場面でライバルに差をつける心強い味方となってくれるでしょう。

    このまとめが気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    TSURI HACK編集部
    TSURI HACK編集部

    TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

     

    LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

    おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!