キムケン渾身のフロッグ『スリザーク』が超優秀&人気である理由とは

デプスより発売されている『スリザーク』は、キムケンこと木村建太氏プロデュースのフロッグ。これまでのフロッグには無かった強力な水押しによるアピールが可能な設計で、高い実績誇るフロッグです。


アイキャッチ出典出典:デプス

スリザークについて

出典:デプス
デプスより発売されている『スリザーク』は、キムケンこと木村建太氏プロデュースのフロッグルアー。発売は2011年と歴史のあるルアーになりますが、色々なフロッグが発売されている今日でも絶大な人気を誇るフロッグの代表的なルアーです。

コンセプトは「獲るためのフロッグ」。この言葉通りスリザークには実践的なスペックが備わっており、多くの釣果を生み出しています。なぜ釣れるのか? 今回はその秘密に迫っていきます。

強力な水押しによる存在感抜群のフロッグ

スリザーク スリザークは他のフロッグと比較すると、水面での水押しが非常に強くアピール力に優れています。ボディ形状やシンカーの配置によりアピール性の高い波紋を生み出し、スプラッシュも発生させます。強力なアピール力でストラクチャーの陰から出てこないバスを引きずり出してバイトに持ち込む事が可能です。

スリザークの特徴

スリザーク
スリザークの特徴として一番初めに挙げられるのはボディー形状。このボディー形状により強力な水押しが高アピールを可能にしています。また、ボディー本体も柔らかめの素材で作られており、フッキング性も向上。それではスペック詳細について記載していきます。

力強い水押しを生むボディフォルム

スリザーク
出典:デプス
スリザークのボディー形状は箱型ですが、側面は窪んでいます。この窪み(カップ)が水を掴み、強く水を押しだす事によりフロッグとしては異例のアピール力を実現しています。
また、この窪みがティップに適度な抵抗感を与え、操作性を向上させています。ベリー部は不要なローリングを避けるためにフラットな設計。独特のボディーシェイプには全て理由があり、拘り抜かれた形状に仕上げられています。

ハイレスポンスなアクションが可能なウエイトセッティング

スリザーク
出典:デプス
スリザークはシンカーをセンターに配置。これにより喫水の深く水面に対して平行な浮き姿勢となり、旋回レスポンスを抑え直進性を高めてくれます。高レスポンスのクイックダートはバスを本気にさせ、フッキング率の高い本気バイトを誘発させます。

スリザークの使い方

スリザーク
出典:デプス
スリザークはペンシルべイトの使い方とよく似ています。フロッグなので、カバーに打ち込んだ時は激しくトゥイッチさせ、カバーを超えたらリトリーブ速度を抑え、トゥイッチさせてあげればOK。フロッグは粘り強さが吉と出やすい釣りです。あきらめずにバスが居るであろうポイントへ何度もアプローチしてみて下さい。

連続ドッグウォーク

上手くドッグウォークさせるコツはリールを巻き過ぎない様にして、にラインスラッグを叩くようなイメージで操作してあげればOK。スリザークは綺麗にドッグウォークしてくれます。この時スリザークはサイドカップで強く水を押し、通常のフロッグよりも強いアピールが可能。水面に波紋が大きく広がる様にアクションさせてみて下さい。

ストップ&ゴー

カバーなどのエッジ付近はバイトが多発します。カバーに撃ち、しっかりアクションさせてエッジ付近でストップを入れてあげると隠れているバスが突如バイトしてきます。バイトに持ち込む間を作ってあげて下さい。

実績が証明するスリザークの有効性!実践向きフロッグの決定版

スリザーク スリザークの凄いところは7~8年前の発売ですが未だに人気があり、再販すると売れ残らずに完売してしまう所。それだけアングラーから支持され信頼されているフロッグになります。また、同社から販売されているポッパータイプのバスタークと使い分ける事によって単体での使用よりも釣果UPが狙えます。

なかなかフロッグで釣果が出ない方や初めてフロッグを使ってみたい方には、実績のあるスリザークがオススメです。是非使ってみて下さいね!
ITEM
デプス スリザーク
全長:61mm  自重:3/8oz

スリザーク
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!