カバージグの大定番「フラットバックジグ」すり抜けの良さの秘密とは?|TSURI HACK[釣りハック]

カバージグの大定番「フラットバックジグ」すり抜けの良さの秘密とは?

フラットバックジグはデプスから発売されているラバージグ。カバー打ちの定番ジグとして、長きにわたり支持されているロングセラープロダクト。フラットバックジグの特徴や、マッチするトレーラーワームをまとめて紹介します。


アイキャッチ画像出典:7PALMS

フラットバックジグについて

出典:デプス
フラットバックジグは人気バス釣りメーカーのDEPS(デプス)から発売されている、ヘビーカバー対応ラバージグです。ウェイトのラインナップも豊富で、軽い方から順に3/16オンス、1/4オンス、3/8オンス、1/2オンス、3/4オンス、1オンスのラインナップがあります。

比較的攻略が容易なライトカバーから難攻不落のヘビーカバーまで重さを使い分けることによって、あらゆるカバーの攻略が可能です。当然、水深やフォールスピードでも使い分けることが出来るので、ボックス内に常に幅広いウェイトを揃えておきたいラバージグです。

フラットバックジグの特徴

 
出典:7PALMS
フラットバックジグは発売より20年近く経つヘビーカバー対応ラバージグですが、未だに驚異的な釣果を全国で叩き出しています。その理由の1つにスカートの種類やカラーの選択肢まで豊富な点が挙げられます。ラバースカートはファインラバースカートとシリコンスカートが用意されています。ファインラバースカートは細いため、僅かな水流に反応しやすく、水抵抗を受けにくいためフォールスピードが上がります。

反対にシリコンラバースカートは水押しが強くフォールスピードが遅くなります。それぞれの利点を生かして使い分けることが重要です。カラーはファインラバー13色、シリコンスカート26色ラインナップされています。

すり抜け重視の低重心ワイドヘッド

フラットバックジグ
出典:デプス
フラットバックジグはヘッド先端にアイ・ポジションを持つ低重心、フラットワイド形状を採用しています。フラットワイドヘッドは、着底時の横倒れを防ぐと同時に、フックアップ時のスッポ抜けを抑える効果を持ち合わせています。カバーをスリ抜けながらも、高いフッキング率の維持という相反した機能を両立させているのがこのフラットワイド形状です。

ビッグバスの顎をとらえる特注の太軸フック

出典:7PALMS
フラットバックジグはビッグバスに照準を当てたラバージグです。それ故、フッキングを妨げない線径範囲内で、なおかつビッグバスをカバー奥からひきずり出せるだけの強度を考慮した特注太軸フックを採用しています。特注太軸フックは、フックに大きな負荷のかかるフリッピング等の接近戦にも高次元対応します。


フラットバックジグにマッチするトレーラー

フラットバックジグはラバージグであるため、トレーラーとなるソフトベイト(ワーム)の使用が不可欠です。フラットバックジグは得意とするヘビーカバー撃ちはもちろんのこと、ボトムパンピングやスイミングなど、トレーラーワームを上手く組み合わせることによって、様々な使い方が可能です。

重さやラバーの種類、使うシチュエーションで細かく選ぶことが重要ですが、ここでは同じデプス社製品の中から、フラットバックジグのトレーラーとしてオススメのソフトベイトをいくつかご紹介します。サイズはフィールドで狙う魚のサイズに合わせてセレクトしてください。

デスアダーグラブ ツインテール

デスアダーグラブツインテール”は肉厚テールによる、強烈な波動と水押しで、バズベイトやスピナーベイトに匹敵するアピール力を持ったツインテールグラブです。発売当初よりフラットバックジグのトレーラーとして多くの魚を捕獲し続けてきました。フリッピングはもちろんのことスイミングもこなすジグトレーラーです。

