高いリールと安いリールの違いとは?釣果と道具の値段は関係ない!?

「高いリールと安いリールっていったい何が違うの?」誰しもが釣りを始める際に感じる疑問。今回は双方の具体的な差異や、リールを使った時、買ったときに影響する釣り人のメンタルの面からの違いについてまとめました。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK 編集部

高いリールと安いリールの違いとは

ハイコスト・ローコスト
出典:pixabay
「高いリールと安いリールっていったい何が違うの?」誰しもが釣りを始める際に感じる疑問。今回は双方の具体的な差異や、リールを使った時、買ったときに影響する釣り人のメンタルの面からの違いについてまとめました。

重量が違う

重量
出典:pixabay
高価なリールは軽量かつ強い素材を採用しています。リールが軽量だと疲れにくく、また、感度も高まります。例えば、ダイワのレブロス2500番と旧イグジスト2500番では、60グラム程の重量差があります。

大きい60グラムの差

60グラムと聞くと大した差ではないように思えるかもしれませんが、実際にそれらを使い比べてみると、腕への負担や感度などに相当の違いがあります。軽いリールに慣れてしまうと、重いリールに戻れなくなってしまう事も。

耐久性・精度が違う

ボディー素材
出典:Amazon
高価なリールは、耐久性のあるボディやギアを採用しているため精度が高く、歪みにくくなっています。具体的には、アルミ合金や、ハイブリットボディ(カーボン+樹脂)などがそうです。

対して安価なリールは樹脂性のものが多く、強い力がかかるとボディーが歪んでしまいます。その歪みがギアにも影響し、長期使用を想定するのであれば当然高いリールのほうに分があります。

ドラグ性能が違う

ドラグシステム
撮影:TSURI HACK 編集部
掛かった魚が走った際にラインを出して、ラインにかかる負荷を緩和する役割を持つドラグ。高価なリールは高性能なドラグシステムが組み込まれており、ラインが滑らかに出て行きます。

安価なリールはドラグの効きが疎らである事があるので、魚の急な引きに追従できず、ラインブレイクしてしまうといった事があり得ます。

スピニングリールの場合

ラインブレイクしないように糸を太くすると、飛距離が犠牲となったり、ライントラブルの元となる場合があります。その為、細糸が使いやすい高性能ドラグつきリールが好まれています。

ベイトリールの場合

ベイトリールは元々が太糸を想定していますので、スムーズに糸が出るか否かと言うよりも、最大ドラグ力(どれだけの引きまでドラグが出ずに耐えられるか)を基準として選ぶ人が多いです。


巻き心地が違う

巻き心地
撮影:TSURI HACK 編集部
高価なリールはボールベアリングの搭載数が多く、また、一つ一つのパーツの精度が高いため、巻き心地がとても滑らかです。安いリールはパーツの精度が低くなってしまうだけでなく、ボールベアリングが搭載されていないか、搭載数が少なめです。

ねじ込み式ハンドル
撮影:TSURI HACK 編集部(ねじ込み式ハンドル)
また、高価なスピニングリールに採用されている、ねじ込み式のハンドルの場合は、リトリーブを止めた時のピタッと止まる感覚にも優れています。安価なスピニングリールに採用されている片側固定の供回りハンドルは、機種によってはガタつきを感じる事もあるでしょう。

防水・防錆性が違う

防錆ベアリング
出典:Amazon
価格の違いで、防水性能にも差が出ます。水がリールの内部に入るとパーツが錆びてしまったり、海水の塩分が残って使用感を損ねる原因となります。リールに採用される防水技術には、ダイワのマグシールドやシマノのコアプロテクト、腐食に強いボールベアリングであるアブガルシアのソルトシールドTMといった様々なものがあります。

高価なリールにはこれらの防水技術が埋め込まれていますが、安価なリールでは、十分な防水機能が備えられていないものもあります。

高いリールのメリット・デメリット

ステラ
撮影:TSURI HACK編集部
高価なリールは、快適な釣りが出来るだけでなく、見た目や質感も良いので所有感を満たしてくれます。釣りそのものに対するモチベーションも高めてくれるかもしれません。さらに、壊れにくい造りであるだけでなく、大事に扱おうとする気持ちも強くなるでしょうから、結果的に長く愛用する事が出来そうです。

仮に不要になったとしても、人気機種であれば高く売ることが可能。デメリットと言えば、やはりその値段と、リールが傷ついた時のショックが大きいと言った所でしょうか。

安いリールのメリット・デメリット

カストキング
撮影:TSURI HACK編集部
安価だからと言って、モノを粗末に扱って良いわけではありませんが、やはり安価なリールのほうが、傷を気にせずガンガン使用する事が出来ますよね。5,000円程度のリールを1シーズンノーメンテで使い倒すといった釣り人も存在します。

また、高価なリール1台分の費用で、複数のタックルを用意出来るといったものも安価なリールの魅力の一つ。デメリットとしては、やはり性能や耐久性において、高性能リール劣るといった所でしょうか。

支払った金額=釣果ではない

スピニングリールとベイトリール
出典:pixabay
高価なリールは、その金額に見合った性能や見た目を備えています。しかし、「弘法筆を選ばず」という言葉もあるように、高いからと言って魚が沢山釣れるわけではありません。実際アメリカの最前線で戦うバスプロには100ドルしないリールで釣り勝てる人もいます。(ただ彼らは、タックルよりも魚探やバスボートにお金をかけています……。)

高いリールと安いリール、どちらも良さがありますので、実際に使ってみて、各々の違いを体感し、自分のスタイルにあったリールを選びましょう!

▼関連記事




このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!