コスパに優れる『玉の柄』を厳選!選び方と知っておくべき使い方

磯釣りや足場の高いフィールドのマストアイテムが“玉の柄”。皆さんはどういった基準で選んでいますか?今回はコストパフォーマンスに優れる玉の柄を厳選しました!選び方と使い方も併せてチェックしてみてください。


アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

玉の柄ってどう選ぶ?

玉の柄を使ってランディング 足場の高い場所から魚を取り込む際のマストアイテムが玉の柄。玉の柄の先端には玉網を装着して使用し、エギングではギャフをセットして使うこともできます。

玉の柄であればどれでも良いというわけではなく、釣り場や釣り方にあわせて選ぶことが重要になります。玉の柄の選び方からチェックしてみましょう。

選び方①:長さ

玉の柄の長さ 玉の柄選びで一番重要になるのが“長さ”。基準となる長さは5メートル前後です。「満潮の時は届くけど、干潮では届かない」という事もありますので、少し長めの玉の柄を選ぶとよいでしょう。

また、長さと併せてスムーズに伸ばしていける製品を選んでおくことも大切な要素。魚とのファイト中には片手で伸ばしていくシーンもあるので、実際に店舗で伸ばしてみることをオススメします。

選び方②:軽量さ

重さを比べる
出典:photoAC
玉の柄を使って魚を取り込む際は、やり取りをしながら片手で操作します。そのため、できるだけ操作性の良い“軽量”さがあることが重要です。

玉の柄はロッドと同じように、カーボンやグラス素材の製品がリリースされています。軽量なロッドと同じように、高性能な軽いカーボンが使われている玉の柄を選びましょう。

選び方③:ハリがあるモデル

魚の取り込み 重く安価なモデルによくあるのが、玉の柄にハリがないもの。玉の柄にハリがないと、操作性が悪いので、取り込みの際に苦戦します。

「少し硬すぎるかな?」と感じる玉の柄の方が、操作性がよく取り込みの際のストレスもなく扱えます。

選び方④:釣り方で変わる選び方!

玉の柄を収納して釣り歩く人
出典:シマノ
磯釣りや堤防のフカセ釣りを始めとした餌釣りでは、玉の柄を足元に置いておくことができます。しかし、ルアー釣りやチヌのヘチ釣りのように、移動を繰り返す釣りシーンでは、持ち運びしにくい玉の柄は邪魔になります。

そのため、釣り方によっては、「短く収納できる+肩から掛けて持ち運びできるタイプ」を選ぶのがポイントです。


これはNG!玉の柄の使い方の注意点

ダメよ
出典:photoAC
玉の柄は、過剰な負荷が掛かるとロッドと同様に折れてしまいます。その原因は、ほぼ釣り人の使い方に問題があると言われています。玉の柄の正しい使い方、誤った使い方を再度確認してみましょう。

正しい取り込み方

取り込み 玉の柄が折れてしまう原因として一番多いのが、魚を掬ってそのまま真上に引き上げてしまうこと。柄を伸ばしたまま真上に引き上げればどんなに高級な玉の柄でも破損します。

魚が網に入ったら、必ず玉の柄を下に向けたまま一段ずつ仕舞っていきましょう。できるだけ真っ直ぐにすることで、仕舞いやすくなります。同時にロッドにラインが絡んだり、ティップに極端な負荷が掛かっていないかにも注意しておくようにしてください。

コスパに優れる玉の柄4選!

足場の高いフィールドでは必ず必要になる玉の柄ですが、できればタックルにお金を回したいというのが釣り人の心情ですよね。

あまりにも安い製品を購入してしまうと使い勝手が悪く、せっかくヒットした魚を逃してしまいかねません。価格と性能のバランスが取れた玉の柄を厳選してみましたので、使用感と併せてチェックしてみてください。

肩掛けベルト付きで移動の多い釣りにおすすめ
ITEM
ダイワ ランディングポールII 50
全長:5.06m
仕舞:70.5cm
自重:587g

ショアジギングで使用してますが、安いわりにはデザインもカッコいいし、しっかりしてとても満足しています。出典:楽天市場

軽くて、長くて、使いやすい。値段も安くお勧めです。出典:楽天市場

とにかく軽い!5メートルなのに・・・!デザインもシンプルですがカッコイイです。出典:楽天市場

取り込みやすい形状のネットと玉の柄のセット

ITEM
メジャークラフト ファーストキャスト ランディングシャフトセット LS-500FC
全長:5m
仕舞:60.5cm
枠サイズ:55×47cm

軽量でエアホールによる伸びの良さが魅力
ITEM
プロックス AX 攻技 競技 玉ノ柄 TE 500
全長:5m
仕舞:121cm
自重:382g

軽くてたわみなくシュッと出るのでいい商品だと思います。出典:楽天市場



ベルトハンガー付きでコンパクトに仕舞える玉の柄

ITEM
エイテック アルファタックル ランディングギアシャフト ナノ 500
全長:5m
仕舞:56cm
自重:535g

玉の柄選びは釣果に直結!

魚の取り込み
出典:シマノ
ロッドやリールに比べると、選び方をあまり気にせず購入をする人が多い玉の柄ですが、製品によって使い勝手は大きく変わります。買うときには「ちょっとした違いだろう」と思っていたことが、魚を取り込むに大きな違いとなって現れます。ぜひこの記事でご紹介した選び方のポイントを踏まえて、自分の釣りにあった玉の柄を選んで釣りに役立ててみてください。

 

玉の柄を使った取り込み
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!