ITEM
デプス デスアダーグラブ ツインテール 4.5インチ

バルビュータ

バルビューターはコンパクトボディながら、水を掴み纏うエッジの効いた逆テーパードリブ、ショートレンジやスローなアクションでも水を掴み良く動くテール、センターテールを搭載しています。そのためアピールが高いにも関わらずスレたバスに口を使わせてしまう力を持っています。すり抜けもよいため、カバー打ちや垂直フォールからのステイで活躍するでしょう。

ITEM
デプス バルビュータ 3.5インチ

リルラビット

リルラビットは野池に潜むデカバスに照準を合わせ開発されているソフトベイトです。そのため小場所のピンポイントへフォール&ステイ、ボトムバンプで活躍するでしょう。バルキーな扁平コンパクトボディに極薄テール先端に設けた極厚ブロックから生み出される生命感ある独自のバイブレーションは自発的で、水流やボトム変化に敏感に反応します。

ITEM
デプス リルラビット 3インチ

ブルフラット

ブルフラットはその釣れっぷりから、一世を風靡した扁平ソフトベイトで、そのシルエットはブルーギルそのもの。ジグトレーラーにセットした場合スパイラルフォールをします。速いスパイラルフォールはブルーギルがベイトから逃げる動きに酷似しており、扁平ボディのためシルエットの明滅を起こしリアクションバイトを誘発します。

ITEM
デプス ブルフラット 5.8インチ

フラットバックジグの使い方

フラットバックジグはヘビーカバーフリッピングをはじめ、ウィードをスリ抜けながらのリフト&フォールや、浮き上がりの良さを利用したスイミングでの使用を考慮して設計されました。しかし完成度の高さからラバージグでの基本的な使用方法を、広くこなすことが出来るジグに仕上がっています。

その中でも、ヘビーカバーの奥を攻め抜くためのブラシガードと、強引なやりとりに耐える太軸フックの利点を活かすには、通常のルアーを投入することが躊躇されるヘビーカバーや立ち枯れウィード、スタックしやすい岩が点在するブレイクライン等での使用で真価を発揮するでしょう。

ボトムパンプ

ラバージグの定番アクションがボトムバンプです。特に通常のルアーでスタックしやすいロックエリア(岩場)や琵琶湖などのように、ウィードが存在するエリアでのボトムバンプに最適です。障害物に当たった後にバイトが多発するため、特にその時はアタリに集中することが重要です。甲殻類を捕食しているエリアで多用する使い方です。

リフト&フォール

魚や甲殻類を追っているバスはもちろんのこと、ベイトを追っていない状態のバスにもリアクションで口を使わせることが出来るのがリフト&フォールです。フォールでバイトすることが多いため、コンッ!と明確なアタリが出ることもあれば、糸が弛むだけのアタリもあります。

すぐにアワせてしまうとすっぽ抜けることもあるため、糸ふけをしっかりとり、力強くフッキングしましょう。

スイミング

フラットバックジグはヘッドの底が平らであるため、フォールスピードを抑えることができる設計になっています。そのためスイミングでの使用にも適しています。特に通常のプラグはもちろん、ガートの少ないラバージグではスタックしてしまうようなウィードエリアや、リップラップエリアで活躍するでしょう。

トレーラーはテールが水を噛むワームを使うとリトリーブの抵抗を感じやすくなり、スイミングのイメージが掴めるのでオススメです。

不動のビッグバス用定番ラバージグ

フラットバックジグ フラットバックジグは発売以来、琵琶湖や池原ダムのような大規模フィールドから、野池や小規模河川に至るまで日本全国、数え切れないほどのビッグバスを捕獲してきました。時代は変わっても変わらない釣果を誇るラバージグです。

また、新しく発売されたソフトベイトにも対応することが出来る永遠のスタンダードと言えます。対ビッグバス用定番ラバージグをまだ使ったことがない方は是非一度試してみてください!

ITEM
デプス フラットバックジグ

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
bikkurimantkd
bikkurimantkd

高田雄介(ビックリマン高田) 全国47都道府県を全て釣り歩き、現在のホームグラウンドは海外。 淡水海水、大物小物問わず魚が大好きです。 皆様に魚の魅力や、釣りの楽しさを全力でお伝えします。

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!